2014年9月 1日 (月)

夏の諸企画紹介・その1

 まだ紹介できていない夏の諸企画を少々ご紹介します。

生物学オリンピック、つくば研修、おもしろ実験教室、サイエンスイマージョン、市大理科セミナーなどについてはすでにこのブログでもご紹介しましたが、その他の諸企画について・・・
①8月9日(土)-12日(火)はSKYSEF(静岡北高校主催の国内外の招待校で取り組む企画。英語でポスター発表、海外の高校生と共同作業、その成果を持ち寄ってのコンペ・・など4日間がすべて英語で行われる。国内外7か国、25校、230名で行われ静岡市の清水区にて開催。)
住高からは教員1、生徒3名が参加。
20140809_174947
交流会から始まり
20140810_150544
英語による研究のポスター発表

20140812_091200
海外生徒と4輪駆動車をつくりあげる共同作業。英語を話さざるをえません。

20140812_153942_2
一方、付き添い教員間の交流もできています。英語が専門ではない教員も、英語を避けて通れません。


②8月20日(水)-22日(金)ダイコンコンソーシアム
教員1、生徒2名参加。鹿児島に全国から「ダイコン」を研究している高校生が集まります。
Imgp0680
年2回の集まりのうち今回は前期にあたります。前期は今後の研究方向について発表します。

Imgp0683_2
後期の発表に向け、全国の「ダイコン」の仲間たちと研究を加速していきます。
第1回目から参加している住吉高校の存在感は増しています。

住高は、全国のSSH校やその企画とも連携しています。積極的に参加していくことで、文字通り世界が広がります。

(文責: 岡本 )

全力を出し切り完全燃焼

今日から9月です。ここ数日、秋?あの暑さはどこに行ったの?という感じです。私の感覚では岸和田祭り(私は岸和田生まれです)が終わらなければ秋は来ないのですが・・・

さて、全国高校軟式選手権、すごい試合でしたね、中京にも崇徳にも大拍手です!両軍完全燃焼したのでは!
体育館横の黒板に、今後の各クラブの予定が書いてありました。住高の皆さんも全力を出し切り完全燃焼!
001

002

003

2014年8月29日 (金)

高い目標Stage3

昨日午後、「骨太の英語力養成事業」第2回連絡協議会が大阪府庁 正庁の間 で開催されました。今年はカリフォルニア交換留学で府庁を表敬訪問した際、府議会室を見学できました。この正庁の間も時代を感じさせる格調高い部屋でした。

002_2
骨太の英語は、我が校を含め、府立17校が対象で、TOEFLを学ぶ授業が27年度から順次カリキュラムに組み込まれます。
004_3
委員会の本気度が伝わってきました。達成目標に3つのStageが例示されていました。Stage1からStage3まで。住高にとってStage1は目標とするまでもありませんが、Stage2になると・・・?ましてやStage3は私の目から見ても、府立高校でここまで可能?というくらい、高い目標が設定されていました。英語教育で大阪府のトップランナーを自負している学校として、しっかりした成果を出していきたいと思います。もちろんそのことが生徒さんのためになる!!と確信しているからです。   
ちなみに、Stage3では、TOEFLiBTで、80点以上が16人・60~79点が32人となっています。

「楽しむ」と「勉強」の両立

住高はとても楽しい学校です。生徒さんたちはのびのびと毎日を過ごしています。学校は勉強をするところです。勉強なくして学校ではありません。住高生は、楽しむこと勉強することを両立させています。素晴らしい!

今日は1年2年は宿題テストです。夏休みの成果を発揮してください。
テスト前諸注意 1-3
002
テストが始まりました。 1-2
007

2014年8月28日 (木)

雨が好き・読書のすすめ(18)

右・中央の2冊を読み終えました。
右の本は「フードファディズム」:食べものが健康や病気に与える影響を誇大に評価したり信奉することが主題です。読んでみて、納得できたことが二つあります。
①食べ物はバランスが大切(何がバランスかを知る必要があります)、「ふつうに食べ物を食べること」です。私は毎晩家族の夕食を作ります。食べる人(もちろん自分を含めて)のことを考え、いろいろな食材をを使い、おいしく食べる!
②踊らされない!マスメディアは商業至上主義で、売り上げを伸ばそうとします。やはり、「知ること」が大切です。たとえば、「ポリフェノール」・・どこか体によさそうな響きです。いちど皆さん調べてください。

001
「反日」、「嫌韓」・・・この類の言葉をよく聞きます。私は今日本を取り巻く国際状況に関心が強く、冷静に判断するには・・・韓国のことを少しでも知りたくて、前回韓国に関する本を読みました。時代の流れがおかしな時こそ、冷静に判断できるように、事実を知る(これがなかなか難しい)!
 中央の本を読んで、ある記憶が鮮やかによみがえりました。少し長くなりますが・・・
 小学校の卒業文集かその類で、ある女の子がこのようなことを書いていました。「私は雨が好きです。誰にでも同じように降る。どの家の屋根にも降りかかる。そんな雨が好きです。」このようなことを書いていました。当時私は、なんのことか、と言うより、当たり前やん!と思っていました。
 中学校に入って、その女の子が、在日の子だと知るようになりました。私が育ったところでは、在日の人は珍しくなかったので、「そうなん・・」という気持ちでした。教師になっていろいろ世間を観ました。そして、この本を読んだとき、雨が好きだと書いた女の子のことが、鮮やかによみがえりました。今回はそういうことを感じましたで文章を終えますが・・・
2冊とも図書館に置いてもらいます。

2014年8月27日 (水)

PTA役員会・実行委員会

第二回PTA役員会・実行委員会が開催されました。蒸し暑い中、おいそがしいにもかかわらず、多くの役員の皆様に集まっていただきました。

各学年や各委員会からの経過報告や予定などについて話し合いがありました。
009

015
特に今回の学園祭のバザーの収益金の一部を、広島で集中豪雨に合われた方々への義援金にさせていただきたい、との会長様の提案に、実行委員会一同で賛成していただきました。PTAの皆様にはご理解とご支援をよろしくお願いいたします。
016

「市大理科セミナー」

昨日(8月26日)、大阪市立大学にて「市大理科セミナー」を開催。住吉高校が国際科学高校になって以来、千里高校、泉北高校とともに実施してきた伝統的な企画です。
今年は、希望者参加(住吉高校)として取り組みました。
午前中4時間の授業を終えてから、急いで会場である市立大学基礎教育実験棟へ。

Dsc09914
希望に応じて5つの実験講座に参加しました。

①放射線の測定
Img_0212
霧箱での放射線観察もしました。

②身の回りにある色素の謎を探る
Dsc09943
色素の抽出・合成。液性(酸性→アルカリ性)による変化の観察。

③果物の香りを作ろう
Dsc09933
大学の実験室はエアコンも効いているし、設備が違います。

④遺伝子解析によるタンポポの雑種判定
Dsc09947_5
取り出したDNAを電気泳動し、その結果から雑種の判定します。

⑤偏光で見る自然
Dsc09932
偏光板を通してみると液晶画面も色や光が移り変わります。

前日に事前講座を高校でおこなってはいたものの、高校1年生にはやはり少し難しい実験だったようです。
Img_7320
しかし、大学の先生や院生の指導をうけ、実際の大学の施設での実験、また他校生とともにおこなった実験は貴重な経験になったようです。
Dsc09938_2
今後の課題研究や進路選択になんらかの形で役立つことを期待しています。

住吉高校では大学や研究機関を訪問する機会が多くあります。積極的に活用するように願っています。

(文責: 岡本 )

2014年8月26日 (火)

お二人の大先輩

住吉高校の誇り、お二人の大先輩の色紙を校長室に飾らせていただきました。

右はノーベル化学賞を受賞された下村脩先生の色紙です。下村先生には、住吉高校同窓会名誉顧問になっていただいております。85万匹のオワンクラゲと500万匹のウミホタルを使って生物発光の謎を解かれました。その成果は現代科学や医学等の分野で、人類に大きく貢献しています。先生の思いのこもったクラゲを色紙にしてくださいました。
002
左は説明する必要のないくらい、また説明しきれないくらい現代日本社会に大きく貢献されている堺屋太一先生の色紙です。先日の住中・住高同窓会懇談会の際にいただきました。「志は千里に在り、慮り(おもんばかり)は満機に及ぶ」と書かれていると思います。前半部分は、曹操の「歩出夏門行」の一節で、後半部分は堺屋先生のオリジナルだそうです。グローバル教育を追求している本校にとって、まさにふさわしい言葉をいただきました。
003
お二人の大先輩方に感謝いたします。生徒がこれを見て先輩方の後に続くことを夢見ています。ありがとうございました。

生きた使える英語を!

昨日の全校集会の一場面です。新しいNETの方がやって来てくれました。イギリス出身のトーマス・ジェームズさんです。Call me Tomと言っていました。礼儀正しそうで、住高の皆さんと勉強できることをとても楽しみにしています。生徒の皆さんも楽しく仲良くしてください、そして生きた使える英語をマスターしてくださいね!

Dsc_8943

2014年8月25日 (月)

第88回住中・住高同窓懇談会

 一昨日、8月23日(土)16時より、ホテル日航大阪5階の大宴会場にて第88回住中・住高同窓懇談会が行われました。このホテルで最も大きな会場が住高OBでいっぱいになりました。

 第1部は講演会。1つは文化講座として阿倍野研究家の難波りんごさん(高校25期)から「もうちょっと知っとく?私たちの阿倍野」と題しての講演。
Dsc00403
「ハルカス」でも注目を浴びる阿倍野ですが、知っているようで知らないことはたくさんあります。所々の地名の由来、場所の来歴など興味深いお話を拝聴できました。

 次に特別講演として作家の堺屋太一氏(高校6期)から「世界の中の日本」と題してお話しいただきました。
Dsc00418
意外に思いますが社会科学研究会とボクシング部という対極にあるようなクラブで活躍された住高時代のお話。東大、通産省、さらに大阪万博を担当されたお話。「戦後日本」の倫理と体制、「第三の敗戦」を乗り越えるために大改革が必要であると。年齢を感じさせないエネルギーに満ちたお話を聞かせていただきました。

 第2部は懇親パーティーで、板垣会長、野口校長、高原東京同窓会会長、松本副会長からのご挨拶からスタートしました。
Dsctori421
前列、中央、堺屋太一先生、左、高原東京同窓会会長。後列、右から紺野前校長、板垣同窓会会長、野口校長。

乾杯の後Ceciliaさん(高校58期)Oriental Dancing Showがありました。
Dsc00441
住吉高校は多才な人材の宝庫です。

その後、岡本(高校25期)より「住高の現況報告」としてお話をいたしました。
またたくまに、終了の時間となり、名残を惜しみつつ
Dsc00454
「住中校歌」「住高生徒歌」「住高四季」を合唱し、散会しました。

若い方々もこれからどんどん参加していただければと思います。
Dsc00457

同窓生の方々、皆様、みな元気でパワフル。母校愛に満ちておられると感じました。
校舎は変われど母校は母校。温かく住高を見守り続けていただければ幸いです。

(文責: 岡本 )

3年間一緒に楽しみましょう!

22日(金)大阪交流センターで校長会主催の学校説明会がありました。同じ主催で24日(日)は松原商工会議所で説明会がありました。松原方面にも本校に関心の高い方がたくさんおられます。松原方面は十分通学可能な範囲です!住高はとても楽しい学校です!3年間一緒に楽しみましょう!

Img_3036

Img_3034

この日、私と教頭は大阪府の重要な仕事を依頼され、二人とも会場には行けませんでした。首席が説明を行いました。一日にいくつものことが重なり、みんなで手分けして乗り切ることがよくあります。

3学年が揃いました

今日から3学年が揃います。全校集会を開きました。住高は、夏休みが無いのに等しいくらい、いろいろなことに生徒さんは取り組みます。私にとって、この夏休みで特にうれしく、また感動したことを話しました、軽音楽部の活動です。今でも心に残ってます。

また①夢や希望にまい進してほしい、②心動く(感動できる)人になって欲しい、③当たり前のことが当たり前にできる人になって欲しい。このことについて話しました。
Dsc_8941
③について、挨拶や共通の場(廊下・階段等)それに、遅刻について話しました。通院や体調不良でも時間が遅れても頑張ってくることを遅刻とは思いません。しかし、正直理由のない遅刻があることも事実です。なぜ遅刻がいけないのか、私の考えを話しました。住高生は理由や意義がわかれば、適切な行動をとれます。わかってくれたかな?

クラブ活動も頑張ってくれました。大阪大会で優勝した生徒、近畿大会に出場する生徒・・・頑張る住高生たちです。
Dsc_8945

Dsc_8947

Dsc_8950

Dsc_8952
陸上で近畿大会に出場する生徒さんです。頑張れ!

Dsc_8953

2014年8月22日 (金)

流れるような話し方で要領よく

今日は校長会主催で、旧3地区の進学説明会が国際交流センターで開催されました。今回は教頭にプレゼンをしてもらいました。通常私がプレゼンをするのですが、私に改良点はないか?私が参考にするためにもしてもらいました。
006

流れるような話し方で、あまり時間がない中で、要領よく学校像を描いていました。参加された方には住高のことを理解願えたと思います。
007

来年は全国大会に!

住吉高校陸上競技部 2年生が近畿高等学校ユース陸上競技対校選手権大会出場

8月17日(日)~19日(火)の猛暑の中、ヤンマーフィールド長居で行われました大阪高校総合体育大会の陸上競技大会において2年男子三段跳で本校陸上競技部生徒が13m61(自己ベスト)で3位になり2年連続で近畿高等学校ユース陸上競技対校選手権大会(9月19日(金)~21日(日)ヤンマーフィールド長居)に出場することになりました。


1003_2

1003_3

賞状を持って報告に来てくれました。来年全国大会が和歌山で行われるそうです。「来年は全国大会に出場します!」と力強く語ってくれました!頑張れ~!応援してます!
003

2014年8月21日 (木)

「おもしろ実験教室」・・夏休み小学生講座

8月17日(日)午前、住吉高校がある地元地域の小学生3年~6年生(晴明丘小学校、晴明丘南小学校)の希望者約140名のみなさんが住吉高校に集まりました。
(「晴明」はもちろん「安倍晴明」ゆかりの地名。近くに生誕の地とされる安倍晴明神社もある。)

この企画、地元晴明丘地区の青少年指導員会の主催で、住吉高校サイエンス部を中心に科学の楽しさを小学生に伝えようという企画で、5つの実験テーマのうち3つを体験するというもの。
Dsc00276
指導員の方、保護者の方に協力いただき、ほぼ希望に沿った(事前に希望調査)テーマに分かれて集合します。

それぞれのグループが3つの実験を巡ります。
①「高吸水性樹脂で芳香剤を作ろう!」
033
色々な香りと色をつけています

②「飛行リングでジャイロの飛行」
Img_0179
サイエンス部の指導でペットボトルから作成中

③「葉脈標本作り」
036
慎重に緑色の部分(葉肉)をはがし、「しおり」を作成します

④「-196℃の世界」
Dsc00297
二酸化炭素が凍ってドライアイスになっています。

⑤「化学発光と生物発光」
026
暗室状態にして、ルミノール反応やウミホタルの発光、淡い蛍光などを観察

その後、地域の皆様と手作りの料理を囲みながら歓談しました。
Dsc00300
地域の皆様、心のこもったご援助ありがとうございました。

今回の企画、小学生が喜び、指導した高校生も喜び、地元のみなさまにも喜んでいただける・・とてもいい企画だと思います。

「地元の方々に愛される学校」はとても大切だと思います。この企画を通して、また少し「地元に愛される学校に近づけた」気がします。これからもよろしくお願いいたします。

(文責: 岡本)

写真では伝わりませんが・・

緑がいっぱいの住吉高校です。写真では伝わりませんが、ある変化が起こっています。

014
昨日朝、自宅でふと気が付きました。蝉が鳴いていない!
016
18・19日と滋賀県に行きました。20日は私用(通院)で休みました。土日を入れると、5日間学校に来ませんでした。
017
今朝、気が付きました。あれほどにぎやかだった蝉の声が、ピタ!と聞こえなくなっています。私たちの国は、いろいろなことで季節の移り変わりを感じることができます。

2014年8月20日 (水)

Science Immersion(科学英語集中講座)

住吉高校は今年度、大阪府教育委員会より「骨太の英語力養成事業」の実施対象校に指定されています。その取り組みのひとつとして、夏休みの3日間、特別授業を実施しました。学校設定科目「Super English」受講生対象に科学英語を学ぶ集中講座です。今日は最終日。受講生によるプレゼンテーションです。
このグループは食物連鎖について。

Energy Girls と言うこのグループは様々な生き物が人間の命を支えていることを発表してくれました。

メンバーの発表にみなさん耳を傾けます。

日頃聞き慣れない単語もあり、専門的な内容もありました。TOEFLには科学の分野に関する内容も出題されますので、この集中講座は大いに役立ったと思います。(文責 教頭)

3年生授業開始!

まだまだ暑いのですが、3年生の授業が始まりました。
今日は1時間目はHRで、2時間目から4時間目までの短縮授業です。

久々のはずですが、まるでいつもと変わりないような・・雰囲気です。
Dsc00326
授業時間前の朝のSHR。起立してあいさつし・・3年1組

Dsc00330
担任の先生の指示を受ける3年2組
(総合科学は男子が多い)

Dsc00332
3年5組(国際文化科は女子が多い)

短い期間でしたが、どんな夏休みを過ごしたのでしょうか?

2時間目からはさっそく授業に。
Dsc00336
エアコンがない化学実験室でも、さっそく有機化学分野エステルの合成実験がおこなわれていました。

暑いけど、頑張れ住高生!

(文責: 岡本 )

2014年8月19日 (火)

先輩に続け!

トップページでお知らせしていたように、週刊エコノミストに住高の記事が掲載されました。改めて読んでみて、すごい!の一言です。ノーベル賞受賞から、政治家、大学総長、大企業の社長、芥川賞作家、芸術家・・・・
住高生のみなさん!先輩に続いて世界を舞台に活躍する人になってください!

002


003_2


004

夏の琵琶湖

暑さはだいぶましになりました。夏の雲がありましたが、天気がよく、琵琶湖を一望できました。
003

会場のピアザ淡海(おうみ)
008

近畿地区から160名の校長が集まりました。文科省や中教審の考えについての報告や、他県の実践報告がありました。交流し情報を把握することは大切です。二日とも日帰りです。今(19日朝6時)からまた、滋賀県に出発です。
009


«「知る」は楽し・読書のすすめ(17)