2016年9月28日 (水)

9/28 蒸し暑い中にも秋の気配が

 9/28(水)、雨の影響でしょうか、暦の上で秋が深まっていくとはとても思えない蒸し暑い日が続いています。住高生も体調管理に気を配る毎日かと思います。そのような中で、写真部顧問の先生から「住吉の秋庭」と題して、校内の風景写真を提供頂きました。

 Dsc_3802

 Dsc_3803


 Dsc_3809




  顧問の先生から紹介文も頂きましたので、併せて掲載します。

 「彼岸花が玄関右側の石碑の裏にひっそりと咲いていました。ツユクサは10月頃まで咲くそうです。サルスベリの花も終わりかけており、実をつけ始めました。広葉樹の赤い実はアメリカハナミズキの実です。春は花、秋は紅葉、冬は実が残り、鳥のエサとして役割を果たします(ハナミズキ)。」

 

 Dsc_3814


 

 「セミの抜け殻と土の穴が長かった夏の終わり?を感じます。赤い実はサンゴジュの木です。サンゴの赤ですね。噴水のある中庭にはまだ夏のむくげがピンクの花を咲かせていました。」

  Dsc_3815

 Dsc_3804

 Dsc_3810

 Dsc_3817


 

 「倉庫横にはこれから色づく柿が大きな実を膨らませています。今週から自転車登校の通り道になっている体育館と本館の間には、ヤブツバキが大きな実をつけています。木の実の種子から椿油が採れます。最後の白い花はタマスダレだと思います。彼岸花の仲間です。まだまだ暑いので秋の気配は、大阪市内では少ししないと感じられないのかと思います。」

 

 

 Dsc_3823

 Dsc_3825

 

 木々や草花も、蒸し暑い日が続く中で、いまだに夏が続いているように感じているのかもしれません。しかし、確実に住高の庭にも秋の気配が訪れています。顧問の先生、写真の提供ありがとうございました!

 Dsc_3819


 Dsc_3820

2016年9月27日 (火)

9/27 SSⅠ基礎講座 2巡目が始まりました。

 
 9/27(火)、理科の先生からSSⅠ基礎講座の授業風景を収めた写真を提供頂きました。課題研究や実験実習の基礎となる知識や技能を身につけることを目的とした講座です。物理、化学、生物、数学、国語の5講座を24名ずつに分かれてローテーションですべて学びます。(授業は、先週金曜日に行われたものです。)
 
 Dsc02125
 
 
 
 Dsc02129
 
 
 Dsc02130
 
 
 この日はちょうど2巡目の講座の初日でした。1年生は先の実験合宿の成果を大阪に持ち帰り、まずは科学研究の基礎となる力を定着させることを目標に、熱心に取り組みました。
 
 Dsc02118
 
 
 
 Dsc02126
 
 
 
 Dsc02132
 
 
 Dsc02136
 
 
 
  物理は、「力学的エネルギー保存の法則」をテーマに実験を行いました。理論と現実がどの程度一致するのか等について、できるだけ正確、精密な測定や実験を行うことを狙いとしています。さすがに2巡目となると基礎講座とは言え、より実践的な内容になってきます。
 
 Dsc02128
 
 
 来週からの前期末考査を終えると、後期が始まります。1年生の皆さんは、後半戦に向けて、しっかりと力を蓄えて下さい。
 Dsc02153
 
 
 Dsc02154
 Dsc02155

2016年9月26日 (月)

9/26 登校時の自転車進入経路の変更について

 9/26(月)、本日から10月11日(火)の期間中、自転車通学の生徒の進入門を南門のみとしました。これは、朝の登校時、北畠会館前の三叉路の見通しが悪く、車、歩行者、自転車が交差する事故の危険性を回避するための措置です。これにより、北側、東側道路については歩行者のみ(自転車通学でない生徒のみ)が通行することとなります。

 

 私も先生方とともに4月から旧正門に立って、生徒への声かけを行っていますが、特に通学や通勤ラッシュの時間帯は、車や歩行者と接触事故を起こさないか、ひやりとすることが何度かありました。南門からの進入ということで、3年生には少し不便をかけますが、生活指導部においてこの試行期間の状況を検証した上で、後期からどうするかについて確定したいと思います。

 

 登校時の皆さんの安全確保を第一に考えた試行措置です。趣旨を理解の上、協力をお願いします。

 

(写真は今朝の登校風景です。ほとんどの生徒が進入門を守った登校をしました。)

 Dsc_05611

 Dsc_05601

9/26 前期末考査一週間前です。

 9/26(月)、前期末考査の一週間前となりました。6限目に校内を歩いて周りました。ほとんどの生徒はしっかりと授業に集中できていました。一方で、一部集中力を欠いている人も見受けられました。前期の締めくくりとなる大切な考査ですので、生徒たちには特にこの期間は、集中して学習に向かってほしいと思います。

 集中という事で言うと、9月22日(木)と25日(日)の両日、高校説明会に参加しました。22日は民間の教育機関、25日は住吉区PTA協議会が主催して行われたものです。

 
 Img_0550

 Img_0553

 

 Img_0567

 どちらの説明会も、部屋やホールが一杯になるくらい沢山の方にお越し頂きました。プレゼンの内容については、住高の特色と併せて、進路状況や選抜についても加えました。この時期に参加頂いた中学生や保護者の方は、私の話を集中して聴いてくださる姿勢から、明らかに住高に高い関心を持っておられました。またこの時期から更に集中して高校選びに入られていることもわかりました。

 進路選択という重要な岐路に立ち、いろいろと悩んでおられる受験生や保護者の方に、できるだけわかりやすく正確な情報を提供したいという思いを改めて強くしました。

 住高生の皆さん、皆さんも中学生の当時、同じような思いをしたのではないでしょうか。高校説明会に参加し、あれこれと思い悩みつつも、最後はしっかりと決断し、見事に住高合格を果たしました。その気持ちを今一度思い起こして、一週間先の考査に臨んでください。「初心忘るべからず。」

 高校説明会に参加し、中学生の真剣な表情を見て、そのようなことを考えました。

2016年9月23日 (金)

9/23 実験合宿の思い出(3) The Final

 9/23(金)、実験合宿の思い出も最終回となりました。生徒たちは青少年自然の家を出発、丹波竜発見地へと移動し、活動を行いました。クラスごとの行動でしたが、それぞれ化石発掘体験、恐竜発見地視察、丹波竜化石工房の3箇所を訪れ、活動しました。

 

 9/18(日) 実験合宿最終日

 <丹波竜化石工房>

 

 Dsc02440_2

 Dsc02426_2


 Dsc02439_2

 <化石発掘体験>

 Img_8398

 Img_8412_2


 Img_8406

 

 <丹波竜発見地視察>

 Img_8429_2


 Img_8451_2


 Img_8452_2


 Img_8447

 

 

 実験合宿を通じて、生徒たちは大阪では味わえない自然の豊かさを満喫し、自然との共生や何百万年前の地球に思いを馳せたりしました。今後は合宿の経験を生かして、次の時代をより良くするために知恵を絞り、考え出したことを社会のために実行できる人に成長してほしいと願っています。

 Img_8465_2


 Img_8461_2

9/23 実験合宿の思い出(2)

 9/23(金)、前回に続いて理科の先生から提供頂いた写真を掲載します。実験合宿の2日目になります。今回も私が既に紹介した活動はできるだけ重複しないように掲載します。

 

 (9/17(土))

 午前中は日差しの強い天気でした。

 <フィッシング> 

 天気が良いと釣果も上がるようです。生徒の捕獲技術は着実に向上しました!

  Img_8170


 Img_8179


 Img_8180


 Img_8183


 Img_8184


 Img_8186

 Img_8189

 Img_8191

 Img_8201


 フィッシングの写真は尽きませんが、紙面?が尽きました。次の活動へ移ります。

<カッター訓練とシュノーケリング>

 どちらの活動も雨には左右されにくいですが、やはり好天の方が気持ちよく活動できますね。

 

 Img_8161

 Img_8207

 

 

 午後になって、天気は急変しました。突然のどしゃ降りに、皆呆然となりました。本当に同じ日と思えないような天候の変化でした。

 Img_8228

 Img_8230

 Img_8232

 樹木観察と磯観察は雨プランへと変更になりました。雨プランではDNA模型をビーズ玉で再現しました。

 Img_8243


 Img_8247_2


 Img_8251


 Img_8253

 Img_8255

 Img_8254


 Img_8256


 Img_8257

 やがて日も傾き、ようやく雨も上がりました。本当に恨めしい雨でした。

 Img_8277

 実験合宿は最終日(3日目)へと続きます。

2016年9月21日 (水)

9/21 実験合宿の思い出(1)

 9/21(水)、思い出にするには少し早いのですが、9/16(金)~18(日)に行われた実験合宿の写真を引率頂いた理科の先生から頂きました。樹木観察など、十分に紹介できなかった活動を中心に掲載します。写真を通じて、生徒たちの活動の様子を少しでもお届けできればと思います。

 ○9/16日(金)

 

  (青少年自然の家到着)

 Img_7904

 Img_7913


 Img_7921

 Dsc02347

 (始まりの式 生徒代表あいさつ  )

 Img_7939

 

 (クラスごとの記念撮影)

 Img_7953

 (樹木観察)

 Img_7990


 Img_7999

 (夕陽に向かって)

 Img_8063

  (寝具のシーツ受け取り。自分たちでセットします。)

 Dsc02352

 (天体観測)

 Dsc02360


 

  次は9/17(土)2日目の様子を紹介します。

2016年9月20日 (火)

9/20 臨時休業

 9/20(火)、台風16号の影響で、午前10時以降も大阪市域に暴風警報が発令されたため、本日は臨時休業となりました。

 昼を過ぎて、住高の近隣も風が強くなってきました。暴風警報発令時の対応については、事前にプリントで説明していたとおりです。生徒の皆さんは不要な外出は避け、台風が過ぎ去るまで用心してください。

 

  Dsc_05241

 授業の補填等については、明日以降、連絡がありますので注意しておいて下さい。

 Dsc_05251

2016年9月18日 (日)

実験合宿(8)

9/18(日)、17:00定刻に無事、大阪に帰ってきました。生徒たちは思いの外、元気そうで安心しました。

 みなさん、疲れを出さないよう、明日は出来るだけ静養して下さい。お疲れ様でした!


1474185950262.jpg


1474185951558.jpg


1474185952197.jpg

実験合宿(7)

9/18(日)、丹波市に入りました。上久下地域センターで昼食を頂きました。その名も「ちーたん弁当。」地元の食材を使って作られたそうです。

 
1474184042012.jpg

 昼食後は、丹波恐竜の里「げんき村」で化石の発掘体験、発掘現場見学を、化石工房では化石のクリーニング等を見学しました。

 
1474184043179.jpg


1474184043768.jpg

 発掘体験では、次々と化石が発見されました。これは博物館に保管され、発見者の名前にちなんだ名称がつけらるそうです。(合計5つ発見されました。)

 
1474184044389.jpg


1474184045096.jpg


1474184045749.jpg


1474184046347.jpg


1474184046990.jpg


1474184047635.jpg


1474184048262.jpg

 
 発見現場では、第一発見者の村上茂さんから、直接お話を頂きました。信念と情熱で丹波竜の発見をなし遂げられました。来年の住高生のために、新しい発見をして待っていますと仰って下さいました!


1474184048854.jpg


1474184049430.jpg


1474184050029.jpg

 化石工房では、職員の方の説明後、生徒たちは丹波竜のレプリカ等の展示に見入っていました。

 
1474184050604.jpg


1474184051262.jpg


1474184051871.jpg


1474184052560.jpg


1474184053222.jpg

 
 ここで再び大雨が! 急いでバスに戻り、再びげんき村へ。3クラスが合流し、バスは一路住高めざして出発しました。

 
 2日目の午後と今日の午後は、台風の影響か恨めしい雨となりましたが、それ以外は円滑に進み、充実した実験合宿となりました。今回お世話になりました施設の皆様、TAの先輩方、引率に加えて夜の実習の講師まで務めて頂いた先生方、そして何より3日間、合宿を実りあるものにしようと頑張った総合科学科1年生のみなさん、本当にお疲れさまでした。


 これからの住高での生活が、ますます充実することを確信しています。

(今回、樹木観察のみ参加できませんでした。改めてブログで紹介します。)

 
1474184053860.jpg


1474184054425.jpg


1474184054983.jpg


1474184055573.jpg


1474184056217.jpg

実験合宿(6)

  9/18(日)、実験合宿最終日となりました。朝の集いではラジオ体操(今日は名古屋弁バージョン!)のあと、生徒代表が住高の紹介をしました。その後、職員の方から海や台風にまつわる話をして頂きました。

 
1474181827262.jpg


1474181828807.jpg


1474181830392.jpg

 朝食と清掃を済ませ、終わりの式を行いました。名残りはつきませんが、お世話になった青少年自然の家を出発することとなりました。

1474181829624.jpg

 私は合宿での発見や感動を学校に持ち帰り、これからの勉強や研究に役立ててほしいと生徒たちに話をしました。職員の方からは、環境を変えることで、ものの見方も変わることがある、今後の勉強を頑張ってほしいと、激励の言葉を頂きました。住高の生徒代表からは、心のこもったお礼の言葉が述べられました。

 
1474181831469.jpg


1474181832546.jpg


 また、3日間体験活動や実験等の補助を頂いたティーチングアシスタント(水泳部の先輩!)から後輩に向けて、それぞれアドバイスを頂きました。
 
1474181833476.jpg

 式が終わり、最後の活動場所である丹波市へと向かいました。若狭湾青少年自然の家は、自然の中で集中して研修を行うのに、最適なロケーションでした。「また来たいなぁ。」という生徒の声が聞かれました。


1474181834323.jpg


1474181835076.jpg

実験合宿(5)

9/16(土)、夕食と入浴を終え、19:00〜20:15夜の実習が行われました。青少年自然の家での最後の活動となります。生徒たちは、疲れの中でもそれぞれの活動に取り組みました。

 私は昨日見れなかった化学実験からスタートしました。発光の実験でした。生徒は試薬を決められた分量スポイドで吸い上げ、混ぜあわせたり、発光の様子を消灯して確認したりと、次々とタスクを実行していきました。


 
1474155431313.jpg


 
1474155429557.jpg


1474155431978.jpg


1474155432557.jpg


 心理学大実験では、グループの結束と学習力がすばらしく、良い結果が出たようです。

 
1474155433272.jpg


1474155434053.jpg

 物理は私が見た時は屋外で伝達実験の最中でした。ウミホタルチームは、捕獲を待つ間、人間知恵の輪に挑戦。数学は行列の特別講義、ハングルで科学は、友達の名前をハングルで綴る活動など、それぞれの課題に取り組みました。


1474155434807.jpg


1474155435662.jpg


1474155436372.jpg


1474155437035.jpg


1474155437724.jpg

1474155438529.jpg

 21:30から各部屋の室長会議が行われ、生徒の状況確認や諸注意のあと、ふとん講習会が行われました。折りたたみ方も決められた通り行い、次の人に気持ちよく使ってもらうという心がけが大切です。

 
1474155439237.jpg

1474155440062.jpg

1474155440773.jpg


 青少年自然の家での主な活動は終了となります。生徒たちも疲れはありますが、大きな怪我等なく取り組んでくれています。実験合宿もいよいよ明日、最終日を迎えます。

 
1474155441458.jpg

2016年9月17日 (土)

実験合宿(4)

9/17(土)、昼食後午後の活動に入りました。ところが午前中の強い陽射しとはうってかわって、突然スコールのような雨が降ってきました。

なかなかやみそうにありません。残念ながら樹木観察と磯観察は、雨プランを行うこととなりました。


1474112784355.jpg

1474112787767.jpg


雨の影響を受けにくいシュノーケリング、カッター訓練は実施しました。フィッシングチームは、迷いながらも小降りになるのを待って、釣りを始めました。


1474112789520.jpg

1474112802374.jpg

1474112809048.jpg

1474112815248.jpg


結局、雨がやまずにフィッシングチームは少しだけ早く切上げました。釣果は結構ありました。また、カッターチームは沖の石周遊の最難関コースをクリアしたとのこと、頑張りました。シュノーケリングチームは、昨日に続きウニなどの海洋生物の観察や捕獲ができました。


1474112829122.jpg


一方、雨プランチームは、ビーズ玉でDNAらせん構造の再現を行いました。写真は、一番最初に完成させた生徒です。早かったですね。


1474112842408.jpg


1474112845522.jpg


磯観察チームは雨が上がった少しの時間、磯へ移動し、仕掛けたワナの捕獲状況を調べました。


1474112868930.jpg


1474112876842.jpg

夕べのつどいで代表生徒が今日の感想を述べました。夕食のあとは、夜の活動です。青少年自然の家でのラストアクティビティとなります。


1474112854925.jpg


1474112884530.jpg


1474112892217.jpg

実験合宿(3)

9/17(土)、実験合宿二日目です。朝は6時に起床。7:00からの朝のつどいに備えます。朝のつどいは全員が5分前集合。ルールはきっちりと守る。さすがです。

  
1474095599240.jpg


ラジオ体操で身体を目覚めさせます。

1474095600310.jpg

住高の生徒代表から住高の紹介が。

1474095601019.jpg


職員の方がアイスブレイクのゲームを。逆さまに動いたりするのは、難しい!先生チームも苦戦していました。

1474095602021.jpg

朝食を頂き、午前の活動へ。朝食も美味でした。
1474095604442.jpg

1474095602784.jpg


1474095603542.jpg


今日は、昨日とうってかわって、陽射しが厳しく、体験活動には少しつらい日でした。それでも生徒たちは元気に、それぞれの活動場所へと向かいました。


カッター訓練

1474095605119.jpg


1474095605898.jpg

1474095607371.jpg


フィッシング


1474095608168.jpg


1474095608858.jpg

1474095609668.jpg


磯観察


1474095610434.jpg

1474095611033.jpg

1474095611621.jpg


シュノーケリング


1474095612219.jpg


1474095612839.jpg

1474095613596.jpg


カッターチームは昨日は頑張って最長距離の沖ノ島周遊コースを行ったとのことでした。今日はどうだったのでしょうか。

また、シュノーケリングチームはウニやサザエまで捕獲に成功したとのこと、すごいですね。

磯観察チームは、昨日捕れなかったクラゲやヒトデも捕獲していました。その日によって違うのも興味深いですね。まとめのレポートも熱心に記入していました。


1474095614299.jpg


1474095615041.jpg

活動は午後へと続きます。少し疲れも見えますが、住高生は踏ん張って、実験合宿で科学する心を磨いています。


1474095615665.jpg


1474095616310.jpg

実験合宿(2)

夕食と入浴を終えた後、19:00から20:15の間、夜の活動を行いました。


1474063086710.jpg


1474063087503.jpg


 天体観測

  
1474063079217.jpg


1474063080145.jpg


 ウミホタル

1474063080826.jpg


1474063081467.jpg

 物理実験


1474063088936.jpg


 


 数学


1474063082265.jpg

1474063082984.jpg


 ハングルで科学


1474063083706.jpg


1474063084491.jpg

 心理学大実験


1474063085261.jpg


1474063085973.jpg

 ゆっくりと見れなかった講座は改めて取材します。


 就寝前の室長会議で翌日の確認や諸注意がありました。


 
1474063089629.jpg

 
1474063088228.jpg


  

2016年9月16日 (金)

同窓会特別奨学金による第4回イギリス(ケンブリッジ)研修について

本日、LL教室にて、同窓会特別奨学金による第4回ケンブリッジ研修についての説明を行いました。20名の生徒が参加してくれました。皆、熱心に担当者の国際部部長の説明に耳を傾けて聞いてくれていました。

応募資格は、「学業成績が優秀」であること、「顕著な活動記録」を残していることが条件であり、選考においても、英語の語彙力の試験と面接もあり、合格するには、かなりハードルは高いですが、その向こうには、かけがえのないすばらしい経験が待っています。

残された時間を有効に使い、精一杯努力をした上で、選考に臨んでくれることを期待しております。 (分責 教頭 )

Dscn1114


Dscn1116


Dscn1113_2

実験合宿(1)

 9/16(金)、実験合宿のスタートです。朝7:20に清明丘中央公園に集合し、総合科学科1年120名全員が若狭湾青少年自然の家めざして出発しました。(先生方、見送りありがとうございました!)

予定通り自然の家に到着。まずはお昼ごはんです。

1474007817972.jpg


1474007819591.jpg


バイキング、美味でした!


1474007820337.jpg


 入所式を終え、早速午後一番の活動です。カッター訓練、樹木観察、磯観察、フィッシング、シュノーケリングと、班に分かれてスタートしました。


シュノーケリング


1474007821390.jpg


1474007822053.jpg


1474007822851.jpg


磯観察


1474007823821.jpg


1474007824564.jpg

1474007825413.jpg


フィッシング


1474007826223.jpg

1474007827152.jpg


1474007828212.jpg


カッター訓練


1474007829364.jpg


1474007830452.jpg

1474007831283.jpg


最初はワーワー、キャーキャー言っていた生徒たちも、魚が釣れたり、磯の生物を捕獲するにつれ、真剣味が増してきました。磯の生物を観察したり、捕獲するのも科学においては、大切な技術です。

夕食をはさんで、夜の活動へと続きます。

2016年9月15日 (木)

9/15 実験合宿結団式

 9/15(木)6限、体育館にて明日からの実験合宿に向けた結団式が行われました。総合科学科1年生の柱となる行事の一つです。2泊3日で若狭にある青少年自然の家をベース地として、さまざまな実験や観察を行います。まさに実験漬けとなるこの合宿は住吉高校が国際科学高校に改編された11年前からスタートした、他校に類をみないユニークな取組みとなっています。

 Dsc_3790

  1年生にとっては、初めての経験となりますが、今後の科学研究等において、必ず役に立つ力が培われます。私は団長挨拶で、「科学する心」を磨いてほしいこと、キーワードは「自然」と「共同」であり、チームとしての「協働」につなげてほしいこと等、期待を込めて話しをしました。

  Dsc_3792

 その後、引率いただく先生方の紹介や諸注意等が行われました。明日からの合宿に向けて、不安を少しでも取り除き、一人ひとりが目標を持って、積極的に参加してほしいと願っています。

 

 私もこの3日間で生徒たちがどのように成長するのか、とても楽しみです。1年生の皆さん、事故や怪我等がなく楽しく充実した合宿にしましょう!

  Dsc_00871

 Dsc_3794

 Dsc_00861

9/15 校内授業研究会(第3回)

 9/15(木)3限、国語(現代文)において、校内授業研究会が行われました。6/8(数学)、6/30(英語)に続くもので、先生方の自主的な発案からスタートしたものです。

Dscn1109


 

 音楽評論家の吉田秀和さんの「ヘンデルと力士」という評論が題材でした。論旨は明快、かつ理解しやすい文章で、1年生の入門期に適したものと言えます。授業者の三石先生は、学習指導案の中で「評論ゆえに筆者の考えを正確に読み取ることに重きを置きながらも、文化・芸術分野に目をむけ、教養人としての観点を養っていきたい。」と授業のねらいを設定していました。単に読解ができればそれでよいというのでなく、生徒の「確かな学力」をはぐくむ姿勢は素晴らしいと思いました。

 Dsc_0085

 

 授業は、読み取りのポイントや指示語の指し示すものを質問し、答えるなど、生徒とのやり取りの中でスムーズに進みました。また、プロジェクターと板書をうまく使い分け、生徒の集中力を引き出すことにも成功していました。さらに、読みのヤマ場のところでは、生徒に十分に時間を与えノートに書かせるなど、思考力と表現力の育成にも配慮した展開が見られました。

 Dsc_0088

 Dsc_0090

 授業の合間に、「ヘンデルの『見よ、勝利の勇者の帰るを』の音楽を知っている人?」との発問がありました。生徒が首をひねっていると、先生自らが「パーパーパ、パーパー」と歌いだし、生徒たちは「あぁ、あの曲か。」と頷いていました。また、相撲の東京と大阪にまつわる歴史や、「力士の後援者を大阪の地名にちなんで何と言うか?」との問いに、「梅田!」、「なんば!」、「ちがう!その間や。(笑)○○四丁目!」など、和やかな中にもしっかりと文化・教養の要素が鏤められた授業でした。

 Dsc_0083

 Dsc_0093_2

 

 文科省の言う「主体的・対話的で深い学び」をアクティブラーニングと呼ぶなら、本日の授業はまさにアクティブラーニングでした。何よりも三石先生の授業準備が素晴らしいと思いました。教材観、生徒観、指導計画と本時の目標、評価など、しっかりと授業をデザインして一時間の授業に臨んでおられます。よくデザインされた授業を受けることで、生徒たちは学年があがり、語彙力やスキーマなどが身につくにつれて、学びの深さも増していきます。

 放課後に行われた研究協議では、良かった点、改善点についてそれぞれ先生方から、意見が出され、熱心に協議頂きました。

  Dsc_00911

  Dsc_00901

  この企画は授業者がリレー形式で、次の授業者にバトンを渡すことになっています。本当に次の授業を見るのが楽しみです。

 Dsc_0091

2016年9月14日 (水)

9/12 ハワイ大学からお客様をお迎えしました。

 9/12(月)、15:00 ハワイ大学(カピオラニコミュニティカレッジ)から3名のお客様をお迎えしました。北畠会館で開催される「アメリカ留学セミナー」の講師としてはるばるお越し頂いたものです。

00100003

 

 住高を卒業してすぐに海外の大学へ進学する生徒は、多い年だと10数名に上ります。選抜や履修制度、学費など日本の大学とは異なることも多く、(住高ではないですが)行ってみたら思っていたものと違っていたということもあると聞いています。ミスマッチを防ぐためにも、しっかりとした情報収集は欠かせません。

 お越し頂いた職員のお一人は、かつて住高でティームティーチングをしていたとのこと、いろいろなところでご縁があるのですね。少し驚きました。

 国際教育のSpecial Senior Advisorや職員の方から、大学(カレッジ)キャンパスの様子や教育内容、飛び級制度や転学(2年のカレッジを終えた後の進路)などについて、説明を頂きました。とても柔軟なカリキュラムで、文科系、理科系を問わず興味のある学問を中心に学べるということがわかりました。また、カレッジだとTOEFL iBTのスコアが40あればフォローできるということも知りました。もちろん入学後は学問を修めながら、英語力も磨くことになるのは必須ですが。

00090003

 ハワイ大学(カピオラニコミュニティカレッジ)の皆さま、住高生のために遠方、ありがとうございました。12日は住高は学園祭の代休日でしたので、多くの住高生に会って頂くことは叶いませんでしたが、機会を得てまた住高にお立ちより下さい。

«9/11 阿倍野区5中学校合同説明会に参加しました。