2018年6月24日 (日)

第17回WaiWai!トーク

6月24日日曜日、本校の視聴覚室で、第17回WaiWai!トークが行われました。外国にルーツをもつ高校生が、体験したことや、日頃思っていること、将来の夢などを母語や継承語で語ります。
本校からも2名出場し、毎日練習した成果を発表しました。大勢の前でスピーチを行うのは、大変なことだったと思いますが、また、一段と成長した姿が素敵でした。頑張りましたね。







スピーチの指導をしていただいた袁先生と記念撮影です。 (文責 白川)

2018年6月11日 (月)

遠足

6月8日(金)遠足がありました。1年生は信貴山のどか村へ,2年生は京都へ,3年生はそれぞれのクラスが決めた行き先へ行きました。
 
2年生は,グループに分かれて京都の世界遺産を中心に散策しました。おそろいの浴衣をレンタルするグループや,嵐山のトロッコに乗るグループ,普段の地理の授業で得た知識を活かして,京都を地理的に分析するグループもありました。
 
生徒にとって忘れられない1日になったと思います。(文責 土肥)
0611_2
 

1年生総合学習 マザーハウス 講演

6月11日(月)5限、マザーハウスなんばパークス店店長 森涼湖さんをお招きし、1年生(国際文化科)に向けて「Meet the New World~途上国から世界に通用するブランドをつくる」講演をしていただきました。
マザーハウスとは、途上国の可能性を、「もの作り」を通じて世界中に届けることをコンセプトにしたブランドです。バングラデシュのジュートやレザーを使用したバッグなどの商品が、日本全国のマザーハウス店舗で売られています。
それらの商品は比較的高価で、非常に素敵なデザインでした。(以下はマザーハウスで売られているバッグの一つです)
Photo

森さんは、「ボランティア精神で、途上国の人がかわいそうだから買ってあげるのではなく、彼らの技術を世界に伝えたい、本当によいものをお客様に届けたい。」とおっしゃっていました。
みなさんもぜひ一度、マザーハウスの商品をご覧になってみてはいかがでしょうか。
Img_1920_2
(画像は、ネパールのマザーハウスで働く女性と、生徒がアプリで通話している場面です)
(文責・柳川)

2018年6月 6日 (水)

テラ・ルネッサンス講演

6月4日(月)5限 NPO(テラ・ルネッサンス)から栗田先生を招き一年生(国際文化科)に向けて講演をしていただきました。「平和以外に何でもある国」と言われているコンゴ民主共和国で起こる問題の一つである「子ども兵」についてのお話でした。子ども兵の中には、武装勢力に誘拐されたり、脅されたりして強制的に銃を持たされている子どももいます。テラ・ルネッサンスでは、前線から逃げてきた子ども兵たちが自立するための支援を行っています。私たちもこうした現状から目を背けず、自分なりに考え、行動することが大切だと教わりました。とても貴重なお話をありがとうございました。(文責 三宅)

Burogu_2


Rog_3



2018年5月31日 (木)

自治会立会演説会

5月31日(木)6限 自治会次期役員の立会い演説会が行われました。今回の立候補者は5名と人数は少ないですが、5名の候補者の力強い演説とやる気に驚きました。みんなで力を合わせて、自治会行事を盛り上げていってほしいものです。(文責 教頭)

Photo


Photo_2

2018年5月30日 (水)

2018 海外研修がスタート

本日、2018 オーストラリア研修(12時15分~)、シアトル研修(13時30分~)の第1回オリエンテーションを開催いたしました。今年度の海外研修がいよいよ始まります。オーストラリア研修は、7月26日~8月6日の日程で26名、シアトル研修は、7月22日~7月31日の日程で30名が参加の予定です。本日は、テスト最終日でもあり、とても疲れていたかと思いますが、参加者全員が5分前に集合してくれました。意識の高さを感じました。渡航前にしっかりと準備(学習)をして臨んでいただきたいと思います。(分責 教頭)

Photo


Photo_2

Jtb


Photo_3


Photo_4



2018年5月17日 (木)

美術の授業「校内スケッチ」

美術Ⅰの4月5月メニューは校内スケッチです。住吉の緑深い敷地において、イーゼルに画板、水彩絵の具を携えた生徒たちが思い思いの場所を陣取り、スケッチをしている様子が見られます。5月のバラエティ豊か緑と優しい風は住吉の名物だと思います。こんな時期は外に出ない理由はありません。この平和で穏やかで、かつとても集中している生徒の姿を掲載します。(文責 阪本)

Photo_2

2018年4月17日 (火)

海外居住経験者の集い

今日放課後、海外居住経験者の集いが行われました。
住吉高校には、外国で生活した経験を持つ生徒や、外国にルーツを持つ生徒がたくさんいます。海外の生活に興味のある生徒や、留学生も集まりました。担当の先生方が、みんなが仲良くなれるように、いろいろ計画してくださいました。みんなでゲームをしたり、おしゃべりをして、とても楽しい時間を過ごすことができました。







様々な言葉が飛び交い、ジェスチャーも交えて、明るい笑い声がはじけていました。わからないことや、不安なことがあっても、仲間や先輩たちが相談に乗ってくれます。みんなで仲良く頑張りましょうね。
(文責 白川)

2018年3月31日 (土)

第5回ケンブリッジ研修14日目(2)

私たちは無事にヒースロー空港に到着し、搭乗時間を待っているところです。



今から飛行機に乗ります。



大阪でお会いしましょう!
(文責 白川)

第5回ケンブリッジ研修14日目(1)

3月31日土曜日の朝です。私たちがケンブリッジで過ごす最後の日となりました。
自然と歴史的な建物が調和したこの美しい学問の町で、住高生たちは、様々な人と出会い、夢中になって勉強し、ホームステイ先ではほっと和む暖かい時間を過ごさせていただきました。この貴重で素晴らしい体験は、きっと、これからの彼らの人生に、生き方に、そして人との接し方に大きな影響を及ぼすことになるでしょう。













ケンブリッジ特別奨学生の私たちに、このような素晴らしい機会をくださった住吉高校同窓会のみなさま、本当にありがとうございました。そして、私たちのイギリスでの活動を支え、応援していただいた住吉高校の先生方、保護者のみなさま、本当にお世話になりました。

2週間住高生がホームステイをさせていただいたご家庭のみなさま、家族の一員として住高生を受け入れていただき、本当にありがとうございました。美味しいお料理をいただいたり、ご家庭のお料理を教えていただいたり、勉強を教えていただいたり、イギリスのことについて教えていただいたり、本当に居心地のいいご家庭だと住高生たちは話してくれています。

Studio Cambridgeで私たちの英語の力をつけてくださった先生方やスタッフのみなさま、仲良くしていただいた学校の生徒のみなさん、ありがとうございました。写真撮影にも快く協力していただき、感謝しています。

住高生の3人は、ケンブリッジ滞在の最終日の今日午前中をホームステイ先のご家族と過ごし、私たちはお昼過ぎにヒースロー空港に向けて出発します。

なお、ヒースロー空港に向かう交通事情により、ブログ更新の時間が取れない場合もあります。その際はどうぞご容赦ください。
(文責 白川)

2018年3月30日 (金)

第5回ケンブリッジ研修13日目(3)

ケンブリッジという名前の由来は、ケム川+ブリッジ(橋)です。南西から市内に入るケム川は、いくつかのカレッジを通って北へ流れていきます。中世には様々な商品が川を利用して運ばれていたそうです。その後、鉄道が敷かれて、パント船は商業的な役割を終えました。今ではケンブリッジの有名な観光業として、ケム川のパンティング(平底船での川下り)が行われています。私たちは、美しいケム川に寄り添うように並ぶカレッジと、ケム川にかかる橋をパント船から見ることを楽しみにしていたのです。

ロンドンへいっしょに行ってくださったサシャ先生が、私たちをパンティングの所に連れて行ってくださいました。



これがパント船です。学校の仲間たちといっしょに乗り込みます。



残念だったのは、雨が降り出してきたことです。私たちは、傘をさしてパンティングしました。

クイーンズカレッジの数学橋(The Mathematical Bridge)です。


他のパント船もみんな傘をさしています。



レンブリッジ(Wren Bridge)です。ケンブリッジの橋の中で2番目に古いと言われているそうです。



ため息橋(Bridge of sighs)です。セントジョーンズカレッジにかかる橋です。



船に乗っている私たちの様子です。陸上とは違う目線でケム川や橋を見ることができます。雨が降っても、やっぱりパンティングは楽しかったですよ。



船頭さんは長いポールで船を操り、船をすすめています。カレッジや橋についての歴史も説明してくださいました。

パンティングが終わった後、寒かったので、クラスメイトの人たちと教会のカフェで暖かい飲み物を飲みました。まだStudio Cambridgeで来週からも勉強を続ける人たちもいますし、私たちと同じように今週で帰る人たちもいます。私たちは、イギリスで出会って様々な体験を共有できたことを喜び、別れを惜しみました。

住高生は今ごろ、ホームステイ先のご家族と最後の夜を過ごしていることと思います。ぜひ、すてきなケンブリッジでのホームステイ生活を最後まで満喫してくださいね。
(文責 白川)








第5回ケンブリッジ研修13日目(2)

授業が終わって、カフェテリアで最後のランチタイムです。





いつも美味しい食事を用意していただいたカフェテリアのみなさんです。ありがとうございました。



先生と記念写真。



そして、今日いただいた終了証書を持って記念撮影です。住高生たち、本当によく頑張りました!



午後からは、みんなが楽しみにしていたPunting(パンティング=平底船での川下り)に出かけます。






第5回ケンブリッジ研修第13日目(1)

3月30日金曜日です。今日は学校に登校する最終日です。気持ちよく晴れた気持ちのいい朝です。

偶然、学校のすぐ側にあるお店でパンを買っている住高生たちを見かけました。





彼らはよく、授業の前にもおやつやパンを頬張っていました。



2週間、学校のカフェテリアで予習や復習をよく頑張りましたね。



これは住高生たちのそれぞれの授業プリントの一部です。






しっかり勉強しているでしょう?

今からケンブリッジ最後の授業、行ってまいります!












2018年3月29日 (木)

第5回ケンブリッジ研修第12日目(2)

今日のお昼休みのカフェテリアの様子です。同じクラスのスイス出身の学生です。仲良くなりました。



今日、最後の午後の授業を受けました。明日は午前中までしか授業がありません。

今日の午後のアクティビティは、”Hot cross buns and tea “でした。

ホットクロスバン(英語:Hot cross bun)は、イギリスの菓子パン(バン)の一種です。ドライフルーツなどが入った甘いパンで、上に十字の飾りがつけられています。このパンは、こちらに住む人々が心待ちにしているイースターにはなくてはならないもののようです。

このホットクロスバンズと紅茶を飲みながら、おしゃべりです。


話が盛り上がって、なかなかみんな帰りません。カフェテリアで1時間以上も、ティータイムを楽しみました。

日本ではあまり馴染みのない「イースター」ですが、キリスト教においてはクリスマスと並んで最も重要な日のひとつ。イースターとは、十字架に掛けられて亡くなったイエス・キリストが3日後に復活したことに由来する復活祭です。このイースターは毎年必ず春分の日のすぐあとの満月の次の日曜日となっているため、イースターサンデーとも呼ばれるそうです。今年のイースターは、4月1日の日曜日です。雑貨店やお菓子を売るお店には、イースターエッグやウサギの置物やチョコレートが華やかに飾られています。

イースターに関係するものがたくさんあるお店を見るのも興味深かったですね。お菓子売り場にいる住高生たちです。







いよいよ明日は学校最後の日となります。思い出に残る1日になるといいですね。
(文責 白川)






第5回ケンブリッジ研修12日目(1)

3月29日の朝です。今朝は、よく晴れて気持ちのいい朝です。

学校近くの風景です。




ケンブリッジの大きな道路には自転車レーンがあり、多くの学生や通勤する人が自転車を利用しています。ほとんどの人が自転車用ヘルメットをつけていて、自転車走行のマナーも徹底しています。雨の日、傘を持って自転車に乗っている人は1人もいませんし、スマホを持って自転車に乗っている人も見かけませんでした。どの自転車の走行スピードも、かなり速いです。

私たちは、放課後イギリスの代表的なお料理フィッシュ&チップスも食べに行ってみました。

地元の方に紹介していただいた、安くて美味しいお店です。お店の方もとても親切でした。
がんばって、自分で注文します。






かなりボリュームがあり、お腹がいっぱいになります。イギリスの人たちはよく、フィッシュ&チップスにモルトビネガーをたっぷりかけて食べます。サッパリといただけるので私はこのやり方で。もちろん、タルタルソースやケチャップもありますので、お好みで。住高生はあれこれ少しずつ、つけるソースを試していました。


とても美味しかったです。


2018年3月28日 (水)

第5回ケンブリッジ研修11日目(2)

今日のお昼休みの様子です。2人の住高生は、同じクラスになったスイス出身の学生と仲良く喋っていました。
もう1人の住高生は、トルコから来た学生たちに折り紙を教えてあげていました。「すごい!」「かわいい!」と、大好評でした。中には日本の文化やアニメが好きで、独学で日本語を勉強している学生もいました。



午後からは、授業を見学させていただきました。この授業に参加しているメンバーのレベルはとても高いです。この部屋にいる人たちは、みんな自分の考えを英語できちんと述べる力を持っています。明るい雰囲気の中、先生の絶妙なジョークや学生の積極的な発言が飛び交うすてきな授業です。
動詞につく前置詞、文法の時制(過去形、現在完了、過去完了)や過去の習慣(used to, would)のややこしい間違えやすい問題、形容詞を動詞に変換、”Cosmetic surgery boardgame”というプリントに沿ってディスカッションなど。英語を聞いて話すだけではありません。しっかり正しい文法に沿った正しい英語をみんな勉強しているのです。様々な国から来た人たちが次々と文法問題の正解を答えるのに驚かされます。コミュニケーションをしっかりとり、正しく英語を理解するために、文法は不可欠のようです。


発言して正解であれば座ることができます。









真剣に先生の説明を聞いています。







先週授業を見学した時、住高生は、他の学生の積極的な発言や意見に圧倒されていたところもあったのですが、1週間の成果はすごいですね。発言する内容も、先生の質問に対する回答も、堂々として格段に良くなっていました。

最初はおとなしく見学させていただいていたのですが、先生のご好意で、私も途中から学生のみなさん混じっていっしょに授業を受けさせていただきました。とても楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました。
(文責 白川)


第5回ケンブリッジ研修11日目(1)

おはようございます。3月28日水曜日の朝です。住高生は、今日も元気に登校してきました。朝からカフェテリアで予習をしたり、他のクラスメイトたちと談笑したりしていました。

昨日も今日も、ケンブリッジは雨が降っています。通勤、通学の人たちを見ていると、あまり雨が降っても濡れるのがさほど気にならないのか、傘をさしている人は意外に少ないです。傘を開いているのは10人中2人くらいでしょうか。雨が降っていても晴れ間がのぞいたり、午前中晴れていても雨が降ったり、天候が変わりやすいイギリスならではの光景かもしれません。

今日は、住高生がお世話になっているご家庭でいただいているお料理の一部をご紹介します。


イギリスの食事でよく見かけるベイクドビーンズのあるお料理。





これはキヌア。初めて食べたと報告してくれました。


本格的なインドのビーフカレーとチャーハンです。カレーは少し辛めの味付けで、とても美味しいそうです。




デザートまでいただく住高生もいます。

昨夜、ホストファミリーのお宅で、日本のカレーを作って食べていただいた住高生です。慣れない包丁に苦労し、なかなか煮えない硬い人参に困ったそうです。いい経験をしました。
上手に作れたようで、家族の方から、「美味しい!」と喜んでもらえたそうです。よかったですね。





ご家庭の事情で、台所を自由に使わせてもらえない場合もあります。ご家族の毎日の食事時間、あるいはご家族の嗜好もありますので、残念ながら、日本の料理を全員がチャレンジさせてもらうのは難しいかもしれません。でも、日本で普段食べている料理のことを伝えることはできます。逆に「ホームステイ先のご家庭の料理のレシピを教えてもらう!」と、張り切っている住高生もいます。彼らはきっと日本に帰国してから、美味しいイギリスで学んだ家庭料理を披露してくれるのではないかと思います。楽しみにしておいてくださいね。









SSHの再指定が決定しました!

3/27付で住吉高校のSSH再指定が決定しました。期間は2018/4~2023/3の5ヵ年です。
下記リンク内(資料1)をご参照ください。
平成30年度スーパーサイエンスハイスクール指定校の内定等について


2018年3月27日 (火)

第5回ケンブリッジ研修10日目(2)

住高生たちは、ホストファミリーの方たちに本当によくしていただいているようです。本当に優しく、よく気を配ってくれるホストファミリーだと3人とも口を揃えます。
家に帰ってから、学校であったことを聞いていただいたり、いっしょにテレビでスポーツ観戦をしたり、美味しいお料理をいただいたり。昨夜宿題を見ていただいて、今日答えが完璧プリントを持って行った住高生もいました。

次の写真は住高生が使わせていただいているお部屋です。すてきなお部屋ですね。







みなさんが、ホームステイ先でいただいているお料理は、またの機会にご紹介します。お楽しみに!

次の写真はStudio Cambridgeの写真です。Easter egg hunt の最中に学校の中を歩き回りながら撮ってみました。


これが一般的な教室です。






壁にもイギリスやケンブリッジについてまとめられた参考資料があります。

これは、裏庭です。今日はあいにくの天気でしたが、晴れると外でランチをとる学生も多いです。




今日は、学校でリスを見かけました。

第5回ケンブリッジ研修10日目(1)

昨日、大勢の生徒たちが入学してきたので、カフェテリアも賑やかです。ここStudio Cambridgeは、今の時期、比較的10代の学生が多いのですが、大学生や社会人、子育てが一段落した女性や、お孫さんがいらっしゃる方まで幅広い年代の方が学んでいます。

今日のランチの様子です。





今日の午後のアクティビティは、Easter egg hunt (イースター エッグ ハント) です。あちらこちらにチョコレートの卵が隠されていて、みんなでいっせいに探してまわります。
例えば、こんなところに。





先生から説明をしていただいているところです。学校内に100個以上のイースターエッグがあり、一番多く見つけた人は、特大のイースターエッグをもらうことができます。探す時間は15分。集合場所に遅れたら失格です。





さあ、スタートです。




隅から隅まで探し回っています。


残念ながら、住高生は優勝できませんでしたが、たくさんの美味しい卵チョコレートを持って帰りました。ホストファミリーとお話をしながら食べるそうです。楽しかったですね!
(文責 白川)





«第5回ケンブリッジ研修9日目