トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

本校OBのアン ミカさんが来校、体育祭に向けた結団式を実施

本校の卒業生で、パリコレに参加するなど世界的モデルとして大活躍されるほか、エッセイ執筆や女性のための講演会等で幅広く活躍されている AHN MIKA(アン ミカ)さんが、テレビ番組の収録のために来校。思い出の母校について、いろいろと語っていただきました。

Mika2 校門での出迎え

Mika4 生徒に手を振っていただきました

Mika7  思い出の陸上部時代を語っていただきました

Mika12 思い出の食堂で、調理をしていただいた人と再会

ミカさんには、母校での高校生活を十分に思い出していただきました。住吉高校でたくさんのことを学んでよかったことなど、お話が一杯。さすがに、世界で活躍する人は、礼儀正しく、たいへん豊かな人間性を感じました。校長から、次回は本校生への講演をお願いして、お別れしました。

---------------------------------------------

放課後、体育祭に向けた4つの団の結団式が、それぞれの指定の場所で行われました。5月14日は体育祭。それに向けて、学年を超えたクラスが一丸となって、応援するものです。おもいっきり盛り上がるのも住高の伝統でしょう。生徒たちのエネルギーを感じました。

Ketu1

Ketu2

生徒のみなさん、体育祭まで思いっきり楽しんでください。しかし、勉強もしてね。校長より。

 

2010年4月29日 (木)

ソフトテニス部が中央大会に進出

現在、各運動部は春の公式戦の真っ最中。

先日の日曜日にソフトテニス部の3年生ペアが個人戦でベスト8に入り、中央大会に進出を決めました。おめでとう。毎日、放課後に積み上げてきた練習の成果だと思います。中央大会でも、練習どおりの実力を発揮してください。

本日の祝日には卓球部をはじめ、いろいろな運動部も試合でがんばっています。また、文化部も活動しており、サイエンス部は小畑先生たちの付き添いのもと野外活動で山行を行っています。

来月9日の日曜の午後、本校吹奏楽部とOBのスプリングコンサートが大阪フィルハーモニーの会場で行われます。たくさんの皆さんの参加をお願いします。

さらに本日の29日は、校舎の玄関横の掲示板に広告していた希望者対象の市大授業が行われました。大阪市立大学で「文学部を知りたい人のための市大授業」、「数学や理科の好きな高校生のための市大授業」があり、本校から多数の生徒が参加しています。

校長より。

2010年4月28日 (水)

公開授業、PTA役員会、PTA実行委員会、PTA総会を実施。

本日、28日の午後から公開授業とPTAの役員会・実行委員会の後、PTA総会を視聴覚室で行いました。

総会に先立つ公開授業では、昨年よりも2割以上も多い、130名近い保護者の皆さん方に生徒の授業を見てもらうことができました。教室が狭く申しわけなく思いますが、廊下等からも見ていただきました。ありがとうござます。午後ということもあり、寝ている生徒はいなかったでしょうか。心配です。

Pta0

役員会、実行委員会、総会において川下PTA会長、学校長は3回挨拶をさせていただきました。川下会長、お疲れ様でした。ありがとうごさいました。私は、気持ちよくしゃべらせていただきました。

Pta22_2 川下PTA会長

Pta2  紺野学校長

本日の総会で、平成21年度のPTA委員さんが新しく平成22年度の役員さんに交代されました。前役員の皆さん、ほんとうにありがとうございました。新役員の皆さん、住吉高校は他校に比べてたいへん行事が多く、PTAのご支援を頂かなければならない点が多々あります。川下さん、壽野さん、古田さん、山下さん、上村さん、八代さん、吉永さん、角谷さん、上崎さん、どうか、よろしくお願いいたします。

Pta3 川下PTA会長をはじめとするPTA新役員の皆さん

また、昨年まで役員として活躍いただいた皆様に校長から感謝状を贈らせていただきました。光山さん、趙さん、井澤さん、福島さん、平林さん、古川さん、立松さん、中村さん、濱田さん、山本さん、黒田さん、杉原さん、ほんとうに、ありがとうございました。今後とも、様々な面からのご協力を引き続きお願いいたします。

Pta4 ありがとうございました。

その後、国際文化科の山中科長から、留学生の受入にあたってホームスティ等へのご協力を依頼いしました。

Pta5jpg 山中国際文化科長

最後に、本日の真打登場。総合科学科の岡本科長から「住吉高校の1年」と題して、本校のSSH、ユネスコスクールの取組み等を画像で紹介させていただきました。出席された保護者の皆様の期待に応える、楽しく、分かりやすい紹介でした。

Pta1 岡本総合科学科長

100名近い保護者の方に出席を頂き、無事に総会が終わりました。関係者の皆さんのご協力のおかげです。ありがとうござました。 校長より。

2010年4月27日 (火)

明日は授業公開、PTA総会。昨日はSSHの授業説明

本校は文部科学省からスーパー・サイエンス・ハイスクール(SSH)の指定を受けています。昨日、1年生の総合科学科の生徒に対して、1年生でのSSHの授業と課題研究の取組み等について、先輩たちの研究発表等の画像を見ながら担当が説明しました。

Rika1

Rika2

生徒たちは、真剣に聞いてくれました。説明会後、それぞれの思いを、次のような作文に書いてくれました。

「全国」のSSHの学校の生徒の人たちと科学の実験やレポートで争うことができるので、楽しみにしておきたいと思います。」

「やっぱり住吉高校に入ったのだから、科学に関することをできるだけ楽しみたい。」

「たくさんある行事に積極的に取組みたいと思った。特につくば研修を受けたみたい。先輩たちのように、大きなコンクールで発表したいと思った。」

「前の住吉高校の研究発表を見たが、こちらにも緊張感が伝わってきた。研究というものをしたことがないのにで、もちろん研究発表なんてしたことがないからわからないのですが、自らの研究を客観的に見ることが必要だと思いました。」

「住吉高校がSSH指定校であると知って入学した。高校生でもかなりハイレベルな研究ができるのだなあと感じた。自分もあんなふうになれるのだったらと思うと、わくわくした。」

たいへん前向きな意見が多く、嬉しく思いました。生徒の皆さん、授業でしっかり学習して、それぞれの研究に向って全力で取り組んでほしいと思います。

明日は、PTA総会と授業公開です。保護者の皆様の、ご参加をお願いいたします。

2010年4月25日 (日)

野球部はよくがんばりました。

25日の日曜は朝から快晴。近大付属高グランドでの住吉高校と四条畷高校の春の公式試合の応援に行ってきました。

球場の周りは生駒山麓の地で、暖かい日差しの中、野球部員の保護者の方も多数応援に来られていました。試合は残念ながら負けてしまいましたが、本校生徒は、一生懸命にプレーしてくれました。私は、お隣に座った選手のお父さんから、たくさんの役に立つ説明を頂きましたが、試合には負けましたが、お父さんのおかげて、野球の難しさと楽しさがわかったような気がしました。また、ひっきりなしにメールで野球部のOBの方に試合経過を送信しておられ、住高生にたくさんの方が思いと関心をよせて頂いていることを知りました。ほんとうに、保護者の皆様、OBの皆様、ありがとうございました。

Pic1 試合開始前

Pic2 さあ、試合開始

放課後、顧問の先生の熱心な指導のもと、グランドでの練習を日々見ていますが、今日の部員たちには、普段どおり、練習どおりのプレーができなかったように思いました。かたさがあったかもしれませんね。選手たちは、負けて悔しい思いをしたことでしょう。是非、次の試合につなげるよう、これからも猛練習をしてほしいと思いました。がんばれ。

また、今日はソフトテニス部も試合がありました。この時期、いろいろな部が春の大会や新人戦を行っていることでしょう。部員の皆さん、住高生として高い目標をもって、全力でがんばってください。

校長より。

2010年4月23日 (金)

世界一大きな授業を実施

昨日の総合的な学習の時間で、国際文化科の一年生は視聴覚教室で、「世界一大きな授業」として、世界100カ国以上の子どもたちと一緒に「世界の教育について考える授業」を実施しました。

Top_header_logo

この授業のねらいは、日本の子どもたちが、世界の多くの子どもたちが教育を受けていない事実を知るとともに、 だれもが教育を受けられるように、皆で取り組むことを考える機会とすることです。

具体的には、途上国の実態を通して、①学校に通えない子どもたちの現状と②教育のための資金の必要性を知り、自分たちにできることは何かについて考えるということです。今回は、日本では350校以上で、4万人以上の生徒が参加したということです。ちなみに、2008年の実施では、世界では885万人の子どもたちが参加し、ギネス記録に掲載されました。

世界には、勉強がしたくてもなかなか困難な状況の子どもたちがたくさんいます。住高に学ぶ生徒のみなさんは、その点でたいへん恵まれています。しっかり勉強してもらいたいものです。  校長より。

2010年4月22日 (木)

卓球部の練習にお邪魔

昨日の放課後、会議が少し早く終わったので、卓球部の練習を見学しに剣道場へ行きました。

なんと、すでに1年生が5人も卓球部に加入したとか。早々と、部員が増えたというのは、たいへん嬉しいことです。何年ぶりか、3年生の部員にラケットを借りて、ラリー打ちをしてみました。

な、なんと。私もいい歳で、現在は遠近両用のメガネ。メガネの上の部分と下の部分ではレンズの屈折率が異なっているので、ピン球を見ていると、まっすぐに飛んでいるピン球が変化球に。ラケットがうまく当たらないのです。しかし、これに、懲りずに、また剣道場へ卓球に行こうと思っています。ほんとうに、部員たちは、まじめに、熱心に練習しており、すがすがしい生徒たちでした。今月29日に個人戦、来月2日に団体戦とか、是非がんばってもらいたいものです。

体育館を出ると、またまた、なんと、体育館前で女子バスケット部の生徒たちが、速いボールパスを一生懸命に練習していました。さすが、これには参加できませんが(参加すると指が骨折しそうな感じ)、聞くと1年生の女子も何人かが加入したとか。すばらしいことです。

1年生の皆さん! どんどん部活動に加入して、皆さんの高校生活の幅を広げてください。他の部活動も見学に行きますので、待っててください。

校長より。

2010年4月21日 (水)

本校PTA役員会、大阪府立高等学校国際関係科研究会を開催

本日の午後から、本校の川下昭彦PTA会長をはじめとして、平成21年度のPTA役員の皆さんが校長室に集まり、4月28日の実行委員会、PTA総会。5月7日の委員総会に向けた打ち合わせや、昨年度の事業報告を行いました。また、PTA会計の監査を阪口事務長の説明のもとで行い、「適正な処理」と、ご確認いただきました。このように、副会長の光山さんの進行で、てきぱきと議案処理が行われました。さらに、本校のPTA新聞が近畿地区高等学校PTA連合会から会長賞として表彰されます。すばらしいことです。役員の皆さん、ありがとうございました。

なお、4月28日は午後から授業公開、続いて3時10分から視聴覚室でPTA総会を行い、事業報告や決算報告、学校の現況説明、諸連絡を行う予定です。たくさんのPTAの皆さんに参加していただきたいと思います。

Pta1

また、府立高校の国際文化科と国際教養科のある9校(住吉、佐野、泉北、長野、花園、枚方、旭、千里、箕面)の学科長、国際部長さんらが集まって、本年度の9校の取組み等について議論を行いました。本校からは、国際文化科の科長である山中首席が出席しました。 校長より。

海外居住経験生徒の集いを行いました。

20日(火)の放課後、海外居住経験者の生徒集いを会議室で行いました。

本校には、たくさんの帰国・渡日生徒、留学生の皆さんが共に学んでいます。海外の国々には、それぞれの独自の文化や歴史があります。海外で暮らしていた経験を、生徒が自由に話をして、それぞれの文化や歴史を知り、お互いに仲良くしようという集いです。

今年はタイの国から、マプラーンさんが本校に1年間、留学していただいています。皆さんとともに、しっかり学習してもらいたいと思います。

Kaigi1

最初に山中首席が、リードして集いが始まりました。その後は、生徒が自由に語りあい、どんどんと仲間意識が広がり、あっと間に下校時間を過ぎてしまいました。

Kaigi2 ほんとうに、楽しい集いでした。 校長より。

2010年4月16日 (金)

今日は奨学金説明会、18日の日曜は健康診断。

今日の放課後、3年生を対象に日本学生支援機構の大学等の奨学金説明会を視聴覚教室で実施しました。この説明会に180人ほどの生徒が集まり、熱心に説明を聞いてくれました。

Shou1 説明会に集まった3年生たち

日本学生支援機構の奨学金制度は、国公立・私立大学等に通う学生の数人に一人が利用しているもので、現在最も利用されている貸与の奨学金制度です。大学等に入学後も奨学金の申し込みはできますが、大学ごとに採用枠があって借りれない場合が生じたり、奨学金の貸与時期が大きくずれることから、ほとんどの生徒は高校3年生の段階で予約申し込みをするものです。無利子の第一種は、評定3.5以上の資格条件がありますが、採用されるのは評定4.0以上で10人に一人だとも言われています。第二種は有利子ですが、採用される可能性が高いものです。いずれも、所得制限があります。

4月末までに校内手続きが必要で、河村先生に申し込み書類を提出してもらうことになっています。また、その他にもいろいろな奨学金の案内を随時校内で行っています。13日には朝鮮奨学金の説明会も実施しました。

Shou2 ていねいに説明して頂いた河村先生

さて、4月18日の日曜日は全生徒の健康診断日です。(代休は月曜)

集合時間は、女子が9時、男子が12時30分(男子は12時まで登校禁止)となっています。この健康診断の実施に向けて、前期保健委員の委員会が14日の放課後に行われました。各クラスの保健委員が、この健康診断のための前日準備や当日の役割について、養護教諭の土田・成田の両先生から説明を受けました。こちらでも、各委員の生徒は大変熱心に説明を聞いてくれました。会議での様子を見ると、本校の生徒たちは、改めてたいへん優秀だと実感しました。 

18日は遅刻生徒がいないことを望んでいます。校長より。

Hoken 保健委員会の様子

2010年4月14日 (水)

登校時の風景です。

本校の通用門横の道路を、毎日きれいに掃除をしていただいている黒瀬さんに校長から日々のお礼をお伝えいたしました。長い道路ですが、ほんとうにきれいにしていただいています。本校と関わりの多い黒瀬さんをはじめ、多くの先輩、OBの皆さん方から住高生はご支援を頂いています。生徒の皆さんには、このような多くの方のご支援について感謝の気持ちをもって、日々の学習に努力してもらいたいと思います。

Toukou1 住高生のみなさん、黒瀬さんに「ありがとう」の気持ちを伝えましょう。

通用門横には、本校の技職員さんが手入れしてくれたお花がきれいに咲いています。

Toukou2 春の花

また、正門(旧)横の桜も葉桜となり、散りはじめています。入学式に花を添えてくれた満開の桜も終わりに近づき、生徒たちは、学習と部活動の全開モードに入りました。  校長より

Toukou3 登校時の風景

2010年4月13日 (火)

今日から本格的に授業開始

始業式、着任式、離任式、自治会の歓迎会など、様々な年度はじめの学校行事も一段落しました。今日から授業モードに入ってます。

1年生は1時間目、2時間目(総合科学科だけ)に宿題考査を行った後、授業。教科の先生はどんな人、どんな授業と期待と興味にあふれた様子でした。

2、3年生は朝から授業。私も校内を数回まわりましたが、生徒たちは一生懸命、授業に取り組んでくれていました。

放課後、早速新一年が部活動に参加する姿も見られました。野球部には3名の1年生も加わってキャッチポール。テニスコートでは、これまでのコートのあった場所に同窓会館が建設されるために、コートの場所が移動しました。今日は、新しいテニスコート開きを、校長・事務長も加わって、硬式テニス部、ソフトテニス部、顧問の先生方と一緒にお祝いしました。  校長より

2010年4月12日 (月)

新入生歓迎会を午後から開催しました。

今日は午前中の授業後、午後から一年生全員が体育館に集まり、自治会(生徒会のこと)主催の新入生歓迎会を行いました。

Club1 1年生全員が集合

2年生、3年生から運動部や文化部の紹介と勧誘。その他にも本校の様々な合宿・海外研修・体育祭・学園祭・先輩の話・先生(本校OB)の話など、部活紹介の合間に楽しいトークも交えて2時間半の時間があっと間に過ぎてしまいました。

Club2 吹奏楽部の見事な演奏

Club3 KCSのすばらしい舞踊

Club4 ダンス部のエネルギッシュなパフォーマンス

最後に、今日の歓迎会を企画・運営してくれた自治会生徒の紹介で幕を閉じました。ほんとうに、よく頑張ってくれた生徒たちでした。さすがに住高生だと感じました。

Club5 自治会のみなさん

1年生の皆さん。運動部や文化部などに是非入部して欲しいと思います。高校時代の部活動体験はたいへん貴重なものです。部活動は高校生活に潤いをもたらすだけではありません。先輩や後輩とのつながりというのは、いついつまでも宝になるものです。是非、入部しましょう。  校長より

2010年4月 9日 (金)

今日は2、3年生は離任式。1年生はクラス写真撮影とオリエンテーション。

本年度、退職・転任された先生方の離任式を行いました。ご退職された先生は、中野前校長、数学の喜多先生。ご転任では、谷井教頭が四条畷高校、国語科の乾先生は花園高校へ、理科の中川先生は大和川高校へ、保健体育科の吉田先生は豊中高校へ、外国語科の渡部先生はかわち野高校へ、家庭科の越智先生は今宮工科高校へ、講師の西潟先生は金剛高校へそれぞれ異動されました。退職・転任の先生方には、これまで住吉高校でたいへんご尽力をいただき、厚くお礼申し上げます。

Rinin 離任式では、中野前校長、喜多先生、中川先生、越智先生にご挨拶をいただきました。

1年生は、午前中はクラス写真の撮影、エックス線・心臓検診を行いました。午後から、体育館に全員が集まってオリエンテーション。

Seitopic 満開の桜の前で緊張した面持ちの1年生クラス写真

冒頭、2年前に交通事故に遭い、1年以上にわたってリハビリテーションを行った結果、見事に復学した リ  チェグァン君の紹介を行いました。クラス・学年全体で、共に学び、共に育ち、楽しい高校生活を送ってもらいたいと思います。

Ri 学年の前で、自己紹介も行いました。よく頑張ったと思います。           校長より

2010年4月 8日 (木)

第65回入学式を行いました。

昼からも快晴で、温かい日差しの中、本校体育館で第65期生の入学式を行いました。

今年も、高い倍率の選抜に合格した国際文化科160名、総合科学科120名の合計280名の生徒が式に臨みました。また、ご多忙の中、府教育委員会ご代表の富田首席指導主事、本校の学校協議会の委員である大阪大学名誉教授の笠井先生、大阪教育大学名誉教授の山田先生をはじめとして、本校PTA、同窓会、後援会のご代表や、多数のPTA役員の皆様にご臨席をいただきました。

今日の午後は暖かく、入学式も粛々と行われました。式の前後には、桜の木の下や、入学式の立て看板を背景に、笑顔で記念写真を撮る姿が多く見られました。

さあ、新入生の諸君、今日から住高での新しい生活が始まります。しっかり勉強して、運動部や文化部の部活動にも是非参加しましょう。これから、充実した高校生活を過ごして下さい。期待しています。

Nyu1 入学式の看板前での写真風景

Nyu2 粛々とした入学式

Nyu3 ほぼ全員が推奨服の入学生

すばらしい入学式でした。  校長より

平成22年度の前期始業式を行いました。

桜が満開となった快晴の中、2年生と3年生を対象に本校体育館で前期始業式を行いました。

生徒たちは、久しぶりの登校でしたが、元気はつらつ。しっかり校長や先生方の話を聞いてくれました。さすが、住高生と感じました。

Shigou2

前期始業式 校長式辞

平成22年度 住吉高校 期始業式

 今年は例年より早く、桜前線が南から一気に日本列島を北上して、桜花爛漫の華やいだ季節を迎えています。本日から、平成22年度の前期を始めます。

 私は、昨年まで教育委員会で仕事していました。その前は、泉北にある堺西高校で校長をしていましたが、今日桜が満開の中、皆さん方のすがすがしい姿を見て、大変よろこんでいます。この住吉高校でも、皆さん方と一緒にいろいろな活動に参加し、住吉高校を盛り上げ、より発展できるようがんばりたいと思っています。

 さて、春には晴れていても、遠くがかすんで、曇った感じの日がありますね。皆さんもよく耳にする黄砂という自然現象ですね。これが発生する原因は何だったでしょうか。この黄砂は、地球温暖化などの影響で、中国大陸にあるゴビ砂漠やタクラマカン砂漠の砂が砂嵐で数千mの上空に舞い上がり、偏西風に乗って、日本の方へ運ばれてくるものです。日本ではそれほど気にならない黄砂も、発生源の中国では大きな問題で、中国では黄砂を「砂塵嵐」と呼でいるそうです。先日も北京が黄砂でほとんど視界がなくなった画像がインターネットに流れていました。中国では、ひとたび大きな砂塵嵐が吹き荒れると、昼間でも夜のようになり、飛行場は閉鎖され、陸上の交通機関も乱れるそうです。

困ったことに、最近は、黄砂が中国の工業地帯を通過する際にノックス(窒素酸化物)などの大気汚染物質もくっつけて運んで来るということもあって、花粉症と重なり体調を悪くする人も多くなっています。この黄砂は、地元の中国だけではなく、韓国・日本にとって大きな環境問題となっているのは、皆さんも聞いたことがあるでしょう。

 このような黄砂の増加をみごと予知した世界的に有名な2人の日本人研究者がいます。国立環境研究所の西川雅高さんと杉本伸夫さんです。十数年前から、この2人は中国やモンゴルにとどまって、日本の最先端の技術であるレーザービームを用いた測定法を開発して、国際的な黄砂の観測網を築くことに成功しました。現在も、黄砂への国際的な対策に大きな貢献をされているということです。世界中で、多くの日本人科学者が活躍しているというのは大変うれしいことではないでしょうか。

 そして、この2人の科学者がすばらしいのは、単に研究成果だけにはとどまりません。お二人は、「なぜ中国で研究するのですか。」という質問に「日本だけにとどまらず韓国や中国にも貢献できる仕事がしたかった。困っている人がいれば、人としてあたりまえのことです。」と述べておられます。グローバルな視点を持ち合わしているだけではなく、人間としてたいへん立派だと思いませんか。

 ここで、皆さんの立場でお話します。皆さんは、隣の友人のため、近所の人のために何かしよう思ったことがありますか。また、思ったことが実行できますか。人は、自分一人では生きていけません。学校では、みんなで協力して、共に学ぶ、共に生きるという姿勢が最も大切です。他人の思いがわからないというのは、恥ずべきことです。学校生活を一緒に楽しく、共に学ぶということを忘れず、元気に1学期を迎えてください。皆さんが、第二の西川博士・杉本博士になることを期待しています。

さて、うれしいことがあります。3年生の皆さんと一緒にこの住吉高校に入学した リ チェグアン君が、いよいよ復学します。彼は、自転車での登校途中に阪堺電車と衝突し、大きな怪我をしました。当時、診察したお医者さんから絶望とも言われた大きな怪我です。彼は、住高に戻りたいという一心で、長い時間をかけて必死にリハビリを繰り返し、現在では車椅子は使用しますが、学校での学ぶことができるまでに回復しました。2年生、3年生の皆さん、車椅子での高校生活はたいへん厳しいものがあります。皆さん方の理解と協力で、彼を支え、そして皆さん方も共に学び、共に生きるという人として最も大切な経験を積んでもらいたいと思います。

「困っている人がいれば、手伝うのが人として当たり前のことです。」という先ほどの西川・杉本博士の言葉を心に刻んでください。彼の住高における存在は、皆さん方が人として学ぶべき幅を広げてくれる、たいへんありがたい存在であると思います。

 最後に、3年生の諸君。いよいよ住吉高校での最後の年となりました。皆さん方の卒業後の進路に向けて、高い志をもって、精一杯の努力を期待しています。昔からのことわざに「艱難(かんなん)(なんじ)を玉にす」というのがあります。この艱難とは、苦労や困難であり、艱難に逃げず、克服することで、あなたは玉になる。つまり、りっぱな、すばらしい人になるという意味です。人にとっての苦労は、人を研き、鍛え上げるものであるということです。進路に向けて、精一杯努力することで、あなた方は玉になり、そして希望に満ちた進路がきっと築かれると確信しています。

 2年生のみなさん、これから住高の中核の学年として、学校行事、とりわけ5月に行われる体育祭に向けて、3年生と連携して本校を大いに盛り上げてください。また、部活動での中心として1年生をしっかり導いてほしいと思います。

今日から瞳を輝かせ、充実した高校生活を送ってください。期待しています。

 以上で前期始業式にあたっての言葉とします。        府立住吉高等学校長 紺野昇

2010年4月 7日 (水)

同窓会館の新築に向けた第一回定例会議が行われました。

今年の秋に完成予定の2階建て同窓会館(仮称 北畠会館)の新築に向けて、同窓会・学校・施工業者の第一回の定例会議が本校で行われ、工程の説明や設計者、施工者からの進捗状況等の報告がありました。

この同窓会館は、卒業生・保護者をはじめとする大勢の皆様方のご援助により建設されるものです。この会館は、同窓会の活動拠点となるほか、本校の様々な教育活動にも活用させていただけると聞いています。本校としては、たいへんうれしいことです。これにより、本校の教育活動の場が広がることが期待されます。

なお、建設場所は校内のテニスコートの中であり、テニス部の皆さん方には部活動の面でたいへんご苦労をおかけします。

写真は平成22年3月25日の地鎮祭の様子です。

Img_1261

2010年4月 5日 (月)

校内の桜も満開です。

現在、校内のあちらこちらにある桜は、ほぼ満開の状況です。今年は、例年より早く桜が咲きました。正門横の桜も、住高のごとく見事に咲き誇っています。

Sakura0405

朝から、校内ではスプリングコンサート(5月9日13時から大フィルハーモニーにて)に向けた吹奏楽部の熱心な練習が聞こえました。また、北グランドでは野球部がはつらつとした練習を行っていました。本校に勤務してまだ3日目ですが、部活動でも頑張っている住高生をたいへん頼もしく感じました。

もうすぐ、春休みも終わり、前期が始まります。全学年の生徒の元気な顔が見たいと思います。

2010年4月 2日 (金)

新1年生の合格者が登校しました。

今日は朝から雨でした。その中、1年生の合格者が元気に登校。自分の担任の先生と初顔合わせ、宿題の回収や物品の受け渡しをそれぞれの教室で行いました。やや緊張感が漂っていました。

入学式は今月8日の午後です。住高生として、三年間に大きく成長してもらいたいものです。

(今回、一年生には写真掲載についての許諾をまだ受けていませんので、顔にはぼかしを入れております。ご了承をお願いいたします。)

Img_9214tei 校長より

2010年4月 1日 (木)

平成22年4月より住吉高校の校長ブログがスタート

はじめまして。

大阪府立住吉高校の校長、紺野昇です。今年から90年近い伝統ある住吉高校に赴任しました。本校がますます発展し、府民のニーズに十分応えられるすばらしい学校に輝くよう、精一杯努力したいと存じます。どうぞ、よろしくお願いいたします。

このブログを通して、住吉高校に関する様々なニュースをお知らせしたいと思います。

よろしく、お願いいたします。

Pickon_5

トップページ | 2010年5月 »