« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

第66回卒業証書授与式(2)

板垣同窓会会長様の祝辞です。卒業生の皆さん!何度も言ってきましたが、住高を卒業することと、住高同窓会に入るということは、人生の大きな財産を手にしたことと同義です

Img_9372
自治会会長の送る言葉、自分の言葉で素直な気持ちで好感を持てました
Img_9382
答辞です。心から出る言葉は心に届く!まさにその通りでした。素直で気持ち優しい生徒さんの話に、壇上の私も涙が・・・・
Img_9418
「旅立ちの日に」頭の中は3年間の思い出が駆け巡っていたのでは?
Img_9426
会場のあちこちで涙ぐむ光景が
Img_9438
さー旅立ちです、夢と志、自信と誇りを持って世界にはばたけ!
Img_9507
最後の思い出の写真
P2280081
本当に素晴らしい卒業式を持つことができました。住高はいつも門を開いています。うれしいときも、悩んでる時も遠慮せずに来てください。なお校長の式辞は別途掲載しておりますので、よろしければお読みください

第66回卒業証書授与式(1)

第66回卒業証書授与式を挙行いたしました。昨日の雨はやみ、それほど寒くなく、佳い日になりました。人生の節目にふさわしく、凛として厳かに、3年間の思いが結実した式になりました。卒業生入場です
Img_9209

Img_9240
生徒歌です、演奏も卒業生が行いました。皆さん大きな声で誇らしく生徒歌を歌いました
Img_9270
証書の授与です。厳かに晴れ晴れしく
Img_9279
担任の呼名も気持ちがこもっています
Img_9333
教育委員会賞授与です。学年の先生方の推薦で選ばれました。頑張ってくれました
Img_9351
花束贈呈
Img_9363

2014年2月27日 (木)

小雨降る中

午後2時、小雨降る中、前期入学者選抜合格者発表を行いました

001_2

第一回合格者説明会は3月1日(土)午前10時ですのでよろしくお願いいたします


006_2

素晴らしい卒業式にしましょう!

明日は第66期生の卒業証書授与式です。今日は春の雨が降っていますが、明日は止みそうです。一人ひとり、名前を呼ばれたら元気よく返事してくださいね。卒業生の皆さん思い出に残る素晴らしい卒業式にしましょう!
001

今日の予行で明日の流れがわかったと思います
003
代表生徒さんの立居振舞について
006
立っているのは皆勤賞を受賞された生徒さんです。18名いました。立派です、良く頑張ってくれました
008

2014年2月26日 (水)

本を読みましょう!

本を寄贈していただきました。堺屋太一事務所様からご覧のように10冊いただきました。住高に勤務する前から住吉高校第6期生の堺屋氏の本は何冊か読ませていただきました。私が教師になったきっかけの一つに、堺屋氏が企画された大阪万博があります。中三だった私は、外国の人と話したくて、何回か万博に行きました。今堺屋氏が卒業された学校で勤務させていただき、嬉しい限りです。ブログでも紹介させていただいたように、住高の同窓生には本を書かれている方がたくさんいらっしゃいます。社会で大活躍されている方がキラ星のようにいらっしゃいます。この本は図書館の堺屋文庫におかせていただきます。どうもありがとうございました
011

014
今日で学年末考査が終了します。生徒のみなさんお疲れ様でした。勉強はテストのためだけにするものではありません。少し時間に余裕ができると思います。苦手なところを補ったり、得意なところを伸ばしたり十分に勉強しましょう!クラブも存分に!そしてゆっくり本を読むことも大切です!

2014年2月25日 (火)

心が和みます

生徒さんがも出ってくるのを迎えるように、花を飾っていもらいました。春らしく軽やかな彩です。樹や花のある学校は心が和みます

006

009

010

最後まで頑張りましょう

6日ぶりに生徒さんが戻ってきました。学年末考査4日目です。久しぶりに会ったので、考査が始まる前は、いつもより少しにぎやか?でした
002
しかし考査が開始されるとご覧のとおり。最後まで頑張りましょう!
004

2014年2月24日 (月)

万全の準備を!

会議室では全教員が選抜事務に集中しています。本日まで校舎内体入り禁止です。生徒さんのいない学校はしーんとしています。明日から学年末考査が再開されます。生徒の皆さん、万全の準備をお願いします。

003

2014年2月21日 (金)

春の近づき

寒い日が続きます。しかし私には冷い空気の中の柔らかさに春の到来を感じます。本日も選抜作業が続きます。作業開始前、再度慎重に行うように指示をしました。

校内にある3本の白梅は7分咲きといったところです。玄関前は白と赤と緑のコントラストがきれいです
002

009

011
私は紅梅だと思っていましたが、ボケという樹だそうです。赤いつぼみが春到来を待ちかねているようです
007
桜はつぼみがまだまだ固いです。新入生を迎えるころは満開の花をつけてくれるでしょう
004

2014年2月20日 (木)

無事終了いたしました

前期入学者選抜が無事終了し、採点作業に入っております。受験生のみなさま、本当にお疲れ様でした。採点にはミスの無いよう細心の注意を払い行います。本日は、受験生の皆様の写真は使うことができませんので、文章だけとさせていただきます。合格者発表は27日(木)14:00となっております。よろしくお願いいたします。

2014年2月19日 (水)

全力を出し切ってください

明日は前期入学者選抜です。選抜委員全員で受検会場の最終点検に向かいます
001
机の中も念のため
002
黒板も塗り替えたかのようにピカピカ
003

004
受験生の皆さん、万全の体調で全力を出し切ってください

2014年2月18日 (火)

住吉高校SSH国際科学発表会(3)・午後の部

再び田中記念館に戻り、午後の部が始まります。午後の部では姉妹校の中山女子やチョンダム高校の生徒さんや、園芸高校、生野高校やその他の多くの高校生が参加してくれました。それにこの会はオフィシャル・ランゲッジが英語です!!!発表自体がすごいことなのに、質問も回答も英語!!これはもう高校生の域を超えています
当然開会のあいさつも英語!私も住高に来て英語を使う機会が増えました!さび付いていた英語を思い出し・・・
Img_9049
住高からは、2本の発表がありました。まず、「Acid and Alkalis」です
Img_9068
総合科学科の生徒さんが、なんと流ちょうに・・・すごい!
Img_9071
「Survival Strategy of the Brassicaceae Plants」「アブラナ科植物の生存戦略」先輩から受け継ぎ、調査研究を深化させています。専門の先生方も驚愕されるくらいの発表でした。もっと頑張って、アメリカの科学研究誌に投稿すればどうですか!との言葉をいただきました
Img_9106
皆さん!投稿しては!!
Img_9110
さ~質問です!
Img_9091

Img_9112

Img_9121

Img_9134

司会および同時通訳をしてくれた生徒さん達です。皆さんも、本当にすごい!高校生?感心します。特に同時通訳は、聞いた言葉を即座に翻訳し、きれいな文章に直し、タイプアウトし、スクリーンに映し出します。離れ業です。プロ級です。
Img_9173
生徒の皆さん、朝からお疲れ様でした。皆さんの頑張りは後輩に受け継がれ、住高の伝統になっていくでしょう。後輩の皆さんは、先輩の財産をますます大きく輝かしいものにしていってください。最後になりましたが、ご臨席いただきました来賓の方々に御礼申し上げるとともに、日頃の指導から、会場設定までお世話いただいた、市大の佐藤先生をはじめ市大の方々にも御礼申し上げます。本当にありがとうございました

住吉高校SSH国際科学発表会(2)・ポスター発表の部

午前の部と午後の部の間に、田中記念会館隣の高原記念館で、ポスター発表会がありました。総合科学科2年生全員が調査研究をポスターにして発表しました。

Img_8939
学校協議委員などで大変お世話になっている奥山先生に、研究成果を説明しています。
Img_8945
同じく笠井先生に説明です。両先生方には一方ならぬご支援をしていただいております。ありがとうございます
Img_9010
熱心に発表についてのレポートを書きます。
Img_8958
私も、「チョコレートについて」の説明を聞かせてもらいました。
Img_8956
チョンダム高校、中山女子の生徒さんたちも作品を出し、発表してくれました。
Img_9001

住吉高校SSH国際科学発表会(1)・午前の部

2月7日(金)住吉高校SSH国際科学発表会が開催されました。今、開催から10日過ぎていますが、いろいろあわただしい中、あっという間に過ぎてしまいました。
今年の国際科学会議は、3部構成とし、大阪市立大学田中記念館で行われました。まずは、午前の部の紹介をします。昨年は学校内で行っていた口頭発表です。
Img_8842
私は、この発表を3回聞きました。そのたび洗練され深化しています。
Img_8850
調査研究をしっかり行い、自信を持ち堂々と発表していました。大拍手です!!
Img_8864
田中記念会館内です。発表会に臨んでいるという臨場感が漂います
Img_8878
「自作パックテストで川の水質を調べよう」、「Bread made of rice」、「風力発電」の3本の発表がありました
Img_8875
出ます、出ます、住高名物、「質問、質問!」です
Img_8889

Img_8910

2014年2月17日 (月)

生田先生・郷田先生に続け!

14日(金)総合科学科2年生は、講演会を持ちました。講師はまたまた住高の大先輩、31期生の郷田 直輝先生です。国立天文台 JASMINE検討室室長・東京大学大学院教授等の重責を担っておられ、天文学について最先端の研究をされています。先生も強烈な住高LOVEの方で、後輩に頑張ってほしい!との思いで講演を依頼しました
Dsc_7653

JASMINE計画とは赤外線位置天文観測衛星を打ち上げ、文字通り、衛星から赤外線を用いて、宇宙のさまざまな星の位置を計測する計画です。国の大プロジェクトで郷田先生はその統括をされています。
Dsc_7678
質問です!私にはかなり本格的な質問に聞こえました
Dsc_7684
わからない点や疑問に思った点は質問です!質問できるということは、良く話を聞いていた証拠です
Dsc_7689
優しく丁寧にお答え願いました
Dsc_7694
郷田先生もたくさん本を出されています。生田先生の本と同じく図書館においておきます。生田・郷田先生に続いて世界で活躍する住高生がたくさん出てきてほしいものです
002

003

一年の締めくくり

先週末の雪もなくなり(予報では19日も雪だそうです)春の日差しを感じながら、一週間のスタートです。今日から1・2年生は学年末考査が始まります。

1-7 始まる寸前までノートを見たり・・・
005

当然のことですが床もきれいに
006

始まりました、一年の締めくくり!がんばれ、住高生!
007

2014年2月14日 (金)

使ってこそ、言葉

授業見学も最終になりました。校長職も7年が過ぎようとしてます。今年ほど授業見学の時間を見つけるのに苦労したことはありません。住高でのペースもわかってきたので、来年は、早め早めに授業見学をしたいと思います。
さて、2-6・7の韓国朝鮮語Ⅰの授業です。ほとんど、オールハングルで行われていました。言葉は使ってこそ価値があるものです。その言語で授業することが一番望ましいです。生徒さんたちも、笑顔で笑いが絶えることなく、楽しい授業でした
070
今年ハングルを始めた生徒さん達が堂々と話しています。驚きでした
073

082
グループで発表です
085
たまたま校長室に戻ると、歓声が聞こえてきました。今見学したクラスの生徒さんたちが、中庭で写真を撮っていました
090

雪化粧

朝から雪です。今日は今年度最後の授業日です。朝から今年退職される先生と、最後の授業だと思うと、感慨深いものがある・・・こんな話をしていました。それに、この雪、一層忘れられない日になるでしょう。また今日から出願が始まります。受験生の皆さんにとっては交通の便など心配になります。十分気を付けてください。

とても寒い朝ですが、元気に登校
053
雪化粧の住高です。この後ますます雪が降り積もりました
057

059
京都のどこかのお寺のような雰囲気です
060
グランドも一面の雪です
063

2014年2月13日 (木)

大先輩の熱い力強い応援

昨日台湾から帰り、今日は午前中出張で、このブログを作ってまた、委員会に出かけます。ジェットコースターに乗ってる気分です。さて、10日(月)総合科学科1年は、東京大学教授生田 幸士先生の講演を聞きました。私は大変残念ながら聞くことができませんでした。教頭の話によると、講演自体も面白く興味がわくものだったそうですが、教授という前に、住高の先輩として、在校生に対し湧き上がる熱い気持ちを伝えていただいたそうです
Dsc_7483
マイクロマシーンの世界的権威でいらっしゃいます。その講演を聞かせていただいただけでも幸せです
Dsc_7525
質問が次々と
Dsc_7542
親切丁寧にお答えいただいたそうです
Dsc_7548
講演の後、校長室で何人も生徒さんが質問をしたそうです。6時ころまで時間を取っていただきました。生田先生、本当にありがとうございました、今後も熱い力強い応援をお願いいたします

2014年2月12日 (水)

第12回 話してみよう韓国語大阪大会 最優秀賞!

 2月8日(土)駐大阪韓国文化院にて、「話してみよう韓国語」大会が開催されました。住吉高校からは、中高生スキット部門に2組が参加。
Dsc02813

そのうちの1組(佐藤友美、佐藤友香)が、発音、総合表現力、暗唱の採点基準での審査をクリアし、見事に最優秀賞を獲得。3月8日東京で行われる「クムホアシアナ全国大会」へ出場することとなりました。
20140208_142216

住高生の活躍は幅広く、この間だけでも入口の掲示板を埋め尽くしています。
Dsc02812

もうすぐ学年末考査。たくさんすることがあって大変だけど、頑張れ住高生!

(文責: 岡本 )

2014年2月11日 (火)

ところが・・・え・・・!!! 台湾2014観光節慶祝大会

今回私が台湾に来た目的は、台湾交通部観光局主催の2014観光節慶祝大会に出席するためです。今台湾は総力を挙げ観光産業に取り組んでいるそうです。それに関係のあった団体・個人を世界中から招待し、より一層観光を発展させるために行われました。住吉高校は台湾へのスタディーツアを開拓し、長年にわたり交流を深めたということで貢献賞をいただきました。日本の高校関係では初めてのことだそうです。関係者のおひとりの方から「住吉高校は台湾では大変有名です」とのお言葉をいただき恐縮しました。私としては、そのような表彰より、一人でも多く知人を作り、今後の住高の活動を円滑に進めることができたらな、くらいの気持ちで参加しました。ところが・・・
001
ところがご覧のように会場は、圓山大飯店という世界10大ホテルに数えられる素晴らしいホテルの立派な会場で行われました
004
右の方は、台湾観光協会大阪事務所の林 俊慧所長です。
003
見えにくい写真ですが、どなたかお判りでしょうか?台湾の馬総統です。え・・・!!!そんな立派な権威ある大会?これはまさしく国家行事です、びっくりです!
013
16組のグループに分かれ表彰ですが、住高はその第二グループで表彰です。左端が私です
046
こんなに立派なトロフィーも頂きました。それに私の目的も、とてもたくさんの方とお知り合いになることができ、今後の住高の台湾との交流に活用できそうです。今回のように丁重に接していただいた経験は初めてでした。住高の存在の大きさを再確認する日でした
044
本当にたくさんの方々にお世話になり、ありがとうございました

2014年2月10日 (月)

古くからの友のように

見渡す限りの平原を覆う、真綿のような新雪に似た雲の上を飛んでやってきました。下の写真は中山女子高級中学校です。

063

突然お邪魔しましたが、心から歓迎してくれました。楊校長先生です。古くから付き合いがあるかのようでした。この1月に住高に来ていただいた先生も含めて、ほんのしばらくの時間でしたが楽しい時間を過ごしました。
064
今回台湾にやってきたのは、住高の長年にわたる台湾交流に対し、台湾観光協会(台湾政府のセクション)から台湾観光に貢献したとのことで、感謝状をいただくことになりました。あすそのセレモニーに出席します。今後とも台湾とはおつきあいしていくので、少しでもネットワークが広がればと思い出席させていただきます。

皆さんも、ぜひとも読んでください

本日総合科学科1年7限目、本校24期生東京大学教授の生田 幸士先生の講演があります。先生は医用マイクロマシン・ロボットの世界的権威の方です。一度お話しする機会がありました。温かく気さくでエネルギッシュな方でした。もちろん住高LOVEの方でした。

先生が書かれた本を用意しました。私も他の住高の先生方も読ませていただきました。「発想の転換!」皆さんもぜひとも読んでください。図書館に置いておきます
002

007
私も生田先生のお話を聞きたいのですが、またこれから仕事で出かけなければなりません。とっても残念です

2014年2月 7日 (金)

感心しました

1・2年総合科学科は大阪市立大学の田中記念館で国際科学会議を開きました。今日は私は生徒さんやチョンダム高校や中山女子の皆さんの行うプレゼンを聞くことに集中し、いつものように写真を多く撮れませんでした。担当が写真を撮っていますので後日お知らせします。
061
英語の教師の視点からみて、高校生の英語力がここまで伸びたか!感心しました、というのが実感です

2014年2月 6日 (木)

明日は国際科学会議です

1・2年は通常の7時間授業。放課後は校内では受験志願者受付・入力事務の説明会、国際科学会議関係では、関空でチョンダムや中山からのゲストの出迎え、市大田中記念館では明日の会議に向けての会場設営。私はユネスコの世界大会に向けて、府大の先生や他校の校長との打ち合わせ、それに夜はゲストとの夕食会・・・・いそがしい住高でも特にいそがしい一日なります。職員の朝の連絡会にも緊張が走ります。

002
明日の国際科学会議については、学校発信文書に載せてありますので、時間が許せばお越しください。

2014年2月 5日 (水)

知識を関連付ける

2限目2-1異文化 普段はLLやCALLで行う授業ですが、そちらの分は終了し、珍しく教室での授業になりました。クイズ形式を取りながらも、試験に向けてのポイントなど、楽しく学んでいました。答えは与えらるのではない!自分で書くことが大切なのだ!生徒の皆さん、その態度が重要です
010

3限目化学1-3学習量はかなりのものでした。しかし実験を通し、目で確かめていました
015
また、黒板に張っているものは胃薬やベーキングパウダーや入浴剤です。身近にあるものを通し化学を理解!知識はいろいろな物や事が関連すると定着しやすいものです

018_2

4限目1-3・4体育 持久走が終わり、残りの時間ドッジボールをしました。さすがに寒く長袖・長ズボンでした。途中雪が降ってきました。写真でお分かり願えるでしょうか?
035
メキシコからやって来ている留学生には、生まれて初めての雪だったようで、大喜びしていました

夢は掴み取るものです

昨日5日(火)次年度の北畠講習の説明会がありました。視聴覚教室にはご覧のようにたくさんの保護者・生徒さんが参加してくれました

003
しっかりと自分の目標を持ち、最後まで夢に向かって努力してくれることを強く望んでいます
007

夢は掴み取るものです!がんばれ!
008

2014年2月 4日 (火)

使うことを前提に

私見ですが、私たちの住む社会では、なにか流れができるとそれが加速し激流となり、後から振り返ってみると、あれで良かったのかな?と感じることがあるように思います。「使える英語」は今激流になっています。それ自体には、私は大賛成です。しかしその中で、例えば「文法」などは無用の長物だと考える人もいます。私は、日本で英語を学習する際、文法は大切だと思っています。そしてこの授業もオール・イングリッシュで行うべきだと考える人もいますが、私は賛同しかねます。
3限目1-7英語G
016
基礎をしっかり身につけ、どんどん使っていく。車の両輪のように。間違ってもよいから使っていく。その過程で修正するべきは修正するという意識があれば良いと思っています。前置きが長くなりましたが、基礎的な事柄をきっちり整理してパターン化し、使うことを前提にした授業でした

春を待ちかねて

今日は立春、朝日はより高くより北に寄り、キラキラとしていました。朝はさほど寒くはありませんでしたが、昼ごろから冬に逆戻り!

010

正門から入ってくると、ほのかに優しい香りが漂ってきます。以前お知らせした蝋梅の香りだそうです。下の写真は玄関築山にあるマンサクの花です。色は蝋梅の花に似て品のある薄い黄色です
014
マンサクの近くには、白梅があります。ちらほらとかわいい花が咲き始めました
017
中庭あたりには紅梅があります。こちらはまだまだつぼみが固く、春を待ちかねているようです
018

2014年2月 3日 (月)

人権文化発表交流会報告

2月1日(土)12時より、平成25年度人権文化発表交流会が大阪府教育センターで開催されました。大ホールで行われた舞台発表にはKCS(Korean Culture Studies)とユネスコの3名が参加しました。KCSはサムルノリ(鉦や太鼓を使った農楽)を披露し、その見事な演奏に会場からは盛大な拍手が送られていました。
ユネスコは府立佐野高校の7名とともに、去る11月に堺市で行われた「8か国ESD高校生フォーラム」について発表しました。

KCSの発表です。
Rp1110444

ユネスコの発表です。
Rp1110462

展示ホールに展示された高校生フォーラムの時の様子と、その時採択された「堺宣言」です。
P1070006

P1070001

2014年11月には世界33か国から高校生が来日し、岡山で世界大会が開かれる予定です。大阪ユネスコスクールネットワークはその運営にも深くかかわっており、今年もまた生徒たちの活躍が期待されます。

(文責 山中)

「使える英語プロジェクト」総決算

寒くないとても穏やかな朝で一日が始まりました。校長室の隣に自習室があります。いつもでしたら私が学校につく時刻(7:20ころ)には、電灯がつき自習する人がいました。今朝は電気がついていませんでした。朝の挨拶も、「おはようございます」の回数が少なくなりました。3年生が登校するのは27日の卒業式予行です。寂しい気分です

1日(土)南港の府庁・咲洲ホールでこの三年間、大阪府教育委員会が進めてきた「使える英語プロジェクト」の総決算として、THE STUDENT PRESENTATIONS 2014が開催されました。参加したすべての学校の生徒さんの英語運用能力が格段に向上していました。びっくりしました。また、英語をコミュニケーションのツールとして使おうとする態度・姿勢が明らかに見て取れました。三年間にわたって行われたこのプロジェクトは英語を話す生徒の層を拡大したのは明らかであると確信しています

住高はG3グループで登場し素晴らしいプレゼンと質疑応答を行いました。日頃の成果を十二分に発揮しました
総合の司会を務める住高生
021
What's Happening in Two Countries? 台風30号によるフィリピンでの問題と東日本大震災で生じた問題を比較し、調べたことを発表しました
028

029
皆さん堂々と落ち着いていました。さすが住高生です!
032
ジャッジの先生から次のような講評がありました。英語をコミュニケーションのツールとし使うとき、自分が発信するという立場だけでなく、受け手に理解してもらうことが大切である。ポーズ、カンマ、ピリオドの意味を十分理解してこそ、真のコミュニケーションが成立する。
すなわち、英語運用能力は十分な域に達している。それを使いいかに真のコミュニケーションを成立させるかが重要になってくる。というものでした。次へのステップです。今後住高生を含め、生徒の皆さんの大活躍が期待されています

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »