« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月27日 (金)

「圓融無礙」

「二月は逃げる」の言葉通り、三月を迎えようとしています。時は待ってくれない、いつも感じることです。

さて、玄関近くの、築山(住高日本庭園:60周年記念誌による)には、住高の伝統を物語る「碑」があります。「住高生徒歌」です。本校では校歌と呼ばず、「生徒歌」と呼びます。ここにも「自主・自律」へ強い精神を感じ取れます。

001

003
ご覧のように59期生の寄贈によります。「青木 一郎筆」とあります。
004
昨日校長室の様子をお知らせしました。大きな「書」も紹介しました。すると書道教諭を経て現在、他校で校長をされている方から、以下のメールをいただきました。

いつも校長ブログを楽しみよませてもらってます。貴校の校長室にある書作品は、貴校で長らく書道担当教諭として居られた、青木大寧(たいねい)という先生の作品です。今は、定年退職されて、郷里の岡山に在住です。作品に書かれている言葉は、「圓融」の二文字で、「圓融無礙(えんゆうむげ)」(完全に融け合っていて、いかなるさまたげもないこと)という佛語から録られた言葉です。青木先生は同じ大学の大先輩であり、同じ社中の先輩でももあるのです。因みに、中庭にある校歌の碑も青木先生の書です。

東百舌鳥高校 校長牧野浩二様から頂いたメールです。どうもありがとうございました。

2015年2月26日 (木)

「マルチタレント集団」を物語る

朝からの雨です。以前のように冷たい雨ではなく、一歩一歩春に近づいているように感じます。今日も選抜事務が、静かに着実に進行しております。

私も珍しく朝からずっと校長室で事務的な仕事をしていました。ほとんど校長室を出なかったので・・・

校長室の中に飾られているものを紹介します。歴代校長方の写真と、チョンダム高校から頂いた品や、下右二つは、現在イギリスで勉強中のOBが寄贈してくれたものです。
001
この絵も、日本的に有名なOBが寄贈してくれました。
002
確認できなかったので、なんと書いてあるのか?誰から頂いたものかわかりません。調べておきます。
004
いただいたものを飾るスペースがありません。机上の右の色紙は、このような場所に置くのは失礼だと十分わかっているのですが・・・ちなみに、下村脩先生と、堺屋太一様から頂いた色紙です。
006
先日中山女子が見えられて時、持ってきていただいたものです。
007
これも日本的に有名なOBの作品です。校長室も住吉高校が、「マルチタレント集団」であることを物語っています。
009

2015年2月25日 (水)

業務進行中です

寒い日や暖かい日が交代で来るように感じられるこの頃ですが、木々は着実に春の訪れを表しています。




梅の花もずいぶん咲きました。




木瓜(ボケ)の花です。つぼみが膨らんできました。



校舎内では、選抜業務が進行中です。さらに、学年末の成績処理、卒業式の準備、SSHの年次報告書作成、英語合宿の準備など、業務は続きます。
選抜業務中は生徒も登校禁止です。業者さんも卒業生さんも来校に関してはご不便をかけますが、ご理解下さい。(文責 教頭)

2015年2月24日 (火)

慎重に・慎重に・・・!

まだ寒さは続きますが、日差しは春めいた柔らかさを日ごとにましていくように感じられます。本格的に採点が始まりました。慎重に、慎重に。

1月14日に読書のすすめ(31)を書きました。吉田松陰の「留魂録」を始め、明治前後の偉人に関する本を9冊紹介しました。その中で、今9冊目の「桂太郎」を読んでいます。新書版に内容の濃い読み応えのある本が多く、一日や二日では読み終えることができません。それでも今年になって、5日に一冊のペースで読んでいます。
003
「桂太郎」をご存知でしょうか?私にはなじみの薄い人で、NHKの「坂の上の雲」に少し出てきてたな~くらいです。数年前、山口県萩をドライブした時、彼の実家を見学に行きました。純和風の広々と、ゆったりした家だったことを覚えています。実物や現地を見て、読書で情報を得て、頭の中は「何次元にも広がります」
ちなみに彼は日本歴代首相の中で、在任期間が一番長かった人で、日露戦争時の首相でもありました。

2015年2月23日 (月)

無事終了しました

前期入学者選抜が行われました。雨も降らず、寒くもなくほっとしています。定刻には全員集合が完了して、無事終了いたしました。受験生のみなさんお疲れ様でした!
受験生の皆さんはまだ本校生ではありませんので、写真を撮ることを差し控えました。

14:30、私のほうから、「採点途中ミスは起こり得るもの、しかし、最終的には、絶対ミスを出さないように」指示しました。

職員の皆さん、皆さんの採点が生徒さんの将来を変えてしまう事が起こりえます。絶対そうならないようにお願いします。

2015年2月20日 (金)

学力検査に備えて

1、2年生の学年末考査が終わりました。在校生の皆さん、力を発揮できたでしょうか。さて、今度は中学生の皆さんの番です。23日の学力検査の準備です。念入りに掃除し、掲示物を設置し、志願者の皆さんが力を発揮できるように、慎重に打ち合わせをしています。(文責 教頭)

2015年2月19日 (木)

気持ちを込めて丁寧に

朝家を出るとき、旭が出ていなくて、暗いということは無くなりました。一時と比べ、太陽は空の高い位置に移動しています。日差しも昨日にまして、今日はポカポカ温かさを感じます。ただ気温はまだまだ低くて寒いです。

今年も1年生、美術選択者のティーポットの作品が展示されています。私の感じでは昨年よりカラフルでユニークな作品が多いように感じれます。
006
この列はオーソドックスな感じのものが多いです。
007
例により、マイベスト3の紹介です。共通しているのは、かわいくて、色使いもセンスがありそう!それにバランスが取れて、気持ちを込めて丁寧に作られています。
003
作る楽しさを通し、美的感覚を育てる・・・
004
特に、「これ!」といって具体的に芸術関係に対し何かをしているわけではありませんが、心ではいつも応援しています。「感動!」を体験する素晴らしい機会です。
005

2015年2月18日 (水)

大切な姿勢

旭の輝きには少し温かさが感じられますが、風が強く冷たい凛とした空気の朝です。
先週14日(土)「第13回 話してみよう 韓国語 大阪大会」が開催されました。本校からも3グループが参加しました。

042
頑張って奨励賞を受賞しました。国際的な政治情勢で国と国との関係はその時々で変化することがあります。しかし、お互いを理解する事、気持ちを尊重できること!特に若者がそのような姿勢で居ることはとても大切です。
Screenshot_201502161001511

Screenshot_201502160945451
賞状も頂きました。
040

041

2015年2月17日 (火)

梅の花が咲きだしました

学年末考査2日目です。考査は滞りなく進んでいます。

2-1の様子。黒板や教壇が大変きれいです!
002

004
昨日の春の近づきを感じる陽気に誘われ、梅の花が一つ咲きだしました。今日はご覧のように、いくつも咲き始めました。特に、北海道東部は豪雪で被害が出ているようです。お見舞い申し上げます。日本全国に春が来るといいですね!
006

009

2015年2月16日 (月)

Stanford University からGary Mukai さん来校

SPICE(Stanford Program on International and Cross-Cultural Education)のGaryさんが、阪大名誉教授久保井先生(本校卒業生)とともに住吉高校を訪問してくださいました。

Dsc00905

直接的には、来年度から日本の優秀な高校生にStanfordからの講義を5か月間受講してもらい、日本と米国との相互交流を一層図ろうという企画(Stanford University Scholars Program for Japanese High School Students)のご案内をいただきました。

住吉高校の生徒のみなさんこそ、こんな願ってもない機会に、積極的にチャレンジして見聞を大いに広めてほしいと思いました。

(文責: 岡本 )

学年末考査始まる

今日から学年末考査が始まります。一年の締めくくりです。いつも言うように、悔いの無いよう頑張ってください。

様子は1-7です。
023
始まるといつもと同じように真剣そのもの。
024
今日はまた、志願書受付の初日です。1年生のみなさん、あの日から1年が経ちました。はやいですね~!

2015年2月14日 (土)

これはDNA!?

第2回北畠サロン文化教室が開催されました。講師は日本弁理士会の副会長もされ、日本を代表する弁理士の小谷悦司(住高9期)様です。
045

このような講師の方から直接お話を聞ける機会はめったにありません。さすが住高といった感じです。
049

特許や知的財産権に関するお話でした。教師を長くしているとあまり縁のない話題ですが、法体系の骨格がはっきりわかりました。
051

質問される方が後を絶えません!次から次と質問が出てきます。ここで強く感じました。これはDNA!?住高生は講演会や発表会で次から次と質問します。「知への欲求」これはまさしくDNAです!
052

講演の後、おしゃれなプチケーキで懇親を深めます。とても上品なケーキでした!
053

懇親を深めるOB/OGの皆様。
055
第3回は6月20日(土)「日本の航空産業の未来は・・MRの実像」という題で日本をこれまた代表する航空機産業のトップ、清田守男様です。特に総科のみなさん、めったにこんな機会はありません!参加してみて下さい!

2015年2月13日 (金)

いよいよ学年末考査、そして出願

時折り雪が降る中、今年度の授業が終わりました。


1、2年生は学年末考査に向けて、大掃除です。


椅子や机を廊下に出します。


教室をモップで水拭きします。


階段も念入りに。


モップを持っていてもボーズ。
一方、教員は月曜日からの受付に備えて整備です。
住高のみなさん、志願者のみなさん、寒いですが、実力を出せるように体調を整えて下さいね。(文責 教頭)

私が住高で一番したいこと!

昨夜、「ちんでん」の駅で、イヤホンを使いスマホ(?)か何かで指を動かして、画面を見ている生徒さんが居ました。
 「ゲームでもしているの?」と声をかけました。すると、「違います、イスラムについて調べています!」という予想もしない返事が帰ってきました。
 その生徒さんは、アメリカからの帰国生で、「アメリカでも(では?)イスラム教と言えば、何か違和感を持って受け止められています。そのこと自体おかしいと思うし、世界で16億人もの信者がいるのに、きっと素晴らしい何かがあるんじゃないかと思います・・・」

 ISIL・ISIS(仮称イスラム国)の影響で、「イスラム」という響きが「危険なもの」という空気が私たちの間にも漂っています。確かにISILは私にも常軌を逸した集団に思えます。

しかし、だからと言って「イスラム」が危険なわけでは決してありません。

私は大阪外国語大学でアラビア語を専攻しました。(35年も前のことで、今は全く使えません!もったないことをしたな~!と残念です)それでアラビア語やイスラム関係の本を少しですが、今も持っています。

「アラビア語はわからないけど、英語の対訳のコーランを持っているから、持ってこようか?」と上記の生徒さんに言うと。

「はい!ぜひとも読んでみたいです!」と言うことで、下の本を持ってきました。ページの左が英語、右がアラビア語です。私も昔は読んだものですが・・・
001

002
「物事は知ることから始まる!」私の信条です。「知への欲求」が大切です。それには心を動かすこと、感動!することです。

私が、住高で一番したいことは「感動!」でき、強烈な「知への欲求」を持つ生徒さんを育てたいことです!

自分のものにしてください!

今日も寒い日が続きます。三寒四温には少し早いのかもしれませんが、今が寒さの底なのでしょうか?

さて今年度も授業最終日になりました。時間を見つけては見学しました。それでも足りません、今年は教頭にも授業見学をしてもらい、共同で行いました。

2-6・7地学です。私は住高に来て、国立天文台の住高OBの郷田先生の話を聞いて、宇宙に強い関心を持ちました。何冊か関する本を読みました。そのおかげで、今日の授業はよくわかりました。生徒の皆さん!何事も受け取るだけでなく、「自分から取りに行く」ことが大切!
003
「なるほど、そうなるよね!」わかる授業で、生徒さんたちは、今わかっている状態だと思います。それをぜひとも自分のものにしてください!
006
今日もまたこれから出かけます。午後に大切な会議がありますが、そのほかに3件の用事がます。今日も、気がつけば「夜!」になるのかな~?

2015年2月12日 (木)

SET来校

大阪府教育委員会は、「骨太の英語事業」に取り組んでいます。その中で、TOEFLをカリキュラムの中に組み込むことが、27年度より開始されます。すでに住高では類似の授業は展開されていますが、より高度な授業が求められています。


それで、SET(スーパー・イングリッシュ・ティーチャー)が次年度より、TOEFL対策授業を行う学校に配置されます。
今日は、教育長、委員会事務局参事、教育センター部長と3人のSETが住高にこられました。
022

024
SETにとっては研修、住高生にとっては、素晴らしい機会・・・
025
2-6は元気で明るいクラス。のびのび楽しく学習していました。それに生徒の皆さんの英語力はかなりのレベルに達しています。
027
教育長も参加されました。
033
本校教師も熱心に見学します。
029
次は1-7 少人数展開で少し緊張気味!1年生もがんばってくれました。しかし2年生の語学力と比べるのも変なことですが、2年生の語学力は本当に賞賛すべきものでした。住高で過ごす1年間でこんなに成長するんだ!と実感しました。
037

042
皆さんも必ず英語力は伸びます。私は確信しています。がんばってください!
044

046

2015年2月10日 (火)

ビデオで学習


午前中2時間授業見学をしました。家庭と音楽です。両方ともビデオを見ての学習でした。
家庭 「声優」のビデオ「キャリア」についての学習です。プロの厳しさと、自分の希望を追い求めることの大切さを学びます。生徒さんたちは自分とビデオの主人公と重なるところがあるのか、真剣に見ていました。
012


013

音楽 本校は国際交流を盛んに行っています。日本文化について学び、外国の人に伝える。大阪が生んだ文化、「文楽」についての学習でした。
023


024


028
午後は今宮工科高等学校で、地区校長会です。いそがいいそがし・・・・

大阪工業大学との連携

2月7日(土)大阪工業大学との連携を深めるために、教員4名、生徒5名が大宮キャンパスを訪問しました。
Dsc00748
想像以上に大きくて立派な建物
Dsc00867_3
副学長さまはじめ多く教授の方々に歓迎していただきました。
Dsc00757
連携の可能性を探ることもあり、「機械工学科」
Dsc00775
「電気電子システム工学科」
Dsc00783
「ナノ材料マイクロデバイス研究センター」
Dsc00798
「モノラボ」「インキュベータ・ラボ」
Dsc00810
「環境工学科」「植物工場」
Dsc00840
「空間デザイン学科」
Dsc00846
「ロボティクス&デザインセンター」など、密度濃く見学させていただくとともに、多くの分野で連携の可能性を実感できました。

生徒たちも今行っている研究をさらに深めるため、施設、設備、助言等で連携を深める意欲を示し、さまざまな質問をしていました。その後の大学との話し合いでも、連携強化への話し合いをすることができました。

これからも様々な大学、研究機関と連携を深めていきます。

(文責: 岡本 )

2015年2月 9日 (月)

ポスター発表会

午後、同じく市立大学高原記念館でポスター発表会がありました。大阪市立大学には毎年大変ご協力をいただいております。

Img_2815
会場狭しと、ポスターが展示され、それぞれの説明や質問が熱心に行われていました。私もいくつか質問させてもらいましたが、「よく調べているな~!それに生徒さんの瞳が輝いている!」と感じました。
Img_2819
中山女子の生徒さんも参加してくれました。
Img_2820
SSH運営指導委員の先生方からは、「経年的に深化をして、学術的な発表もあるし、高校生らしく、素朴な疑問から興味関心を発展させることは非常に大切で、それが行われているのがとても良かった。」と講評をいただきました。
Img_2826
楽しそうな表情と熱心さが伝わってきます。
Img_2828

Img_2829

Img_2924
Img_2985

高校生レベルを超えています

6日(金)大阪市立大学・学術情報センターで、第3回住吉高校国際科学会議が開催されました。

Img_2656
司会進行を務めてくれた皆さんです。
Img_2682

JST・大阪市立大学、それに委員会からもご挨拶をいただきました。司会進行を含め挨拶もすべて英語で行われます。
Img_2704

発表は住吉高校からは2題、園芸高校・生野高校・中山女子高級中学校から各1題ありました。日本語で発表するだけでも難しいのに、皆さん英語で取り組んでくれました。特に印象に残ったのは、中山女子の皆さんの発表です。内容もさることながら、語学力が圧倒的に素晴らしい!!参加した住高生には、良い刺激になったでしょう。
Img_2716
会議ですから、当然質疑応答があります。これも英語で行います。質問すること自体難しいのですが、自分の意思を伝えようと頑張ってくれました。どんどん質問が飛び出します。
Img_2725

Img_2728

Img_2766

Img_2742

Img_2794

Img_2796

Img_2797

Img_2800
最後に学校協議委員もしていただいている笠井俊夫先生に講評していただきました。
Img_2809_2
高校生が英語で科学会議!これ自体が高校生レベルを超えています。課題もありましたが、次年度に向けて更に発展させたいものです。

色々なことが見えてきます

今朝は2月らしい、とても寒い朝でした。先週は水曜日から土曜にかけて、ほぼノンストップで駆け抜けた感じがします。気力は十分なのですが、体力的にさすがに疲れました。
昨日日曜は、家で読書です。ここしばらく、維新・明治に集中して読んでいます。会津の柴五郎という名前は知っていました。戊辰戦争で会津藩が受けた過酷な歴史も知っていました。しかし、この本を読んで一層よくわかりました。目に見えるほど真実の歴史が見えてきました。柴五郎さんは陸軍大将までなった人で、明治33年の義和団事件での際、北京で日本軍を指揮された方で、「規律正しい」日本軍として、世界で称賛された方だとわかりました。先生方も含め、一読の価値ありです。

003

2015年2月 7日 (土)

みのり多き研修に!

今日も色々なことが同時進行で行われています。高大連携関係で、大阪工業大学、京都大学に行くもの、ユネスコ関係で行くもの。北畠会館ではカリフォルニア交換留学の4校(千里・住吉・和泉・佐野)説明会が開かれました。私はそちらの方に行きました。

委員会よりご挨拶。
P1130481
説明を熱心に聞かれている参加者のみなさん。みのり多き研修にしてくださいね!
P1130479

P1130483





2015年2月 6日 (金)

速報です

今日は総合科学科1・2年による国際科学会議が開催されました。その速報です。会場は大阪市立大学の学術情報総合センターの10Fです。
P1130476

開始前の様子です。
P1130440

皆さん着席します。
P1130446

午後はポスター発表です。
P1130469

その後、第二回SSH運営指導委員会が開催されました。
P1130477
夜は国際科学会議で発表してくれた、中山女子の生徒さんに付き添っていただいた、先生と夕食会がありました。この三日間j駆け抜けました。

2015年2月 5日 (木)

楽しいひと時をありがとう


中山女子の生徒さんは住吉のバディ達と晩ご飯をすませ、天王寺公園に集合します。

クラスごとに集まります。

別れを惜しんでなかなか皆さん離れません。

いよいよバスに乗り込みます。

バスの中から中山女子の生徒さんが手を振っています。住吉の教員が応えます。

明日は京都に行くそうです。

中山女子の皆さん、楽しいひと時をありがとう。残りの旅も楽しんで下さい。(文責 教頭)

どのクラスも楽しそうです!

各クラスでの歓迎会の様子です。私にはどのクラスなのかわかりません(ごめんなさい!)しかし、どのクラスも楽しそうなのはわかります。ランダム紹介します。

Dsc_0756_2

Dsc_0757

Dsc_0758

Dsc_0762

Dsc_0766

Dsc_0777

Dsc_0778

Dsc_0784

Dsc_0790

中山女子高級中学校と住吉高校の間を疾駆する!

中山女子高級中学校の皆さんがやってきました。心配していた雨も降らず、寒さもそんなにひどくありませんでした。
呉麗卿校長先生をはじめ、付添いの先生方です。昨年は本当にお世話になりました。
Dsc_0681
旧正門前で記念写真
Dsc_0684_2 
住吉の杜で花道を作りお迎えです。バディー生徒を探しています。
Dsc_0699

Dsc_0737
体育館で歓迎会が行われました。プレゼント交換は「十二支」が偶然お互いのキーワードになりました。中山女子からは、額に入った立体的な、天を駆ける「午」(昨年の干支)の飾り物です。「中山女子と住高の間を疾駆する」との願いが込められているようです。住高からは「羊」の縫いぐるみを贈りました。サイズは小さいのですが、京都の工芸品でも最高級のもので、宮内庁御用達のものです。
Dsc_0844
拍手を送る中山女子の先生方。
Dsc_0883
色々、お互いにパフォーマンスを披露しました。住高からは、日本舞踊も紹介されました。私もびっくり!高校生が日本舞踊!さすが、マルチタレント集団!
Dsc_0918_2
中山女子からは歌とダンスが披露されました。寒さも忘れるほど、あっという間の歓迎会でした。
Dsc_0949 

若さが羨ましい!

今日は昼から中山女子高級中学校の皆さんが、住高に来られます。昨日はその準備とPTAの会議でおおいそがしでした。

4日(水)3時間目2-2 英語理解の授業を見学しました。まず感じたのは、担当教諭は2年目ですが、大きく成長していることがわかりました。授業にメリハリをつけ、生徒さんをひきつけていました。それに、発音がとてもいい!(若いということが羨ましかったです・・!) 

生徒さんも、良い意味でユニークな答えをどんどん出してきます。それを上手に使い内容のある授業になっていました。
014

いそがしいのですが、読書は進んでいます。360ページはある、読み応えのある本でした。生徒の皆さんは「伊藤博文」ってどんな人だと想像していますか?今、ここで彼について書く能力は私にはありません。しかし、彼を知ると明治全体が見えてきます。阪本竜馬や高杉晋作、西郷隆盛のように人気はありませんが、功績は彼ら以上です。かなり難しいので時間のある時に読んでみてください。
020

2015年2月 4日 (水)

今後ともよろしくお願い申し上げます

今日は午後から、PTA役員会、実行委員会、指名委員会が開催されました。本当にいつもお世話になり、ありがとうございます。
006

002
各学年や委員会の皆様に、今年度を振り返り、活動の報告をしていただきました。「ALL 住吉・住高 LOVE!」今後ともよろしくお願い申し上げます。 
016

2015年2月 3日 (火)

基礎を大切にゆったりと


2-4の英語理解です「音読」は基本です。英語を学び教えようと志している大学生10人がいたとして、初見の英文を私が満足するほどに音読できる人は2~3人です。本当のことです。

028

スクリーンを使っての授業。週2時間として、年に35週ですから、70回とします。板書に10分かかるとします。すると年700分節約できます。700÷50=14ですよね!年14回多く授業ができることになります(計算上ですが)!使わない手はないと思うのですが?ですからこの授業は年約84 回分の価値があるということです。
030

なかなか難易度の高い教科書です。
027

集中しています。いろいろな話を織り交ぜ興味を喚起します。
031
一番見ていてよいと感じたのは、教師と生徒の間に「人間関係ができている」「相互理解ができている」見学していてゆったりとしている自分を感じました。
4時間目に見学しました。私は、すぐにまた出張です・・・!

留学生修了式


2月3日放課後、5人いる留学生のうち、2人の修了式が校長室で行われました。


わざわざホームステイ先のご家族、日本語ボランティアの方々が修了式のために来校して下さいました。お世話になった先生、留学生仲間も集まりました。




教頭より修了証書授与です。


留学生仲間が花束をプレゼントします。


あっと言う間の住高生活、まだお別れの実感が湧かないそうです。2人とも今度は日本の大学に留学したいと思っています。その時はまた是非、住吉に来て下さい。


別れを惜しむ留学生。いい思い出をありがとう。お元気で!
(文責教頭)

2015年2月 2日 (月)

この子達、わかってる!

息つく暇も無いくらいに時間が過ぎます。「あれ?もう5時!」と言う感覚です。
午後3コマの授業見学です。

まず5限目。1-3現代社会 授業の始まりに、新聞記事で関心を持ったことをみんなの前で話します。そして、聞いている人はコメントを書きます。視野が広がりいい取り組みだと思います。
019

020
授業はもちろんしっかりしていましたが、ちょっと寄り道・・持ってきたマトリョーシカ(ソ連・ロシアの歴代リーダーの人形)を使って授業にインパクト。授業と関連づいていて、「この時代にデノミが・・・」こういう話をよく覚えているものです。
024

6限目。2-6日本史 織田信長を扱っていました。すっきりよくまとまり、非常にわかりやすい授業でした。
027
褒めるのが上手でした、褒めて育てる!それによく机間巡視を行い、生徒に密着した授業でした。
028
昼から3コマの授業を見ると、正直疲れてきます。

7限目。黒板を見た瞬間、昔、喧嘩別れをした友達に会ったようでした。私は高2の半ばごろから、数学がわからなくなりました。きっかけは「漸化式」、そう今日は漸化式の最後の授業でした。「真剣に聞いて理解してやろう!」と思って集中しました。ここで、良くわかりましたと書くことができればいいのですが、そんな簡単なもではありません。
032
まず板書がきっちりきれいに整理されて、「わかるよね!」という気持ちを込めて、はっきりとペースを少し遅めの口調です。
036
生徒さんたちの様子を、私も歩いて見回りました。「この子達、わかってる!」私は、半ば羨望のまなざしで見つめていました。とっても充実した大変良い授業でした。
037

校内SSH生徒研究発表会

 2月2日(月)3年生が登校しなくなって、朝の挨拶も少しさみしくなりました。いそがしい2月の始まりです。午前中は3時間会議、午後は2時間授業見学しようと思ってます・・・
 以下は先週金曜日の岡本首席からの報告です。 

1月30日(金)6限目から、本校視聴覚教室において校内の生徒研究発表会を開催しました。これは、1月23日(金)に、すべての研究班が4つの部屋に分かれて口頭発表をした中から、選ばれた5つの班の発表です。

司会者も気合が入っています。
Dsc00597
ハキハキ元気よく、好感が持てます。
まずは、「クラゲの色彩判別実験」
Dsc00600
ユニークな実験です。
ここでも、元気のいい質問が
Dsc00602
質疑応答により、さらに内容が深まります。
Dsc00605
聴衆も真剣に聞き入っています。
Dsc00606
「Coanda effect」物理学的な内容ですが英語での発表。
Dsc00607
続いて「Study of Evacuation Routes in Schools」避難経路についての研究。英語発表グループではありませんが、これも英語での発表。
一生懸命に伝えようとしています。また、英語での発表には英語での質問が
Dsc00608
一生懸命に答えようとしますが、言葉がでてこないことも。(でも、この悔しい体験が大切です)
Dsc00612
少し楽しいプレゼンの「なぜ牛乳はヨーグルトになるのか?」Dsc00614
最終5番目に「アブラナ科の化学生態」で終了しました。

発表者、司会者、聴衆、それぞれよくがんばっていました。「発表会は参加者みんなでつくるもの」の意識が感じられた発表会でした。

(文責: 岡本 )

2015年2月 1日 (日)

のどかな一日でした

今日は気温は低いのですが、太陽が雲間から顔をのぞかせると、小春日和を感じさせます。のんびり音楽を聴いていると、「メジロ」が枝に止まっているのに気づきました。「街中でも見ることができるんや!」と思い、写真を撮ろうとしましたが、どこかへ飛び去りました。耳を澄ますと、「チーチー」と言う鳴き声が聞こえます。

7・8年前、家族で和歌山の南部に梅の花を見に行きました。その時小さな梅の木を買ってきました。何の種類か知りませんが、写真のような大きさになりました。
001

小さなつぼみが、「春」を待ちかねています。梅や桜のつぼみを見ると、「春」を感じます。メジロは梅の花の蜜が好物だそうで、様子を見に来たのでしょうか?のどかな一日でした。
007
今日から二月です。二月三月は、校長にとっていそがしさと緊張感は他の月とは比べ物にならないほど、過激なものがあります。走り抜けなければ!

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »