« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月31日 (火)

桜続報

住高の桜、続報です。昨日は東京上野の桜が満開になったそうです。住高の桜も、昨日より華やかさを増してきています。今週末は天気が崩れるそうですが、新入生を迎えるまで、華やかでいてほしいものです。

011

019

022
下の写真は、晴明が丘中央公園の桜です。八分咲きくらいでした。
015

2015年3月30日 (月)

住吉高校の大切にしたいもの

28日(土)住吉高校が毎年お世話になっている、東京大学の生田 幸士教授が、某テレビ番組に出演されました。

住高でも、「チャレンジ」「イマジネーション」それに「あきらめないこと」の大切さをいつも話していただいております。
住高では、生田先生のように、日本、いや世界の第一線で活躍されておられる方々の講演を、普段に受けることができます。

住吉高校は、自由な発想、チャレンジ精神をこれからも大切にしたいと思います。
Photo

Photo_2

Img_5482

桜、咲き始める

桜が咲き始めています。先週末は、住高の桜はまだ、つぼみでした。春の本格的訪れを告げています。

旧正門前の桜。この桜はちらほらと言った感じです。入学式に満開の状態でいてくれたら嬉しいです。
008
このように、咲きはじめと言った感じです。
006
理科棟横の桜は五分咲きかな?
013
中庭の桜もこれから!
014
新入生の下足ロッカーが搬入されました。3年間大切に使ってくださいね!
010

カリフォルニアからの便り(2)

色々な経験をして、楽しく研修を続けているようです。第2便が届きました。

Yesterday, we went to the California capital and had a good time.
In the afternoon,Japanese culture club held a party .
   
At home, we colored eggs for easter party.
I'm enjoying my California life.

Good night!     Have a good day!!

          Thursday, 03,26,2015


1427436406460

Dsc_1288

2015年3月29日 (日)

ケンブリッジ研修・無事帰国

16日間に及ぶケンブリッジ研修が修了しました。3人の生徒さんは元気に帰国しました。今夜はゆっくり休んでください。
005
ご家族や友達にも研修について楽しい話をしてあげてください。
お疲れ様!

ケンブリッジ研修帰国

3月28日(土) ヒースロー空港から出国。約12時間のフライトで、無事羽田に到着。出国手続きもスムーズに終わり、伊丹へも予定通りの便と時間で到着です。


2015年3月28日 (土)

ケンブリッジ研修15日目(16)

今日は金曜日で、午後の授業はありません。午前の授業で学校は終わりです。一週目は慣れるのに苦労したようですが、二週目は早かったそうです。みんな頑張りました。

Image

Image_2
それぞれ、クラスのみなさんと記念撮影。2週間でしたが、様々な国籍や文化、年齢のクラスメイトから色々な刺激を受けました。

Image_3


Image_4


Image_5
最後の昼休みは、授業やホームステイ、アクティビティなどに関するアンケートに答えたり、クラスメイトと連絡先を交換したり、昼ご飯を食べる暇もないほど、名残を惜しんでいました。

Image_6
最後に、それぞれいただいた修了書を持って、学校の前で記念撮影。

その後、今週金曜午後のアクティビティである、キングスカレッジ見学へと出かけました。

Image_7
入場前、学校のグループのみんなと記念撮影。どこでも自撮(セルフィ)というのが流行っているようです。

Image_8


Image_9
大聖堂の中の見事なステンドグラスや建築様式に圧倒され、荘厳な雰囲気に声を潜めて話していました。外では青空を背景にした建物の美しさに感動し、思わずみんな何度も写真を撮っていました。


Image_11
最後に、またまた記念撮影をして、解散しました。

その後、私達は、イギリスのアフタヌーンティーを味わいに、キングスカレッジ近くのティールームに行きました。このお店はガイドブックにも載っている有名なお店だそうです。

Image_12

サンドイッチ、スコーンとも、結構なボリュームでしたが、昼ご飯を食べる時間のなかった女子2人はペロリと頂いていました。特にスコーンはふんわりと仕上がっていて、伝統のクロテッドクリームをつけていただくと、特に格別でした。

アフタヌーンティーの後は、各自自由行動で最後のケンブリッジの街を楽しみました。

来週から、こちらは夏時間になるそうで、時計が1時間早まるという注意が掲示してありました。最初の月曜日は、変更前の時間と間違える人が結構いるそうです。

Image_14

帰宅後は、みんなパッキングして、明日は帰国です。移動になりますので、ブログへの報告はできないかもしれませんので、ご了承ください。

2015年3月27日 (金)

オーストラリア研修(12) ファームステイ午後~

昨日は、多くの保護者の皆様のお出迎えありがとうございました。

さて、事後ではありますが、続きを簡単にご報告します。

Whip Crakingに挑戦中。うまく鞭を振ると、運動会で使うピストルのような大きな音がします。多くの生徒は悪戦苦闘。でも中には一発でいい音を鳴らせた生徒も。

Img_41151_2

続いて、Boomerangに挑戦。これがまたうまく帰ってこない…。遠くへ飛んで行ってしまったり、順番待ちの生徒の中に突っ込んだりでもう大変。

Img_41881_2


続いて、damper作り。小麦粉と塩と水だけで作った生地を、棒の先に巻き付けて焼きます。

まずは適当な棒探しから。

Img_41891

ときどき転んだりなんかもしながら…
Img_41901

焼いて食べました。棒を抜いた穴にバターとはちみつを流し込んで食べると、素朴な味でとてもおいしかったです。
Img_41911

自由時間にみんなで手つなぎ鬼。時間がたつとともに研修メンバーが仲良くなっていきました。

Img_41921

少し休んで、Hill Climbへ。トラクターにごとごと揺られること20分ほど。良い景色が見られるという小高い丘へ。頂上までは想像より遥かに険しい道のりで…。写真を撮る余裕がなかったので、頂上での様子をどうぞ。女子生徒はよく登って、下りてきたなと思います。

Img_41931

360°地平線を見渡せる素晴らしい景色でした!

Img_42131

帰りは沈みゆく夕日に向かって。

Img_41941

雲がかかってわかりにくいですが、地平線に夕日が沈んでいきました。

Img_41951

翌朝、ファームに別れを告げ、バスはGold Coastへ。世界有数の観光地。今度は海です!

最初の目的地はCurrumbin動物園ですが、海があまりにもきれいので、途中下車して記念撮影。

Img_41981

Currumbin Wildlife Sanctuaryに到着です。
Img_41991

コアラを抱いて記念写真をとったり、オーストラリア固有の動物をみたり、カンガルーに餌をやったり…。各自時間を過ごしました。

ん?カンガルーが3匹?

Img_42001

最後にアボリジニのダンスショーを見学。ショーの終わりには「一緒に踊ろう」のコーナーがあり、男子生徒がステージへ!

Img_42011

みんなで記念撮影もしてもらいました。
Img_42021

次はSky Pointへ。地上322m、80階のビルから、ゴールドコーストの全貌を楽しめます。
Img_42031


Img_42051


Img_42081

晩御飯は、ホテルから歩いてすぐのHard Rock Cafeへ。
Img_42091

Rockを聞きながら、ハンバーガープレートをいただきました。デザートまでついていてボリュームたっぷり。でもみんなほとんど完食!
Img_42101


Img_42111


Img_42121

翌日はすでに、ご報告した通り、班別の自由散策でした。海の様子と、たまたま見かけた班の様子を。

ホテルから歩いてすぐ。Surfers Paradise!

Img_42161

どこまでも続く白い砂浜。歩くたびにキュッキュと音がする、きめ細かい砂でした。

Img_42171

お土産?自分用?

Img_42211

無事に、時間を守って帰ってきたのはさすがでした。

さて、オーストラリア最後の夜はOutback Spectacularへ。オーストラリアテイスト満載のディナーショーで、馬、犬、ロバなどが大活躍。会場内は撮影禁止だったので、入場までの写真です。
Img_42151

入口でチケットと麦わら帽子をもらいました。
Img_42201

カントリーな雰囲気、カントリーミュージックを聞きながら、入場を待ち…
Img_42181

スープから始まり、ステーキ、ケーキまでのコース料理をいただきながら、眼前には迫力あるショーが!きっと楽しんでくれたと思います。

帰国の日は早朝にも関わらず、寝坊なしで全員集合。お土産が多くてスーツケースの重量オーバーにひやひやしながら、しかもCairnsでの90分のトランジットをやってのけ、予定時刻より早く、関西空港へ帰ってきました。

この研修は、参加生徒のみんなの協力、注意深さ、熱意により、無事に行って帰ってきただけでなく、中身の濃い素晴らしい研修になったと思います!この誰もが得ることができるわけではない刺激を、今後の人生に活かしてくださいね。

以上で報告を終わります。

最後になりましたが、この研修にご協力くださった、旅行会社、ツアーガイドの方々、COCTのバディ、先生方、ホストファミリーの皆様、Adora Downsの皆様、そして参加生徒の保護者の皆様、ありがとうございました!

ケンブリッジ研修14日目(15)

今日は木曜日、朝から雨でした。雨のせいで道路が混んでいて、バスで通学しているKさんとT君は始業直前に学校に到着しました。いつもは余裕を持って30分くらい前に到着しています。
Image

Image_2
午前と午後でクラスが異なりますが、この写真はKさんとMさんの午前の授業の教室で、一緒にいるのはデンマークから来ているクラスメイトです。2人は午前の授業は偶然同じクラスになっています。どの教室も15人入れるかどうかの小さい教室で、少人数の授業が行われています。

明日の放課後は、学校のアクティビティで、キングスカレッジに行きますので、今日の放課後は、各自自由行動をしようということになりました。二週目も後半になり、街の様子や地理もわかってきましたので、帰宅時間を確認して解散しました。

Image_3

Image_4
朝は雨のスタートでしたが、午後は晴れて気持ちよく街歩きができました。この二枚の写真は、比較的新しいThe Graftonというショッピングセンターです。Poundlandというのは日本の100円ショップのようなものです。Primarkというは比較的安価に衣類を購入できる店で、地元の人にも人気があるそうです。3人もこの辺りでも買い物をしていることでしょう。


Image_8


Image_9


Image_10
この3枚の写真はダーウィンに関するものです。青いプレートは、ダーウィンが学生の時に住んでいた部屋であることを示すものです。「Charles Darwin lived in a house on this site. 1828」とかいてあります。今でも現役の学生が住んでいます。すぐそばのクライストカレッジの入り口には、彼のレリーフが飾ってありました。中庭をみたら、彼の後輩でしょうか、カレッジ内のチャペルで結婚式をしていました。

3人も各自の興味と必要に応じて、有意義に今日の放課後を過ごしてくれたと思います。

(文責 藤井)


カリフォルニアからの便り

カリフォルニア研修参加の生徒さんから、便りが届いています。下の写真は縮小されていますが、送られてきた写真では、カリフォルニアの青い空!爽やかな天候!を感じ取れました。

生徒さんからの便りを紹介します。

I have had wonderful days.

Today, I went to the Laguna Creek high school, I was busy because I must move to the next classroom.

And afterschool, I met ジャスミン, she came to my house in last summer   we enjoy taking in English and Japanese.

Good night!     Have a good day!!

          Monday, 03,23,2015
                Nagatsuka natsumi






Cm150323150334001

Cm150323150446001

Received_895630867145848

「知ってください!」・読書のすすめ(33)

昨夜、オーストラリア研修から全員無事、元気に帰国しました。お土産話を家族や友達と楽しんでください。また、この経験が将来の飛躍につながることを期待しています。


オーストラリアに限らず、海外に出て、「いかに世の中や世界のことを、知っていなかったことか!!」と気が付きます。もしそうのように感じた人がいたなら、「知ってください!」

今、イスラムという言葉が世間を騒がせています。まず、知ってください。写真右の本を読みました。平易にわかりやすく書かれています。一日で十分読めます。
003

2015年3月26日 (木)

到着は予定どおり



ケアンズ発の飛行機は予定通りに17:25に到着予定です。

ケンブリッジ研修13日目(14)

研修も残り少なくなり、みんな、ここでの生活にも慣れてきました。今日はT君の様子をお伝えします。
まず、彼のステイ先の部屋です。
Image
女子の部屋とは感じが違います。彼のホストファミリーの子供達は独立しているそうで、家にいるのはお父さんとお母さん、ペットの犬、とT君だそうです。毎日帰宅すると、この犬が駆け寄ってきて、お帰りなさいと歓迎してくれるそうです。


Image_2
これは、彼がお土産で持ってきた、折り紙のブーケです。初日にもお伝えしたように、とても喜ばれました。その後、このように、部屋に飾ってあるそうです。写真で見るとこれが折り紙とは思えないほどの見栄えです。この折り紙の薔薇は、その後学校でも、披露するたびに賞賛を浴びて、そこから会話がひろがっていきます。


Image_3
授業の様子は見せてもらえないのですが、T君がクラスメイトと撮った写真です。少人数なので、すぐに仲良くなれます。


Image_4
T君も、昼休みにも積極的にいろいろな人に話しかけています。この日は隣に座ったオーストリアから来た学生と数学の問題を解きあったそうです。数学の得意なT君ならではのきっかけの作り方です。写真では読めませんが、手前にあるプリントにその問題が解いてあります。英語だけでなく、数字でも特技でも、なんでもコミュニケションの有効な手段であることを、あらためて目撃しています。

あと残り少し、みんながんばっています。

(文責 藤井)


2015年3月25日 (水)

オーストラリア研修(12) 明日、関西空港到着予定時刻について

Outback Spectacular を観賞し、先ほどホテルに帰ってきました。現地時間22:00過ぎのことです。

明日早朝4:00起床、5:00ホテル発で、ゴールドコースト空港へ向かいます。その後の行程が慌ただしく、ケアンズ空港での乗り継ぎが2時間ありません。国内線から国際線への乗り換えで、ターミナル間は徒歩移動、さらにスーツケースを受け取り、再度預ける必要があります。

ですので、ケアンズ発の正確な時刻をこちらからお伝えすることが難しいと思われます。

予定通りであれば、関西空港着は17:25です。

関西空港へお迎えに来てくださる方は、お手数ですが、到着予定時刻を、空港、インターネット等でご確認いただきたくよろしくお願いいたします。

オーストラリア研修(11) ゴールドコースト散策 無事帰着!

今、全班時間を守ってホテルへ帰ってきたので、ご報告します!

Image_11


Image_12

早めに帰ってきていた3つの班の写真はありませんが、みんな元気に帰ってきてます!
海で遊んだり、ショッピングを楽しんだり、世界有数の観光地を満喫したようです。
そして、今はパッキング中。明日は4:00起床、5:00出発!(◎_◎;)今晩はディナーショーから帰ってくるのが、22:00過ぎの予定なので、今晩、明朝は時間がありません。

たくさんの経験、話、お土産を持ち帰ります。帰国をお楽しみに!

ケンブリッジ研修11日目(12)

今日は放課後パンティングをしました。カヌーに乗って、ケム川を往復するアクティビティです。昨年の参加者から、強く推薦されていたのですが、先週は寒すぎて、機会を待っていました。実は今日も天気予報では雨らしいのですが、変わりやすいイギリスの天気に期待することにしました。
Image_6
カヌーの出発時間を待っています。天気はなんとかなりそうでしょうか?


Image_7
川の両岸に大学群が並びます。クイーンズカレッジの数学橋のしたをくぐって出発です。漕ぎ手はケンブリッジ大学の学生達のアルバイトが多いそうです。大学群の説明は、この漕ぎ手の説明と参加者の3人が事前に調べた情報にもとずいて紹介します。この数学橋(Mathematical Bridge)はニュートンが設計したと言われていますが、実際は無関係だそうです。


Image_8
1441年、ヘンリー6世によって建てられたキングスカレッジ。どの大学にもチャペルがありますが、キングスカレッジのチャペルは世界で一番大きいそうです。


Image_9
トリニティカレッジ(Trinity College)付属のレンライブラリー(Wren Library)。建築家、クリストファー•レンの設計。「くまのプーさん」の原本やダーウィンの直筆のメモなど貴重な資料が所蔵されています。川沿いにあるので、万が一川が氾濫した時でも貴重な資料に被害が及ばないように、二階部分だけが図書館になっています。ちなみに、イギリスでは一階はground floor、二階のことをfirst floorと呼びます。


Image_10
セントジョーンズカレッジ。1511年建設ですが、このカレッジはケム川をまたいで大きくなっていったそうです。

このあたりで雨が降り始めたので、写真はおわりです。ケンブリッジに来て初めて傘をさしましたが、両岸の美しい大学群や広々とした公園などの風景は十分楽しみました。

ケンブリッジという地名は、街を流れるケム川に架かる橋、Cam+bridgeからきているそうです。1209年にオックスフォードからの学生が住みついて、学術活動が始まり、2009年には創立800年を祝ったそうです。ダーウィン、ニュートンなど教科書に記載されていた科学者やチャールズ皇太子も卒業生だそうです。ダーウィンやニュートンの時代から同じ建物が寮として使用されているそうです。その歴史の長さに圧倒されます。

(文責 藤井)


機動力アップをめざして!







日差しは春です。しかし、寒気のせいで風はとても冷たいです。昨日今日と、出張です。本庁です。お城も綺麗に見えます。昨日スマホを購入しました。早速今、スマホからアップしています。なれないので、手間がかかります。機動力アップを目指して、頑張ります。

オーストラリア研修(10) ゴールドコースト散策出発!

こちらは現在、午前9:00。今日は16:00まで班別自由散策です。
ホテルの前で記念写真を撮って、みんな元気に出発しました!

Image


Image_2


Image_3


Image_4


Image_5


2015年3月24日 (火)

オーストラリア研修⑼ 3/23ホストファミリーとの別れから

…というわけで、少しずつご報告します。

3/23朝、ホストファミリーにCOCTまで送ってもらい、Adora Downs (ファームステイ先)に向かいました。

バディ、ホストファミリーとの涙の別れ。きっと良い時間を過ごしたのでしょう。
バスが出発しても泣きじゃくっていた生徒も。(本人の許可を得て掲載しています)

Image_6

別れの看板も、作ってくださいました。

Image_8

晴れ渡る空の下、バスは地平線に向かってまっすぐ伸びるハイウェイを約1時間ほど走りました。

Image_7

そして到着!

Image_9

不思議な日本語がプリントされたTシャツを着た、明るく元気なオーナー、マイケルさんに案内され、まずは部屋へ。

Image_10

そしてやっぱりモーニングティー。
Image_11

ファームでの流れは以下のとおり。若干の前後や時間のズレはありましたが、天気にも恵まれ全部体験できました。

Image_12

まずはトラクターに引っ張られて、農場内を見学。何人かの生徒はなんと運転もしました!

Image_13

Image_14

そしてランチタイム。みんなしっかり食べています。

Image_15


Image_16

午後の様子はまた後ほど!

明日は9:00出発でゴールドコースト班別自由散策。16:00ホテル帰着予定で、その後、パッキング(最終日の出発が早朝5:00のため)。18:00ごろOutback Spectacular というオーストラリア文化を満喫できるディナーショーに出かけます。

オーストラリア研修⑻ ゴールドコーストに到着しました!

本日、11:00すぎ、ファームステイ先の農場から、ゴールドコーストにやってきました。
ホテルのWiFiが無料できるようになっていましたので、取り急ぎご報告いたします。
生徒はみんな、これまでの行程を積極的に楽しんでいます。胃の疲れからか、体調を少し崩している生徒もいますが、回復傾向にあります。

ホストファミリーとのお別れからこれまでのことは徐々にご報告します。

ケンブリッジ研修10日目(11)

2週目が始まりました。先週はずっと曇りでしたが、今週は初めて朝から青空が見えました。
Image
学校の建物も青空を背景に映えます。


Image_2
前夜もよく晴れていて、月と星がきれいに見えました。

今回のメンバーの中の、Kさんはハリーポッターの大ファンだそうで、観光客用に特設されている、例の9と3/4番線のところで写真を撮りたかったようですが、大勢の観光客が順番を待って並んでいたので、諦めて列の外から写真を撮ったそうです。
Image_3

そのKさんのホームステイ中の部屋です。専用のテレビまでおいてあるそうです。同じ年頃の3人のホストシスターがいるそうです。

Image_4


Image_5

週末のアクティビティをがんばったので、月曜はじっくりと授業を受けました。

(文責 藤井)


ケンブリッジ研修9日目(10)

日曜日は、ロンドン市内研修に出かけました。ケンブリッジの駅から電車に乗って行きます。
Image

Image_2

最初に着くのはロンドンのキングスクロス駅。実際には存在しないのですが、ハリーポッターの9と3/4番線のある駅です。そこから地下鉄に乗り換えて、ロンドン•ブリッジ駅まで行きました。この駅で、2年前に住高に来ていた留学生のマイが待っていてくれました。そして、まずタワーブリッジから歩き始めました。


Image_3


Image_4

今日も曇りで、なかなかきれいに写真が撮れません。画面が暗いのはそのせいです。
マイとは初対面の生徒もいたのですがすぐに打ち解けて、寒い中ですが、楽しそうに話が弾んでいました。

Image_5
次はセントポール大聖堂の前。

Image_6


Image_7
その後、66期でイギリスのコベントリー大学に進学したI君、63期でロンドン大学で勉強しているH君が後輩達に会いに来てくれました。現役の生徒達は、先輩と大学進学の話やイギリスでの学生生活などの話をしながら、ビッグベン、国会議事堂、ウェストミンスター寺院、バッキンガム宮殿など、ロンドンの名所を歩いて回りました。


Image_8
大英博物館はあまりに大きく、短時間では到底見ることはできませんが、マイがガイドをして効率良く案内してくれました。
最後はピカデリーサーカスで買い物などをして、1日のウォーキングツアーの予定を終えましたが、みんなよく歩いて、足がクタクタです。最後まで一緒に歩いて案内してくれた、マイ、I君、H君ありがとうございました。とても心強かったです。

(文責 藤井)

2015年3月23日 (月)

ニューヨーク短期留学帰国



3月14日に出発したニューヨーク短期留学の生徒さんが、本日成田経由で、伊丹空港に無事到着しました。定刻通りでした。


笑顔を見せてくれました。長いフライトで疲れたことでしょう。2人でよく頑張りましたね。ゆっくり休んで下さい。(文責 教頭)

気持ちよくスタートを!

春を通り越したかのように、温かい週末でした。一転今日は寒の戻りと言うのでしょうか、空気が冷たいです。

校長室から中庭を撮影しました。窓ガラス越しに撮っています。校内の窓ガラス清掃、廊下、教室の床のワックスがけを行いました。
038

039

040
気持ちよく、新しい年度のスタートを切りたいものです。
042

043

2015年3月22日 (日)

オーストラリア研修⑺ ホストファミリーと過ごす最後の夜

さて、今ごろ、生徒の皆さんはホストファミリーとともに最後のディナーを楽しんでいることと思います。現時点(現地時間20:30)で携帯電話に緊急連絡が入るような事態は起こっていません。

この週末のToowoomba は土曜は曇りがちで夜にかけて雨も降りましたが、日曜は晴れて日差しが戻り、しかし乾いた風が心地よい過ごしやすい時間でした。

Image_11

Image_12

Image_13


Image_14


Image_15


明日、ホストファミリーにCOCTまで送ってもらい、Adora Downs (ファームステイ先)に向かいます。好天を祈ってください。

また、明日以降、WiFi環境がないことが予想されます。ゴールドコーストのホテルも有料だそうです。次のご報告は最終日空港からになる可能性が高いことをご報告しておきます。


ケンヴリッジ研修8日目(9)

今日は土曜日で学校の授業はお休みです。週末を利用した語学学校の遠足に二階建てバスで出かけました。行先はソールズベリ(Salisbury)という街とストーンヘンジです。
ケンブリッジの街を少し出るとこのような野原が広がる中を3時間ほどかけての移動でした。今日も曇りで寒いです。バスの中は語学学校の生徒達ばかりなので、様々な言語が飛び交っていました。
Image

イギリスでは、大聖堂を中心に街が形成されていくことが多いそうですが、このソールズベリ大聖堂は13世紀前半に建てられたイングランド初期ゴシック様式だそうです。

Image_2
塔の高さが英国最高らしいですが、驚くことはこのような何百年の歴史を持つ教会が今も現役で使用されているということです。
週末の音楽イベントのための練習が行われていましたが、天井の高い石造りの教会の中の音響効果は独特でした。

Image_4

圧巻は、教会の施設で行われていた、マグナ•カルタ(大憲章)展でした。3人は「中学校の時習ったなあ、、」とか言っていましたが。帰国したら、もう一回世界史の教科書や資料集を調べてみてください。制定されてちょうど800年になるので、特別展が開かれていたのでした。イギリス国内に残っている4冊のうちの一冊がここの図書館に保管されているのだそうです。現物です。フラッシュは禁止でしたが、写真に撮って良いという許可をもらって撮りました。

Image_5


Image_6

次に向かったのは、ストーンヘンジです。日本でもよく知られているユネスコ世界遺産の一つです。広い野原の中にありますが、痛みが激しく、保護のために、観光バスなど一般車両は離れた場所にあるビジターセンターまでしか行けません。そこから専用のシャトルバスで、巨石群まで移動しますが、ここでも遺跡を保護するために遠巻きにしか見れませんでした。紀元前3000年から2500年頃から作られ始めたものだそうです。太陽の動きと正確に対応しているそうですが、この建造物の本当の目的はまだ研究中だそうです。しかし、第一次世界大戦の頃はまだ私有地で、軍隊の練習場に使用されていたそうです。


Image_7


Image_8


Image_9


Image_10

ここでは少し晴れ間が見えましたが、風が冷たく耳が痛いくらいでした。
今日は、人類の偉大な遺産を見て感じた1日でした。英語でも、何語でも、語るべき内容を持つためには、勉強や経験を積んで、知識や見聞を深めることはとても大切なことで、その意味でも有意義な1日でした。

(文責 藤井)


2015年3月21日 (土)

ケンブリッジ研修7日目(8)

今日はイギリス、北部ヨーロッパで、日蝕が観察できるとかで、テレビでも朝早くからトップニュースで取り上げられていました。
Image


Image_2


Image_3
1999年以来の機会だそうで、あちこちを中継で結び、天気を心配し、くれぐれも直接見ないように、と数年前の日本と同じ様子でした。天気さえよければ、ケンブリッジでは9時半ごろ観察できるはずでした。


Image_5
ところが、お伝えしているように、私たちがこちらに来て以来、まだ青空を見た記憶がなく、今日もこのような曇りでした。この写真は学校の外です。


Image_6
Mさんは、見れそうにもない日蝕より、今日の授業の準備の方に忙しく、朝早くにクラスメイトと約束して、学食でプレゼンの打ち合わせをしていました。


Image_7
Institsute of Astronomyという大学の施設にも、見える可能性を期待した人たちが集まりましたが、結局、このように暗くなっただけでした。

Image_8
代わりに教室で、教員による過去の映像を見ながらのお話がありました。

しかし、皮肉にも、この日の午後から、晴れ始めました。こちらに来て、初めて日差しの暖かさを感じました。金曜日は午後の授業がありませんので、電車に乗ってElyという街に行きました。ここには7世紀に創建され、その後宗教改革の影響などで、破壊と再建を繰り返した大聖堂があります。


Image_9


Image_10
青空を背景にした美しい外観。気持ちまで晴れやかになります。


Image_11


Image_12
内部も、八角形の塔やステンドグラスが美しい、聖なる場所でした。


Image_13
見学を終え、歩き疲れた3人。これから、また電車に乗って、それぞれのステイ先へと帰宅します。

(文責 藤井)


カンボジア研修 帰国


3月21日午前7時、カンボジア研修の一行が帰国しました。予定通り関西空港に到着しました。


みなさん、とても仲が良くなり、団結が強くなって帰ってきたようです。パワーを感じました。挨拶もカンボジア風。


お揃いの服、お分かりでしょうか。


皆さんでポーズ。少し体調を崩した人もいましたが、最後には全員元気、笑顔の帰国です。6日間でさまざま事を見て、聞いて、感じて、学んだことでしょう。今のその気持ちを忘れずに、これからの生活に活かしていってほしいと思います。


付き添い教員です。全体掌握と情報提供、生徒さんの世話やブログアップなど見事なチームワークで、研修を成功させてくれました。疲れはあると思いますが、2人とも笑顔。本当によく頑張ってくれました。

保護者、ご家族の皆さんも朝早くからお迎えありがとうございました。心配された方もおられると思いますが、元気なお子さんの様子を見て安心されたことでしょう。子どもさんからのお土産話、たくさん聞いてください。
またもちろん、自分で帰宅した生徒さんもおられます。帰り方を業者さんに聞いて確かめ、帰路に着きました。さすが、しっかりしています。荷物が多いですが、気をつけて帰って下さいね。
皆さん、本当にお疲れさまでした。ゆっくり休んで下さい。(文責 教頭)

2015年3月20日 (金)

カンボジア フィールドスタディ (6)

カンボジア6日目。
朝、バッタンバンを去ります。これからシェムリアップに戻り、いよいよ日本への帰国の途につきます。
短い滞在期間でしたが、あまりにも充実した日々だったので、去るのは寂しいです。
次はいつ、ここに戻ってこられるのでしょうか。

では、16人そろってバス出発〜
Image_23

そろそろシェムリアップに到着する頃
バス故障…
別のバスに乗り換えです。ハプニング続きはさすがカンボジア。

Image_24

いよいよカンボジアでの食事も残り2回。
カンボジア料理も、おいしいですが、日本食が恋しくもなってきました。

Image_25

トンレサップ湖の水上村

Image_26


Image_27

内戦で途絶えたカンボジアの伝統織物を20年かけて復活させた友禅職人・森本喜久男さんが設立した「クメール伝統織物研究所」を訪れました。
天然の染料を使って全て手作業の織物です。
明らかに「質が違う」。
生徒たちは家で帰りを待つ家族へのお土産をここで買いました!






Image_28

もうすぐ家に戻ります。
ご家族の皆さま、もう少しお待ちください。。。

(文責 藤本)

カリフォルニア研修(1)

今年度最後の海外研修が始まります。カリフォルニア研修です。三々五々集まってきます。この研修は、千里高校、和泉高校、佐野高校と住吉高校の合同で行われます。

018

貴重品の確認です。海外に行くことには慣れているかもしれませんが、油断大敵!
028

住高スマイル!
037

荷物を預けて、心は早、サンフランシスコ空港!
043


046

研修地は、カリフォルニア州の州都サクラメントで行なわれます。ホームステイをして、本当のアメリカを感じとって下さい。私も行ったことがありますが、まず、スケールが違う!それと、ごく自然体で心温まる、ホスピタビリティ!
Sure!という言葉を何回聞くことでしょう?
052
31日には、元気に、スケールアップして帰国してください。

オーストラリア研修⑹ COCT 最終日

今日は国を挙げてのAnti-Bullying Day(いじめ撲滅の日)でした。生徒も先生も、オレンジか赤のものを身につけて登校しました。

集まるととても鮮やかです。

Image_17

図書室にもいじめに関する本のコーナーが。

Image_18

今日はCOCTでバディと過ごす最後の日でもありました。2時間目終了後のmorning teaの時間に、farewell partyを開いてくださいました。代表生徒の挨拶の後、感謝の気持ちを英語と日本語の歌で。


Image_19

その後、校長先生がひとりひとりに丁寧に握手をしながら、終了証書やお土産の入った袋を手渡してくださいました。

Image_20

Image_22

それが終わるとオーストラリアのスイーツやくだものを食べながら、短い時間ではありましたが、バディ生徒と楽しい時間を過ごしました。

Image_21

授業を受けるのは大変だったと思いますが、その刺激がきっとこれからの生き方に良い影響を与えてくれることと思います。

COCTの先生方、生徒の皆さん、暖かな歓迎をありがとうございました!

さて、週末はホストファミリーと過ごして、月曜日朝、COCTに集合、ファームへ向かいます。

カンボジア フィールドスタディ (5)

カンボジア5日目。
【KnK(国境なき子供たち) 若者の家】
困難な問題を抱えた子供たちを保護、支援している日本のNGOです。
15~20歳の青少年約40人がここで生活をし、職業訓練や英語教育を受けています。
本日は1日こちらでお世話になります。

施設見学では、職業訓練の様子を見せていただきました。
若者たちはクメールシルクの織物、縫製、藍染などの技術を学んでいます。私達も機織りの体験をさせていただきました。

Image_10

青少年達の生活体験を聞き、住高生達は英語で自分たちの将来について発表しました。
Image_11

日本の学校生活について質問がたくさんでました。
Image_12

クメール歌を披露した後は、みんなでダンスパーティーです。汗だくになって盛り上がってます。
Image_13


Image_14

住吉高校文化祭で、皆さんからお預かりした募金を寄付させていただきました。
Image_15


Image_16
住吉高校から記念品のミラーをおくりました。(鏡に向かいの椰子の木が写っています。)

(文責 藤本)

ケンブリッジ研修6日目(7)

ケンブリッジは今日も曇りで寒かったです。
授業の様子を写真でお伝えできないので、今日はホームステイ先の部屋と、放課後の様子を伝えます。
Image_6
これはMさんがステイしている部屋で、ベッドは二つありますが、一人でステイしているので、広々使えるそうです。毎朝きれいにベッドメイキングしてから家を出るそうです。

3時15分に1日の授業が終わります。今日の放課後は、フィッツウィリアム博物館(Fitzwilliam Museum)に行きました。ここも大学が運営していて入場料は無料です。大英博物館には及びませんが、世界中の絵画、美術工芸品、実用品などが重厚な建物の中に展示されています。6時くらいに暗くなり始めるので、毎放課後一箇所ずつ行っています。

Image_7


Image_8


Image_9

古くはエジプトのミイラや日本の埴輪、中世の貨幣や武具、王族の衣装などから、現代の様々な美術工芸品に至るまで、多彩な展示品があります。日本人の寄付によって作られたコーナーもありましたが、ここは撮影禁止だったので写真がありません。清朝時代の陶器や日本の柿右衛門などもたくさん展示してありました。

(文責 藤井)


カンボジア フィールドスタディ(4)

【MAG(Mines advisory group)】
カンボジア4日目は、午前中、世界各地で地雷撤去活動を行うイギリスのNGOを訪問しました。

Image


Image_2

地雷撤去の模擬作業
Image_3

15年前は町中でも、見られたサインです。
Image_4

この日の昼食デザートはピカイチです☆
カンボジアのかぼちゃ
Image_5


午後からは、前日に続きHOME LAND の子供たちと交流しました。
予定が変更になったので、企画していた運動会も半分ぐらいしかできませんでしたが、二人三脚や障害物競争にみんな大ハッスルしました。
子供たちと直ぐ打ち解けてしまう高校生の力に感心します。
そして、打ち解けすぎて、お別れの時には、全員が号泣でした。こんなにも泣いたことがないというぐらい。なついてくれた子供たちとお別れするのは、もちろん辛いですよね。
夜のミーティングでは、それぞれが今日の交流で感じた思いを吐き出しました。
・絶対にこんな経験、他ではできない。
・子供たちのおかげで自分が変われる気がする。
・暗い過去を背負った子供たちに私達は何をしてあげられたのだろう?
・「何もできなかった」し「何もできない」。
・子供たちから受けとった思いを他のところに渡そう。
・すっごく楽しかった。「楽しい」の本当の意味が分かったぐらい。

それぞれが抱いたいろんな思い、絶対に忘れないで今後の生き方に活かしてもらいたいです。

写真がなくて申しわけありませんが、住高生のみんなに集めてもらったぬいぐるみ約100個とノートやペンは、子供たちにプレゼントし、大変喜ばれました。ご協力ありがとうございます!

(文責 藤本)

2015年3月19日 (木)

オーストラリア研修⑸ Show Day

今日は州のpublic holidayで学校はお休みです。生徒はホストファミリーとともに過ごしています。携帯電話が鳴りませんので、きっとみんな元気です。

さて、我々教員は、COCTの先生方にToowoomba の街を案内していただきました。次年度の打ち合わせや、今回の研修の改善点なども話しながら、Picnic PointとCobb & Co. Museumへ行きましたので、少しご報告します。

今日は30℃を超える暑さ。Picnic Pointはその名のとおり、街の人々がピクニックをしに集う、標高約700メートルの高台です。広大な景色が眼下に広がります。

Image_45

芝生の広場は当たり前、遊具や、ハイキングコースが整備され、緑の多い気持ちの良い場所です。


Image_46

小さな滝の前で、今回の研修でとてもお世話になっているCOCTの先生と一緒に記念撮影です。

次に、Cobb & Co. Museumへ行きました。この博物館にはToowoomba に関わるものの歴史が詰まっていました。アボリジニ、野生動物、軍馬…などなど、かなりの情報量でした。Cobb & Co. については、写真を見て、どんな会社だったのか考えてみてください。当時、南半球の小さな町と日本に繋がりがあったのを知り、感慨深いものがありました。

Image_48


Image_49


Image_50

Image_54

正解はcoachを使った輸送会社です。Toowoomba はその駅(中継地点)として栄えたようです。


その他、アボリジニについての展示や…

Image_51

化石や野生動物について…

Image_52

第1次大戦で活躍した馬たちについて…

Image_53

お休みの日に案内をしてくださり、仕事の話にもお付き合いをいただいたCOCTの先生方に感謝です!

生徒がどんな休みを過ごしたのかは……土産話をお楽しみに!


ケンブリッジ研修5日目(6)

今朝一番最初の話題は昨夜の晩御飯でした。三軒とも偶然スパゲティミートソースだったそうです。Image_27
3人は夕食の話題でひとしきり盛り上がった後、予習の確認をしてから授業に向かいました。

今日は放課後を利用して、セジウィック博物館(The Sedgwick Museum of Earth Science)へ行きました。大学の施設の一部で、入場料は無料です。地球科学がテーマだそうで、55億年の地球の歴史が解説してありました。総科のT君は、SSHの共同研究でしたばかりのことと同じテーマの内容が展示してあったそうで、博物館員の方に、「もう閉館ですよ」と言われるまで、その場所に釘付けでした。

Image_29


Image_30


Image_31
博物館と同じ敷地にある大学の建物を背景に

カンボジア フィールド スタディ (3)

カンボジア 3日目。
アンコールワットのあるシェムリアップから、バッタンバンへ移動です。
この周辺は反政府組織ポルポト派が最後まで抵抗した地域です。年々インフラ整備が進み、ようやく一般旅行者も訪れる町となりました。

まっすぐ伸びる国道6号線、内戦中は装甲車が通る道でした。
道路の両脇は地雷撤去された跡がずっと続き、砂埃のなか私たちのバスは進みます

Image_33


【HOME LAND】
元ストリートチルドレンや人身売買の被害にあった子供達を保護し、生活教育支援を行なっているNGOです。


始めに施設概要の説明を受け、施設内を見学させていただきました。


Image_34


Image_35


施設には牛や豚を飼っています。子供たちが、無事家族の元に戻れた時、一緒に渡すそうです。
子供たちが無事戻れるよう、その家族のジョブトレーニングや融資なども行なっています。
しかし、半分の子供たちの親はまだ見つけられていません。

施設見学の後は交流会です。
AKBの歌やクメール語の歌をみんなで歌いました。住高生も練習のかいあって、クメール歌も完璧です!
♪アラッピ〜ヤ〜ヤ〜♪
Image_36


Image_37

自己紹介
Image_38

カンボジア版ハンカチ落としで盛り上がります。丸めたスカーフでバシバシとたたかれるので、真剣に逃げ回ります^ ^
Image_39

名刺をくばった後は、思い思いに交流開始です。
サッカー、バスケ、はないちもんめ、ゆっくり散歩したり、写真を撮りあったり…
あっと言う間に言葉は関係なく打ち解けていました。


Image_40


Image_41


Image_42


Image_43


Image_44

(文責 藤本)

戻りつつある彩

昨日から春の雨が続いています。今日天王寺の駅を歩いて気が付きました。昨日までは、まだマフラーを身に付けている人がいましたが、今日はいませんでした。気候でも服装でも春を感じます。


まだ花はたくさん咲いてはいませんが、PTAの方に植えていただいた花は雨を喜んでいるように感じられます。
009

010
校内にも少しずつ彩が戻ってきました。
002

005

001


004_2
サッカー部です。雨には雨用の練習です。
015

012

カンボジア研修についてですが、頑張りすぎや気候の変化で体調を崩す生徒さんが出てきています。しかし、重症ではなく、すぐに回復し活動を続けています。とにかく、充実した研修を続けているそうです。現地とは頻繁に連絡を取っています。

2015年3月18日 (水)

オーストラリア研修⑷ COCT2日目

今日は朝からどんよりとして、半袖では肌寒いくらいでした。
Image_6

生徒がそろそろくるかな、という時間に、空がみるみる真っ黒に!次の瞬間、バケツどころか、プールでもひっくり返したんじゃないかというくらいの雨が!(◎_◎;) 傘もささずに、走りもせずに、何事も起こってないかのように歩いてくるCOCTの生徒が印象的でした。

かと思ったら、すぐに晴れてきて日中は30℃近くに…。

Image_7

さて毎週水曜日はdevotion の日。クリスチャンの学校なので、神について、聖書について考える集会が開かれます。さぞ、厳粛な雰囲気かと思いきや…。


Image_8


ライブ会場そのものです!さらによく見てみると、どこかで見たことのある制服を着た男子がステージに…

Image_9

ギター持って何やってるの?!Σ(゚д゚lll)ツッコまずにはいられない事態に。

COCTでは、聖書の言葉や讃美歌などをいわゆる今風の曲にして演奏し、みんなで歌い、一部生徒は跳びはねながら、その意味や意義を共有するようです。その後、教会から派遣された牧師さんによる説法のようなものもありました。…がこれもまた超今風。しかも超早口。きっと聞き取るのが大変だったと思います。

また、このdevotionに先だって、今回この研修を担当してくださっているFionaさんが、本校生に挨拶をする機会をセッティングしてくださいました。

Image_10


多くの生徒の前で、英語での挨拶。とても緊張したと思いますが、しっかりと話ができていたと思います。2人は、COCTの生徒たちからの大きな、暖かい拍手に包まれました。

こちらは今日の授業も無事に終了しています。体調等が悪いという報告も聞いていません。みんな元気にガンバっています。

明日は、public holiday。ホストファミリーと一緒に過ごします。

読書のすすめ・イメージは「松下村塾」(32)

久々の読書のすすめです。1月14日に(31)回目を書きました。その時は、11冊の本を購入しました。それぞれに難しい本で時間を取りました。

4月からあることをしようと考えています。新採3年目以内、転勤2年以内(こちらは希望者にしようと思っています)の先生方と勉強会をしようと思っています。勉強会と言っても、私が講義をするのではなく、先生方がコミュニケーションや行動作業を通じて、「気づき」を体験してもらう勉強会です。格好よく言えば、「松下村塾」がイメージです。
002
この本は、「親と子」の関係を書いた本ですが、今私が読んでも十分に考えさせられます。勉強会の1回目は私の話になると思いますが、次はこの本を教材にしたいと思っています。そのために、今私が読んでいます。
(本校はいそがしい学校です。時間をどうして確保できるかが問題です。しかし、やってみたい!という気持ちになっています。)

ケンブリッジ研修4日目(5)

いよいよ今日(火曜)から本格的に授業が始まります。
2人はバスを使って通学しています。乗り方を覚えたら、バスはとても便利です。Image


Image_2
MegaRiderという名前の1週間乗り放題の乗車券を買います。写真のような二階建てバスが様々な路線で10分おきくらいに運行されています。写真は7番のバスですが、住高生は通学には3番を利用しています。中心部を走るほとんどのバスに何回でも乗り降り自由に乗れますので、徒歩で通学している1人も実はこの乗車券を買って放課後の移動に使っています。


Image_3
朝集合して、Studio Cafe(学食はこう呼ばれています)で、今日からの午前のクラスを確認。
2人は同じクラスになりました。


Image_4
前日の午後の授業で、英語を操る力もそうですが、それよりももっと、ディスカッションで発言する内容の深さが必要だと痛感した3人です。宿題も出ましたが、予習もがんばってしてきていました。
午後の授業は3人ともクラスが違うので、お互いの授業内容についても報告しあっていました。
国文の2人はディベートの授業で覚えた表現がディスカッションの途中で何度も出てきて、議論の内容を理解するのに役立ったそうです。


Image_5
午前の授業も、1クラス10人ちょっとなので、発言の機会も多く、クラスメイトともすぐに友達になれます。昨日は住高生3人と付添教員とで昼食を食べましたが、今日は1人は早速クラスメイトと昼食を食べました。

(文責 藤井)

2015年3月17日 (火)

オーストラリア研修⑶ COCT初日

最初にお断りをしておきますが、COCT(交流校)から、生徒の顔がわかるような写真はインターネットに載せないでほしいという要望がありますので、写真で学校での様子をお伝えするのが難しいことをご理解ください。逆に言えば、住吉の生徒だけで写真を撮ることができないくらい、COCTの生徒たちと一緒にいます。がんばってますので、ご安心ください。

さて、今日からいよいよ授業開始です!8:00ごろから、ホストファミリーに送ってもらって続々と到着です。一部の生徒はスクールバスで。

Image_11

バディ生徒と緊張のご対面!滞在中は基本的にバディ生徒と一緒に授業を受けます。行ってらっしゃい!

Image_12


授業は基本的に40分7時間。バディ生徒と一緒に、いろいろな授業を受けています。

学校の様子を、少し写真で。

入り口には歓迎の看板が。

Image_14

立派な校門です。

Image_15

複数ある広大なグラウンドは全て芝。morning tea(2時間目の後のおやつタイム)や昼休みには、文字通りのびのびと走り回っていました。

Image_16

いろいろな場面で、日本との違いを感じながら過ごしていることと思います。

ケンブリッジ研修3日目(4)

今日からいよいよ学校が始まりました。
Image_4
まず初めに、生徒登録をしてから、クラス分けのための筆記テストと面接を受けます。

Image_6


Image_7
テストの結果が出るまでの間、学校のスタッフに案内されて、今日から生徒になる人たちと一緒に市内散策に出ました。
今日も曇りがちで、写真が暗いですが、背後に見える教会はローマ•カトリック教会。19世紀に建造されたものですが、イギリスで最も大きなカトリック教会のうちの一つだそうで、大きな尖塔を持っているので、道に迷った時はこの尖塔を目印にできます。

Image_8
学校に帰ったら、電子掲示板に午後からのクラス分けが発表されていました。3人とも別々のクラスになりました。


Image_9
午後からの授業に備えて、学食で昼食。複数ならんでいる料理の中から好きなものを選んで注文する形式です。選ぶメニューにもよりますが、1人分は3.5ポンド、日本円では600円ちょっとくらいになります。ボリュームがあり、お腹いっぱいになりました。昼からの授業は日本時間だと夜の10時15分からスタートで、まだ時差で変な時間に目が覚めたりしている3人は、「眠くなったら」と心配していました。

写真はないのですが、授業が終わって帰って来た3人とも、眠くなる暇はなかったそうです。

(文責 藤井)


準備よろしく

朝は少し寒いかな?それに、霧が立ち込めて、季節が移っているのが感じられます。外に出ると、温かい!と感じます。

今日は、在校生への教科書販売です。キャスター付きの小さめのスーツケースを持って登校する生徒さんが圧倒的に多いです。
091
すごい量になります。びっくり!
092
生徒の皆さん!新学年開始まで時間はたっぷりありますよ。快調なスタートが切れるよう、準備よろしく。
093

カンボジア フィールドスタディ (3)

カンボジア 2日目。ICBL(地雷廃絶国際キャンペーン)支部としても位置付けられているJS(イエズス会サービス) 訪問。

Image
ICBLの活動が認められノーベル平和賞を受賞したトゥン チャンナレット氏

Image_2
地雷被害者でもあるトゥン チャンナレット氏の話に真剣に耳を傾けます。
質疑応答も活発に行われました。
トゥンチャンナレット氏からの私達への質問「地雷はどこにありますか?」

Image_3

人々の「心の中にある地雷」を無くすためには…?
平和とは、私達に期待されることとは、希望を持つ大切さなどについて考えました。

(校長)皆さん元気にやっているようです。くれぐれも体調管理をお願いします。昨日、職員室にいると、「2-7組のクラス費の残金、7,000円をカンボジアに寄付することにしました!」という話が聞こえてきました。少しでも、カンボジアの役に立ちたいという、住高生の気持ちがうれしかったです。

2015年3月16日 (月)

オーストラリア研修⑵ 2日目

ケアンズ空港にて国内線に乗り換えです。

Image_13

オーストラリアの朝日が迎えてくれました。

その後、ブリスベンへの飛行機を4時間近く待って、10:00過ぎにケアンズを出発しました。定刻にブリスベンに着き、バスでまずは昼ごはんへ向かいます。

Image_14

30分1本勝負のマクドナルド!みんな英語でなんとかオーダー。
Image_15

Image_16

食事の後は、いざToowoomba へ。バスで2時間ほどの行程です。

到着前は緊張感があった車内ですが、到着して、COCTの先生やホストファミリーに暖かく迎えていただいて、みんな笑顔に。写真を載せられないのは残念ですが、とても良い出会いがたくさんありました。
記念撮影のあと、それぞれホストファミリーのもとへ、ついに英語漬けの生活の始まりです。

Image_17

みんながんばれ。

ケンブリッジ研修2日目(3)

本日は日曜日ですので、学校はお休みです。これから2週間過ごすことになるケンブリッジの街を探索しました。
地理感をつかもうと、とにかく歩き回りましたが、数日前から気温が下がったとかで、とても寒いです。
Image_8
クイーンズ カレッジの前で。入場料が必要なので、また改めてくることにしました。
1446年に建てられ、その後、歴代のクイーン達によって援助されてきたそうです。


Image_9
ケム川をはさんで両岸にあるクイーンズ カレッジをつなぐ数学橋を背景に。
ニュートンが設計したとも言われているそうですが、実際は関係ないそうです。


Image_10
たくさん歩き回ってお腹も空いたので、イギリスといえば!というものを食べました。フィッシュ&チップスです。一人前はとてもボリュームがあるので、2人で1人前を注文しました。とても寒い1日でしたが、できたてのフィッシュ&チップスは熱々でとても美味しかったです。

(文責 藤井)


充実した時間を過ごしましょう!

第2回合格者登校日です。今回は、いろいろな書類提出や物品購入をしてもらいます。

001
初々しい緊張感の中にも、住高生になれたという安心感が感じ取れました。
004

006
標準服の採寸。
008

011
個人写真撮影。
012
入学式はまだですけど、皆さんはもう私たちの仲間です。3年間充実した時間を過ごしましょう!

オーストラリア研修⑴ ブリスベンに着きました!

大きなトラブルもなく、ブリスベンに到着しています。

これよりバスで、Toowoombaに向かい、ホストファミリーとご対面です。

カンボジア フィールドスタディ(2)

Image
ハノイ空港でトランジット。乗り換えの飛行機が遅れ長い待ち時間になりました。


Image_2
待ち疲れするグループを盛り上げてくれる男性陣。

Image_3
日本時間ではもう夕食時間。お腹も空きます。

Image_4
ようやくカンボジアに向けてハノイ出発です。関空〜ハノイ間はかなり揺れたので、少し不安です…

Image_5

Image_6
ついにカンボジア シェムリアップに到着!!!
もう辺りは真っ暗です。移動だけで長い1日になり、疲れていましたが、美味しい食事がでると、みんなもりもり食べることができました。

Image_7
初日ミーティング。明日からいよいよ本格的に活動が開始します。
私たちは、カンボジアという国を自分自身の目で見、肌で触れ、いったい心で何を感じるのでしょうか。
楽しみです。

(文責 藤本)

2015年3月15日 (日)

オーストラリア研修出発



離陸直前のブログが先に出ましたが、集合時の様子をお知らせします。午前のカンボジア研修に続き、夕刻はオーストラリア研修に25人の生徒が出発しました。


今回も保護者、ご家族の皆様方がたくさんお見送りに来て下さいました。ありがとうございます。


担当教員と業者さんから諸注意です。


生徒さんの聴く姿勢が素晴らしい。集中しています。


荷物を預けます。朝のカンボジア研修とは打って変わって、団体は住吉高校だけ。とてもスムーズに手続きが進みました。


集合写真です。少し小さいですが、皆さんいい表情です。


笑顔で出発。


26日も同じ笑顔で戻って来て下さい。実りある研修となりますように。(文責 教頭)

オーストラリア研修もまもなく出発!

時間を守って全員集合し、荷物を預け、セキュリティーを通って、今、搭乗待ちです。
出発時刻が少し早くなっています。

Image_13

南半球へ行ってきます!


「ユネスコスクール世界大会」報告会

春休みを利用してたくさんの海外研修が行われています。グランドからは元気な声が聞こえ、校内では音楽が聞こえてきます。

北畠会館では、「ユネスコスクール世界大会」報告会が行われます。
ASPネットワーク校の生徒のみなさんが運営します。
001


002


004

住高はたくさんの取り組み・行事があり、私もここ数日何回挨拶をしたことか・・・
008

席についていない方もたくさんいます。壁の周りで見守っています。
012

住高から代表して一人が発表・報告をしてくれました。本当はもっとたくさんの生徒さんが頑張ってくれたのですが、研修やクラブでいそがしく、今日は一人で頑張ってくれました。
014

この活動を通して、しっかり成長してくれたことがわかります。我々教師も謙虚に耳を傾けなければ!
018

カンボジア フィールドスタディー⑴出発


3月15日、アジアフィールドスタディーの出発です。隔年で行われるこの研修、今年の行き先はカンボジアです。


8時半の集合予定でしたが、8時20分には全員集合。担当教員より諸注意です。集中して聞きます。



研修への期待も膨らみます。


荷物を預けます。


男子四人。結束も固く。


出国前の採集説明が業者からあります。


それぞれチェックも念入りに。



皆さん、笑顔で出発です。気温差、食べ物など気をつけて、実りある研修にして下さい。保護者、ご家族の皆様、お見送りありがとうございました。(文責 教頭)

ケンブリッジ研修(2)

ホストファミリーの方の了承が取れたので、それぞれのホストファミリーのお宅に3人が到着した時の写真を載せます。
Image_6
同じ年頃のホストシスターが出迎えてくれました。


Image_7
折り紙で作った素敵なブーケをお土産に持って行き、とても喜ばれました。ヒースロー空港でも職員の方に「自分で作ったの?」と声をかけられるほど凝ったものでした。


Image_8
ケンブリッジの駅まで歩いて8分、学校までも歩いて10分ちょっとの距離だそうで、すごく便利な場所にあるお宅でした。

(文責 藤井)

ニューヨークの2人も無事到着しました。

お世話になっている現地の大杖先生から無事2人と会えたという連絡を写真付きで送っていただきましたので、報告します。現地時間17時半頃に大杖先生と会えたようです。(文責 藤井)
Image_5

ケンブリッジ無事到着


Image
この飛行機に乗ってまず羽田に飛びました。約1時間のフライトでした。


Image_2
次はいよいよ、ロンドン、ヒースロー国際空港に向けて出発です。


Image_3
羽田から約12時間飛んで、定刻の午後3時すぎ(現地時間)に無事、ヒースロー空港到着。しかし日本時間では−9時間で真夜中です。さすがに少し眠いでしょうか、、、
これから、語学学校手配の専用車で、それぞれのホームステイ先まで送ってもらいます。

(文責 藤井)


2015年3月14日 (土)

2羽も!

朝からの雨も上がり、日脚がさすと春!といった感じになります。最近は、学校に入り、、次から次と仕事をこなすと、「あれ?もう五時!」といった毎日が続きます。
体を休めることも仕事?
我が家の梅は、学校のとは種類が違うようで、今が盛り。メジロがまたやってきました。
001

そのうちに2羽も!
010_2


013

家の中から写した、梅と松
014_2

ニューヨーク研修 出発

ニューヨーク研修組もいよいよ出発です。

12:45に伊丹空港に集合しました。

山中先生から、ニューヨークへ旅立つ二人に一言!

Image


Image_2


たくさん学んで、無事に帰ってきてください。

いってらっしゃい^_^

(文責 久米)

ケンブリッジ研修!出発

同窓会特別奨学金・ケンブリッジ研修が始まります。伊丹空港に7:10集合。

002
今回選ばれた3人です。皆さん住高を代表するような優秀な生徒さんです。

005

チェックインです。
008

実行委員長の松本副会長様からご挨拶があり、生徒のみなさんを励ましてもらいました。
010

板垣会長様、南場副会長様も朝早くから来ていただきました。
011

研修にかかる費用はすべて同窓会に負担していただいております。その上、餞別までいただきました。どこまでもご配慮していただいております
012

29日(日)に帰国します。一回りも二回りも成長して、笑顔で帰国してください。
014
同窓会の皆様には、言葉では表現しきれないほど感謝しております。

2015年3月13日 (金)

楽しい温かい夜を過ごせました

夜、PTAお別れ会が開かれました。6:30から気が付けば3時間があっという間に過ぎました。今年一年本当にありがとうございました。

020

卒業生の保護者の皆様から一言ご挨拶がありました。
036

「子供が毎日元気に楽しそうに過ごしているのを見るのが楽しかったです」、「子供に3年間はどうだったの?  住高に入って正解だった。 この言葉を聞くだけでも良かったと思います。」、「私たち夫婦も住高卒で、私たちの親も住高卒です、本当に住高には感謝しています。」
049

保護者の方全員住高の三年間を楽しみ、住高でよかった!この言葉を聞くだけで住高で勤務させていただいて、本当に良かったと感激しました。
061

ALL 住吉  住高 LOVE!最後は副会長の音頭で、一本締めでお開きになりました。楽しい温かい夜を過ごせました。
062

生徒挨拶

Image_14

オーストラリア研修結団式 生徒挨拶
明後日に出発を控え、結団式が行われ、生徒代表の2人が挨拶をしました。(文責:藤井)

二つの結団式

午後、二つの研修の結団式が行われました。

カンボディア研修です。住高は語学研修だけでなく、ユネスコのESD教育の観点からも研修を進めております。成果多い研修になることを期待しています。
004

006
付添い教員からの話、募集から10か月かけて事前研修を行ってきました。
008
こちらは、オーストラリア研修の結団式です。おいそがしい中、波々伯部PTA会長様にも参加していただきました。
010

016

明日は同窓会特別奨学金による、ケンブリッジ研修に出発します。またニューヨーク研修も明日出発です。研修に参加する人も、そうでない人も、大切な時間を有意義に過ごしましょう!

希望を持って積極的に挑戦!

久しぶりに生徒さんたちの元気な声が返ってきました。終業式を行いました。
今年、私の印象に残っていることを話しました。そして、「積極性・挑戦・希望」を持つことがとても大切であることを伝えました。
Dsc_1304_2
大変たくさんの生徒さんに表彰状を渡しました。本当に皆さんよく頑張ってくれました。下の写真の生徒さんは2回表彰されました。彼の書道作品は来年全国大会に出展されます。
Dsc_1310_2

Dsc_1313_2

Dsc_1316

Dsc_1326

Dsc_1334_2

Dsc_1341
来年も希望を持って積極的に挑戦してください!

2015年3月12日 (木)

音楽は若者文化

3月3日は本校で卒業式を挙行しました。3月7日(土)農芸高校(私が初めて校長として勤務した学校)での卒業式に参列しました。どちらの卒業式も素晴らしいものでした。
今日、阪南中学校の卒業式に参列しました。動きが大変きびきびしていて、すがすがしく感じました。「蛍の光」等3曲卒業生が合唱してくれました。びっくりしました!!とても上手!阪南中学区では、合唱コンテストにも力を入れているようです。卒業生の皆さんは今日の日に備えて、かなり練習したのでしょう。本当に素晴らしい歌声を聞かせていただきました。
高校とは雰囲気が違いますが、とても素晴らしい卒業式でした。

001
ドラムやギターの音が聞こえてきました。真剣に練習していました。音楽は若者の文化!納得のいく演奏ができるよう、楽しみ、厳しく・・・・

2015年3月11日 (水)

あの日から4年

あの日から4年が過ぎました。3月11日、東日本大震災。国旗を半旗にし、進行中の職員会議を中断し、14:46に亡くなられた方とご遺族に哀悼の意を表し、黙祷を行いました。

003
写真撮影中に、一瞬雪が舞い散りました。まだまだ多くの方が、苦しい生活を続けられていると思うと、本当に一日も早い完全復興を願わずには居れませんでした。

2015年3月10日 (火)

第3回学校協議会開催

今年度最後の学校協議会が行われました。五人の委員の皆様に出席していただきました。今年の取り組みにおいて、担当者からの報告がありました。


委員の方々から様々なご意見をいただきました。

次年度からの指導に役立てたいと思います。ありがとうございました。(文責 教頭)

次年度の用意を!

昼過ぎ、小さい白いものが舞い散るとても寒い日になりました。昨日今日とクラブ関係の生徒さんだけが登校で、静かな一日になっています。先生方は学年会議等、私は朝から講師時間数配分や講師確保で午前中が過ぎ、昼からは、個別に先生方と面談です。一人一時間近くかかる先生もいます。今年度を振り返り、更に充実した次年度を迎えてもらいたいと思います。

桜はつぼみの原型ができたかな?寒い中、春を待ちわびているようです。
007
サッカー部が練習を終え、ミーティングを行っていました。
002
野球部は練習開始。
013

015
生徒の皆さん、束の間ですが、自由な時間を過ごせる期間だと思います。新学期に新しいスタートができるように、準備をお願いします。

2015年3月 9日 (月)

今年も20台揃えました

今日は学校は静かです。教科会議等が行われました。
写真はi-Padミニです。昨年20台用意しました。今年も20台揃えました。これで英語の特にディベートの授業などで十分活用できます。
020
IT機器をこれからもどしどし活用したいものです。

2015年3月 7日 (土)

英語合宿 3日目 (4)

最後に、NETの先生たちとクラスの写真をとりました!
4組
Image_29

5組
Image_30

6組
Image_31

7組
Image_32

生徒のみなさんは、2泊3日の英語合宿はどうでしたか? みなさんの頑張りを見てきましたが、自信を持って言えます! 参加する前に比べて、みなさんはとっても成長しましたよっ!確実に英語耳に近づいています! 生徒さんの中にも、自分の成長を実感している人もいると思います。中には、くやしい!もっと英語が上手くなりたいと思った生徒さんもたくさんいると思います。その気持ちを忘れないでっ!住高は、そんな皆さんを、全力でサポートします!これから、一緒に頑張りましょう^_^

とりあえず、今日はゆっくり休んでください。お疲れ様!

(文責 久米)


英語合宿 3日目 (3)

英語合宿から帰りたくな〜い!という声があちこちから聞こえてきます。
寂しいですが、もう閉会式です。
Image_14

代表生徒さんの言葉
Image_15

NETの先生たちから一言
「住高生たちのおかげで本当に楽しい時を過ごせた!ありがとう!」と言っていただきました!

Image_16

Image_17

各賞の発表です!
Scavenger Huntの優勝チーム
Image_18

Newspaper の各賞を受賞したチーム

Image_19

Image_20

Image_21

Image_22

Image_23

留学生チームです。留学生たちは、NETの先生たちのアシスタントとして、本当に頑張ってくれました。
ありがとう

Image_27

いよいよディベートの優勝チームの発表です!
優勝チーム

Image_25

2位

Image_26

僅差で、本当に勝敗をつけるのが難しかったそうです!両チームとも本当によく頑張りました!両チームの健闘を讃えたいと思います^_^

ベストディベーター
Image_28

大きな拍手で閉会式は終了しました。

(文責 久米)

英語合宿 3日目 (2)

決勝戦の後は、全員で英語落語を鑑賞しました!
テレビやラジオでも活躍中のダイアン吉日さんに来ていただきました。伝統芸能の落語を英語ですると、どのようなものになるのか!? 生徒のみなさんは興味津々でした。あちこちから大きな笑い声が!
落語の面白さに改めて気づかされました。ダイアン吉日さんありがとうございました。
(写真は撮影できないルールとなっていますので、アップできないことご了解ください)

英語合宿最後のアクティビティは、NETの先生たちとお別れBBQです。
あちこちから笑い声と英語がたくさん聞こえてきます。英語合宿も最終日、みなさんスラスラと英語がでてきて、NETの先生たちとの会話が弾みます!
Image_6

Image_7

Image_8

Image_9

Image_10

Image_11

Image_12

みなさん楽しかったですか?^_^

Image_13

(文責 久米)

英語合宿 3日目 (1)

英語合宿もいよいよ最終日です。
昨日のディベートトーナメントで全勝の2チームが、決勝戦をおこないました!
ここまで戦いぬいた両チーム、ほんとうによく頑張りましたっ!
両チームは昨日も夜遅くまで、そして今日も早朝から一生懸命準備してきました。みなさんの真剣に、一生懸命ディベートに取り組む姿に感動しました。

いよいよ決勝戦スタート!
お題は、"It is better to be married than single." う〜ん、難しい!
Image

Image_2

Image_3

白熱したゲームが続きます。

Image_4

Image_5

果たしてどちらのチームが優勝か!? 勝敗は閉会式にて ^_^

(文責 久米)

2015年3月 6日 (金)

英語合宿2日目(4)

キャンドルライトセレモニー。みんなで盛り上がったり、肩を組みながらしっとり歌を歌ったり。一生忘れない思い出になることでしょう。

Image_26

ろうそくの火に合宿への感謝を英語で表現します。さすが英語合宿。全てが学びですね。
Image_27


Image_28

NETの先生がバンド演奏をしてくれました。音が届けられないのが残念!本当に素晴らしい演奏と歌声でした。人前であれだけのパフォーマンスができるということが本当にうらやましい!

Image_25


Image_29

見にくいですが、踊ってます!何事にも本気で取り組むのが住高生のいいところですね。
Image_30


Image_31


Image_32

英語合宿は楽しいことがたくさんです!でも合宿ももう明日で終わりです。最後まで気を抜かずにやり遂げることを期待しています。
(文責 河合)

英語合宿 2日目 (3)

生徒のみなさん、ディベートお疲れ様でした! どのチームもよく頑張りましたっ!

素晴らしいっ!^_^

頑張った後には、お楽しみタイム。もちろん英語でっ!

"Scavenger Hunt"
チームのメンバーと一緒に、NETの先生たちがだすお題をクリアして、多くのポイントをGETしたチームが勝ちというゲームです。

Image_17

Image_18

Image_19

Image_20

あちこちから笑い声が聞こえてきます!

Image_21

Image_22

Image_23

Image_24

生徒のみなさん、何ポイント獲得できましたか?^_^

(文責 久米)

英語合宿2日目(2)

午後からはディベートの準決勝が行われました。4強の戦いは非常に見応えのあるものでした。また準決勝に限らず、ディベートでは普段見ることのない皆の姿が見られて新鮮だし、チームのメンバーのために必死になってる姿は見ていてとても気持ちがいいです。明日は決勝戦です。ここに至るまで、「まだまだディベートやりたい!」という声が本当にたくさん聞こえてきました。明日はその人たちの思いも背負って、そして楽しんで、正々堂々と戦う姿を見たい!

準決勝の様子です。

Image_8

Image_16

Image_9


Image_10

Image_15

チームワークで勝ち上がれ!
Image_11


Image_12

ジャッジの先生による色んな視点からのアドバイスもあります。

Image_13


Image_14
皆さんの聴く姿勢も真剣です。わずか2日間ですが、生徒さんの成長が見て取れます。嬉しい驚きです。(文責 河合)





英語合宿 2日目 (1)

いよいよ始まりました! 英語合宿のメインアクティビティ、英語ディベートトーナメントです。
各チーム、1日で3-5試合戦い抜きます‼︎ 準備時間を含めると、1試合約60分!
お題はその都度、発表されます!
・Sumiyoshi High School students should wear school uniforms.
・High school students should have a part-time job.
・Mobile phones should be banned in Sumiyoshi High School.
などなど・・・

英語力だけでなく、すばやく論理的に考える力も必要!生徒のみなさんは、一生懸命頑張っています!
Image

Image_2

Image_3

Image_4

Image_5

Image_6

Image_7

午後からもがんばって!^_^

考えることができる人に!

「桂 太郎」を読み終えました。今年に入って、日本史関係の本を9冊読みました。この本は、難しかったです。かなりの周辺知識がないと読めません。時間とエネルギーが必要でした。

彼を代表する言葉、「ニコポン」、「緊縮財政」、「外に帝国主義、内に立憲主義」・・・

002
「ニコポン」は対人関係を表しています。誰に対しても、「ニコニコして、相手の肩をポンとたたいて、相手を納得させてしまう」そんな人だったようです。

明治維新から人々は国家の体制・枠組みを作ることにまい進してきました。その国家を維持するには、「財政」が最大重要事になります。彼はいつもその点を忘れなかったようです。

「外に帝国主義、内に立憲主義」、今の私の感覚からいうと、「何を勘違いしているの?日本をどうする気?」と言う思いになりました。

しかし、歴史は今の時点、今の場所からだけで見ると、理解できません。いや、そうすると害になる可能性があります。結果として、日本は先の大戦に突入していきます。当時は、世界が帝国主義の渦に巻き込まれ、今の私たちの平和感覚・時代感覚とは大きく離れています。日本に住む多数の人がその中で自分たちの進路を決めていったのです。

この本を読んで改めて思います。過去をよく理解し、これからの日本をどうしていくのがいいのか、と言うことを、この国に住むすべての人が考えなければならないし、考えることのできる人になる必要がある!

次は、日本史から離れて、読みやすそうな本にトライします。

何を感じ取ってくれるでしょうか?

今日は学校には2年生だけしかいません。2年生は学年最終行事を行います。台湾へのスタディーツアーへの振り返りで、映画鑑賞を行います。
1931年、嘉義農林高校野球部が甲子園大会の決勝戦まで駒を進めました。日本人、台湾人(漢人)、台湾原住民からなるチームの実話です。
生徒さんは、現在の台湾を見てきました。この映画を見て、何を感じ取ってくれるでしょうか?

003

004

010

2015年3月 5日 (木)

英語合宿 1日目 (5)

英語合宿1日目最後のアクティビティは、“Lost”

今日1日、生徒のみなさん、とてもがんばったので、ちょっと一息!!! もちろん英語でっ!!!

"Lost" は、roleplaying アクティビティです!

もし無人島に行くことになってしまったら・・・・・

Image_22

Image_23

Image_24

Image_26

Image_29

生徒のみなさん、今日1日よく頑張りました! 楽しかったですか?

今日はぐっすり眠って、明日も頑張りましょう。 おやすみなさい^_^

英語合宿 1日目 (4)

英語合宿のメインアクティビティは、英語ディベート!
国際文化科の生徒さんは、1年生のCALLの授業で、英語合宿に向けて、一生懸命勉強してきましたっ!
明日は、1日かけて英語ディベートトーナメントを行います。みなさん、勉強の成果を発揮してくださいねっ!

明日に向けて、NETの先生たちによるモデルディベートを見ました。
Image_17

Image_18

生徒のみなさんは、真剣にメモをとっています!

Image_19

Image_20

明日のディベートがんばってっ!

(文責 久米)

英語合宿 1日目 (3)

次のアクティビティは、Making a newspaperです!

みんなで英字新聞を作ります。Be creative!!!

Image_11

Image_12

Image_13

Image_14

Image_15

各チーム、個性的な新聞が出来上がりましたっ^_^

Image_16

(文責 久米)

英語合宿 1日目 (2)

英語合宿では、4人or8人グループで活動します。
違うクラスの生徒さんと活動するので、最初は少し緊張気味。

そんな緊張をほぐすのが、最初のアクティビティ Show & Tellです!
自己紹介もかねて、自分にとって大切な物と写真を紹介します!

Image_6

Image_7

Image_8

Image_9

Image_10

すぐに、仲良くなれるのが住高生ですねっ!あちこちから、笑い声と英語がきこえてきます^_^

(文責 久米)

英語合宿 1日目 (1)

今日から、1年生国際文化科の生徒さんは、2泊3日の英語合宿に来ています!

まずは、開会式から!

教頭先生から一言
Image

代表生徒さんのあいさつです!
Image_2

20人以上のNETの先生たちが、集まってくれています!

Image_3

Image_4

Image_5

これから始まる英語合宿に、生徒のみなさんはワクワクです!

今日から、3日間英語漬け!

みなさん、帰る頃には英語耳になっていますよっ!

(文責 久米)

楽しむことが伝統

一年は、国際文化科が5・6・7と羽衣青少年センターで、英語合宿が始まります。この一年間の学習成果の総まとめの合宿です。20名以上のNETの先生方も参加してくれ、三日間、イングリッシュワールドでの体験です。総合科学科は校外研修で京都大学を訪問します。下の写真は事前学習です。
001
2年生は、学年行事として、球技大会を行います。
033
校長室にも、元気な声が響いてきます。
017

020

027

028
皆さんとても楽しそうです。カメラに向かいポーズをとることも忘れません。
009
「楽しむことが」伝統の学校です。
019
「おっと!」カメラに向かってボールが飛んできました!
031

2015年3月 4日 (水)

第1学年 学年行事 カルタ大会!

今日は、1年生は学年行事でした。

自治会の生徒のみなさんの運営で、カルタ大会を開催しました。

なんと!!! カルタは自治会の生徒のみなさんが作成した、オリジナル住高カルタ!!!

みなさん盛り上がっています!

Img_1029

Img_1032

Img_1033

西川先生もがんばっています!

Img_1035

Img_1036

Img_1040

自治会の生徒さん、企画、準備、運営お疲れ様でした。みなさんの頑張りで、素晴らしい学年行事になりました!

(文責 久米)

壇上を飾ってくれた花

昨日は本当に素晴らしい卒業式を執り行うことができました。卒業生並びに保護者の皆様、ありがとうございました。壇上を飾ってくれた花など、玄関や校長室、事務室で使わせていただいております。
131

133

137

138

139

140

142

144

149

私は主観と独断ですが、「春」の始まりを感じるときがあります。アイスコーヒーにシロップを入れると、シロップが底に落ちるとき、透明の渦になってまじりあう様子が見れます。ちょうど、冷たい風に温かい風が混じり合うように感じる時があります。毎年待ち構えています。ちょうど今日、私的にはその風を感じました。午前の冷たい空気が、午後の日差しに暖められた風です。まだ寒い日が戻ってくるかもしれませんが、春一番も近いのでは?

2015年3月 3日 (火)

卒業生にとって最後のブログ

卒業生にとって最後のブログ登場になります。皆さんはもっともっと写真を撮ったことだと思います。どの写真も笑顔が素敵です!

Dsc_1106

Dsc_1108

Dsc_1114

Dsc_1117

Dsc_1126

Dsc_1135

Dscf0076

Dscf0081

Dscf0082

第67回卒業証書授与式

第67回卒業証書授与式が行われました。心配な雨も降らず、三月の凛とした空気の中で、厳かに式を執り行いました。

梅の花が、微かな香りで春の訪れと、別れの時を告げていました。
Img_3027
卒業生入場です。
Img_3045

Img_3058
胸を張り、粛々と卒業生が入ってきます。
Img_3062

Img_3100
国歌斉唱に続き、生徒歌を全員思いを込めて、力強く歌いました。
Img_3107
総合科学科120名、国際文化科157名に晴れの卒業証書を授与しました。
Img_3120

Img_3138

Img_3161
校長式辞です。今年は、「報恩感謝」について語りました。HPのトップページから、全文をご覧いただけます。
Img_3164
整然と格調高く!
Img_3168
教育委員会賞の授与です。
Img_3175
来賓の方々から花束の贈呈です。
Img_3200
卒業生代表による「答辞」です。3年間が走馬灯のように語られます。今年も、私の目には涙が・・・・
Img_3231
あちこちで涙ぐむ生徒さんが・・・ 忘れられない高校生活を送ってきたのでしょう。
Img_3248
担任も感動で涙ぐみ・・・
Img_3271

Img_3287

卒業生のみなさん、皆さんとこの住吉高校で、私も忘れられない時を過ごせました。皆さんにとっては、本当に言葉に尽くせない三年間だったことでしょう。「自由・自主・自律」と「報恩感謝」 素晴らしい卒業式でした!皆さんのご健康と飛躍を心から祈っています。

2015年3月 2日 (月)

華やかになりますように!

三寒四温の「寒」に当たるのでしょうか?寒い一日です。三月に入りました。今日午後は、合格者発表があります。明日は卒業式です。午前中予行が行われました。思い出に残る卒業式にしたいものです。
003
教育長表彰が行われました。在校生については、終業式で行います。
007
PTA保健委員の皆様が、花を植えてくださいました。明日の式が華やかになりますように!
002

008

010
三月の予定です。赤い字は学校を離れての仕事を意味します。縦のラインは海外研修を意味します。その間、人事・評価・・・頭の中では、3月は終わっています。
013

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »