« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月28日 (木)

住吉の杜 初夏

P1020689_6P1020692_11

 

P1020696_6 P1020693_6

住吉高校では四季を通じていろいろな顔を見せてくれる植物や生き物を多く見かけることが出来ます。今回はアジサイとクチナシ、それに梨 です。春先になしの花が咲き、実を付けるのを楽しみにしていましたが、今年は大きくなりました。ちょうど校長室の南側にある木です。春はさくらんぼ、先日まではヤマモモ、びわ、 秋は柿と実のなる木は豊富にあります。これから順次校内の様子を伝えていきたいと思います。 (文責、写真 理科 中村)

 

2018年6月25日 (月)

1年生総合学習 日本国際飢餓対策機構 講演

6月25日(月)5限、日本国際飢餓対策機構 清家弘久さんをお招きし、1年生(国際文化科)に向けて「ハンガーゼロをめざして」講演をしていただきました。

清家さんいわく、すでに旧約聖書には、「飢えのために祈ろう」という内容の文章があります。
では聖書から3000年経った今、飢えに苦しむ人はいなくなったといえるのでしょうか。
Img_2068_1
上の画像は、南スーダンで撮られた有名な写真、「ハゲワシと少女」です。

このように、今現在でも飢えに苦しむ子どもや、児童労働はなくなっていません。
2013年に国連は、世界の食料の3分の1が廃棄されているという衝撃的な数字を発表しました。
食料がなく、亡くなっていく子どもがいる一方、先進国はどんどん食料を廃棄していっているのです。

わたしたちも、こうした事実を知り、どうすれば貧困を減らせることができるのか、
これからもしっかり考え続けることが大切だと学びました。(文責・柳川)

2018年6月24日 (日)

第17回WaiWai!トーク

6月24日日曜日、本校の視聴覚室で、第17回WaiWai!トークが行われました。外国にルーツをもつ高校生が、体験したことや、日頃思っていること、将来の夢などを母語や継承語で語ります。
本校からも2名出場し、毎日練習した成果を発表しました。大勢の前でスピーチを行うのは、大変なことだったと思いますが、また、一段と成長した姿が素敵でした。頑張りましたね。







スピーチの指導をしていただいた袁先生と記念撮影です。 みなさん、応援ありがとうございました。
(文責 白川)

2018年6月21日 (木)

芸術鑑賞会

621日(木)1年生と2年生が国立文楽劇場で「二人三番叟」と「絵本太功記」を鑑賞しました。大阪で生まれた日本が誇る文楽に触れた経験を、住高生に、いつか世界の場で伝統文化を紹介する機会に生かしてほしいと思います。

 


(生徒の感想)

文楽という伝統芸能は初めて観ましたが、太夫、三味線、人形遣いというたった三つの役割で繰り広げられていくストーリーに、大変引き込まれました。また、太夫の声量ある語りは特に迫力満点で、放送部でのお手本にしたいと思いました。(2年)

三人で人形を動かしていたのに、タイミングがぴったりでした。目や指先、眉や首まで繊細に動いていて生きているようでした。とても面白かったです。(2年)

Dsc03395_2Dsc03411 

(写真撮影:中村 文責:大邊)

2018年6月11日 (月)

遠足

6月8日(金)遠足がありました。1年生は信貴山のどか村へ,2年生は京都へ,3年生はそれぞれのクラスが決めた行き先へ行きました。
 
2年生は,グループに分かれて京都の世界遺産を中心に散策しました。おそろいの浴衣をレンタルするグループや,嵐山のトロッコに乗るグループ,普段の地理の授業で得た知識を活かして,京都を地理的に分析するグループもありました。
 
生徒にとって忘れられない1日になったと思います。(文責 土肥)
0611_2
 

1年生総合学習 マザーハウス 講演

6月11日(月)5限、マザーハウスなんばパークス店店長 森涼湖さんをお招きし、1年生(国際文化科)に向けて「Meet the New World~途上国から世界に通用するブランドをつくる」講演をしていただきました。
マザーハウスとは、途上国の可能性を、「もの作り」を通じて世界中に届けることをコンセプトにしたブランドです。バングラデシュのジュートやレザーを使用したバッグなどの商品が、日本全国のマザーハウス店舗で売られています。
それらの商品は比較的高価で、非常に素敵なデザインでした。(以下はマザーハウスで売られているバッグの一つです)
Photo

森さんは、「ボランティア精神で、途上国の人がかわいそうだから買ってあげるのではなく、彼らの技術を世界に伝えたい、本当によいものをお客様に届けたい。」とおっしゃっていました。
みなさんもぜひ一度、マザーハウスの商品をご覧になってみてはいかがでしょうか。
Img_1920_2
(画像は、ネパールのマザーハウスで働く女性と、生徒がアプリで通話している場面です)
(文責・柳川)

2018年6月 6日 (水)

テラ・ルネッサンス講演

6月4日(月)5限 NPO(テラ・ルネッサンス)から栗田先生を招き一年生(国際文化科)に向けて講演をしていただきました。「平和以外に何でもある国」と言われているコンゴ民主共和国で起こる問題の一つである「子ども兵」についてのお話でした。子ども兵の中には、武装勢力に誘拐されたり、脅されたりして強制的に銃を持たされている子どももいます。テラ・ルネッサンスでは、前線から逃げてきた子ども兵たちが自立するための支援を行っています。私たちもこうした現状から目を背けず、自分なりに考え、行動することが大切だと教わりました。とても貴重なお話をありがとうございました。(文責 三宅)

Burogu_2


Rog_3



« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »